あのドッグフードを評価!

ヤラードッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ヤラードッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したヤラードッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ヤラードッグフードとは?評価は?

ヤラーはオランダ生まれのドッグフードで、世界で初めて「オーガニック認定」を受けたドッグフードとして売り出されています。オランダ・スウェーデン・ノルウェーの3か国でオーガニック認定を受けており、原材料の選定に関してはこだわりが感じられます。

総合評価
価格・内容量 グレインフリードッグフード 7,452円・2キログラム
コスパ △(1キログラムあたり3,726円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ○(グレインフリータイプあり)

安全性や原材料の質の高さでいえばほぼパーフェクトです。動物性タンパク質にもオーガニック飼料を与えていること、加工前・加工後の両方でオーガニック認証を受けていますので、原材料はヒューマングレードと判断しています。ただ、すべての原材料がオーガニックなだけあって、全体の価格は高め。また穀物使用のラインナップもあるので、選ぶときは要注意です。必ず「グレインフリー」タイプだけを選びましょう。

では、ヤラードッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ヤラードッグフードの品質は?

すべての原材料が「オーガニック」のこだわり

ヤラードッグフードは、すべての原材料が「オーガニック」です。オーガニックとは「化学肥料や農薬を使わず、自然の恵みだけで育てられている」ということ。鶏が食べている飼料までオーガニックを使用しているので、安全性に関しては文句なしです。化学肥料や農薬を口にする心配はまったくありません。

ヤラーには鶏肉の他、グリーンピースやジャガイモが使用されていますが、それらの原材料もすべてオーガニックです。人間の食べ物でも「オーガニック」は安全の証のひとつ。この安全性の高さこそヤラーの一番の特徴です。

安全なドッグフードへの意識が高い人にとっては、オーガニックほど確かなものはないといってよいでしょう。ドッグフード先進国であるヨーロッパ産ならではの「安全性への意識」を感じられます。

グレインフリータイプは完璧!

ヤラーにはグレインフリータイプと穀物使用タイプがあります。グレインフリーにはもちろん穀物は使用されていません。小麦やトウモロコシはもちろん、米や玄米といった穀物類はすべて排除してあります。使用されているのは鶏肉と野菜類で、ジャガイモでんぷんやグリーンピース、ヒマワリの種皮が使用されているだけです。

ただし、穀物を使用しているタイプは要注意です。「オーガニックドッグフードチキン」にはトウモロコシ、全粒オート麦、全粒小麦、大豆外皮が使われていて、アレルギーのあるワンコは特に注意しなければいけません。原材料はもちろんオーガニック=安全な原材料なのですが、小麦やトウモロコシといったアレルギー源となる材料が使われているのはちょっと残念なところですね。

ヤラーのラインナップの中で完全グレインフリーなのは、この記事で取り上げている「グレインフリードッグフード」と、消化器系や皮膚トラブルが多いワンコのための「センシティブ」だけです。そのほかは正直、バランスが悪い印象のものもあります。選ぶなら必ずグレインフリーの上記2タイプから選んでください。

酸化防止剤は自然由来のものだけ

ヤラードッグフードはオーガニックにこだわるだけあって、危険な酸化防止剤や合成着色料は使われていません。どのラインナップでも「化学薬剤を使用していません」という表記があるので、その点は安心してよいでしょう。

原材料名で確認すると、酸化防止剤として使用されているのは「ローズマリー抽出物、ビタミンE」のみ。危険なものとして指摘されているBHT、BHA、エトキシンなどは一切ありませんでした。ビタミン類やミネラル類は含まれていますが、これは必要な栄養素を補ったものですので問題ないでしょう。

余計なものを使わず、安全なものだけを使用して愛犬の健康を守る。そんなヤラーの思いが込められているのが分かります。

ヤラードッグフードが他のドッグフードと違うところ

オーガニックのこだわりと徹底がスゴイ

「オーガニック」という言葉が一般的になった今、その特別感が少し薄れている感じがありますが、実はオーガニック認定を取るのは簡単ではありません。ヤラードッグフードのオーガニック認定は人間の基準と同じなので、相当な努力で取得しているはずです。

オーガニックの規定に関しても記述がありますので、ぜひそちらで確認してください。動物に食べさせる肥料に化学薬品が含まれていないこと、過去3年間合成農薬を使用しない土地で生産された農産物であることなど、かなり厳しい規定があり、「オーガニック」の価値を再認識できるでしょう。

ヤラードッグフードのデメリットは?

