あのドッグフードを評価!

ヴィジョンズドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ヴィジョンズドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています

ここで記述したVISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

VISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードとは?評価は?

ヴィジョンズの特徴は、ドッグフードの製法にこだわっていることです。栄養を壊さない低温加熱製法で焼き上げるのがヴィジョンズ最大のウリといってよいでしょう。原材料も厳選されていて、全体的なバランスが良い印象です。

総合評価
価格・内容量
  • イー・フィッシュ400グラム 884円
  • フィッシュ&シリーズ(チキン&フィッシュ)800g 1,329円
  • イー シリーズ(イー・チキン)1キログラム 2,970円
コスパ △(1キログラムあたり2,210円/1,661円/2,970円)
使い勝手
ヒューマングレード ○(大麦やごまなど飼料以外の原材料はヒューマングレード)
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(大麦全粒粉、玄米など使用)

1kg当たりの価格が2,000円を超えるシリーズがあるので★は3つにしていますが、原材料は厳選されていて良質です。穀物を使用しているところ以外は申し分なく、質の高いものを与えたい人が選びやすいドッグフードといってよいでしょう。

では、VISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ヴィジョンズ4種セットを送料無料500円でお試し!

VISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードの品質は?

製造法にこだわりあり!低温加熱製法を採用

VISIONSの最大の特徴は、低温加熱製法を採用して栄養素が壊れないようにしていることです。どのシリーズにもこの製法が採用されていて、良い栄養を届けたい!というこだわりが感じられます。使用している原材料も生肉・生野菜で新鮮な材料のみ。安心安全なドッグフードを作りたい、という思いが伝わってきます。

生の原材料からドッグフードを作るだけでも手間がかかるのに、そのうえ低温加熱製法を採用するというこだわりぶりです。手間も材料も惜しまずドッグフードを作っている証拠ですね。

そして、人工添加物や着色料、防腐剤、酸化防止剤など危険なものはすべて含まれていません。もちろん、原材料名にもこれらは一切名前がありませんでした。このことからも安全性にも気を配ってあることが分かります。飼い主が安心して与えられるフードといってよいのではないでしょうか。

原材料はヒューマングレードで高品質

ヴィジョンズの「チキン&フィッシュ」のページには、以下のように記載されているので、ヒューマングレードの原材料使用と考えてよいでしょう。

決して体に悪いものや、人間が食べれないような質の悪い材料は使用しておりません。

公式サイトより抜粋

ヴィジョンズは原材料選びにかなりこだわりを持っています。そのため、すべてのシリーズで主原料はヒューマングレードと考えてよいでしょう。どのフードシリーズもすべて生の材料を使用してあり、高品質な原材料でかなり手間暇かけて作られていることが分かります。

ただ、飼料のほうが良いと判断したものは人間用ではないものを使用している様子です。

人間用より飼料グレードの方が犬にとって良いものもあります。(大麦、ごまなど) 人間用は精製され栄養のある部分が摂られているものが多いからです。

公式サイトより抜粋

犬にとって良いと判断した場合のみ、飼料用を採用しているということですね。人間用は値段も高くなるため、ベストとは限らないというのがヴィジョンズの考え方です。

「飼料」という言葉が気になるかもしれませんが、フードの大部分を飼料が占めるわけではありませんから、それほど気にしなくてもよい部分です。一番大切である主原料はヒューマングレードのものを使用していますし、質の高い原材料を使用していることに変わりはありません

グレインフリーではなく玄米・小麦を使用

ヴィジョンズはグレインフリーではありません。玄米や小麦、大麦などを利用しています。質が高いフードですが穀物を利用してあるところだけが少し残念ですね。特に「コーングルテンミール」という表記が引っかかります。トウモロコシはアレルゲンになりやすく避けたほうが良い材料だからです

原材料にコーングルテンを使用している理由として、以下のような記述がありました。

植物性たんぱくとしてビール酵母を入れていますが、これだけではコストが上がってしまうためコーングルテンを使用しています。

公式サイトより抜粋

つまり、コーングルテンを使用した一番の目的はコストを下げるため。質の高いものだけを使用するのがベストですが、それだと価格は無限に上がってしまいます。だから低価格のものも使用する、というのがヴィジョンの姿勢です。

「原価を抑えるため」と利用者に伝えてあるところはとても好印象ですが、コーングルテンを使用しているのが気になる人は避けたほうが良いでしょう。他にも原材料に「コーンフラワー」という記述もあり、トウモロコシはすべてのシリーズで使用されています。メインの材料ではないので影響はないと思いますが、すこしだけ注意が必要な部分です。

VISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードのデメリットは?

メインフードにするには使いづらいシリーズも…

ヴィジョンズはすべて容量が少なく、400g~1kgまでしかありません。そのため常用フードにするとしたら、数袋ずつ買う必要があります。そうすると価格が高くなるので、常用フードにできない人もいると思います。

また、このフードは開封後、冷蔵庫で保存する必要があります。酸化防止剤や防腐剤が入っていないので仕方がないのですが、保存に手間がかかるのはあまり嬉しくないところです。

「冷蔵庫から出し入れするだけ」と甘く見てはいけません。毎日のことなので、ちょっとの手間が重なるとストレスが大きくなっていきます。めんどくさがりの人には向いていないかもしれませんね。

VISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、公式ホームページ内の販売価格で算出していきます。シリーズで価格差があるので、3つのシリーズ「イー・フィッシュ400グラム 884円」「フィッシュ&シリーズ(チキン&フィッシュ)800g 1,329円」「イー シリーズ(イー・チキン)1キログラム 2,970円」のすべてで算出しています。

体重1kg~3kgの犬の場合

1日の給与量 30g~60g ですから