価格が高いので続けるのは難しいかも…

ヤラーの唯一の欠点といってよいのが、価格の高さです。オーガニックな原材料にこだわっているだけあって、どのラインナップも価格は高め。すべて1㎏あたり2,000円~3,000円超えですから、使い勝手が良いとは言えない感じですね。毎日与えるなら、それなりにドッグフード代がかかることを覚悟しなければいけません。

価格が気になるなら他のフードと併用するなど、一工夫必要です。質が高いものはどうしても価格が高くなりますので、購入前にしっかりシミュレーションしておきましょう。

ヤラードッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは「グレインフリードッグフード 7,452円・2キログラム」を元に算出していきます。

・体重1kg~5kgの犬の場合

1日の給与量 26g~87g ですから、

87g×30日=2.61kg となり、

2kgのヤラードッグフードが2袋強(1.3袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
ヤラードッグフード1袋7,452円×1.3=9,688円

体重5kg~10kgの犬の場合

1日の給与量 87g~146g ですから、

146g×30日=4.38kg となり、

2kgのヤラードッグフードが2袋強(2.19袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
ヤラードッグフード1袋7,452円×2.19=16,320円

体重10kg~25kgの犬の場合

1日の給与量 146g~291g ですから、

291g×30日=8.73kg となり、

2kgのヤラードッグフードが4袋強(4.365袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
ヤラードッグフード1袋7,452円×4.365=32,528円

※給与量の最大値で計算

1㎏あたり3,726円という破格の値段ですから、当然ながら1か月分のドッグフード代も高めになります。給与量目安に幅があるので最大値だけの計算では分かりづらいところもありますが、それでも「かなり高いドッグフード」と言えます。この価格で毎月続けるとしたら、家計に響く人もいるのではないでしょうか。

ドッグフード代は毎月必ず必要な犬の食費ですので、無理のない範囲にとどめておくほうが無難です。もしヤラードッグフードの価格が気になるなら、他のフードと混ぜるなどしてドッグフード代を節約するとよいでしょう

すべてを考慮してヤラードッグフードを評価すると?

品質は「良い」の〇、価格は「高い」の△

ヤラードッグフードは原材料の安全性への意識が高いドッグフードです。「オーガニック」へのこだわりが強く感じられ、犬の健康を保ちたいという思いも感じられました。穀物を使用したラインナップには小麦やトウモロコシが含まれているのでおすすめできませんが、グレインフリータイプは穀物の不安もないので、安心して与えられます

ただ、オーガニック原材料を使用してあるため価格は高めです。利用する場合は価格のシミュレーションを行ってからにしてください。ドッグフードは「今月だけ控えておこう」という調整がききません。犬の食費として欠かせないものなので、事前にどれぐらいドッグフード代にあてられるのかを決めておきましょう。

「利用したいけど価格がどうしても…」という人は、他のフードと併用するのがおすすめです。もう少し安いフードと混ぜれば給与量が少なくなり、ドッグフード代を抑えることができます。他のフードと併用する場合でも、必ず価格シミュレーションをしてから利用してくださいね。

ヤラーをおすすめできないのはこんな人!

  • ドッグフード代を抑えたい人
  • ドッグフードの内容にこだわらない人

とりあえず安全なドッグフードなら良い、という人はもう少し価格が安いもののほうがストレスがないと思います。また、ドッグフード代を見直したい人にはおすすめできません。内容より価格が大切な人は他のフードを選びましょう。

ヤラーはこんな人におすすめ!

  • 安全なドッグフードを探している人
  • ヒューマングレード・グレインフリーのフードを探している人
  • 食いつき改善用を探している人

ヤラードッグフードはオーガニックが一番の特徴です。安全性や質の高さは申し分ないので、内容にこだわる人や高品質のものを与えたい人にピッタリといってよいでしょう。価格が現実的でないと感じるなら、他のフードと併用を。食いつき改善用のフードを探しているなら、ふりかけ用として少量ずつ使ってみるのもおすすめです。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る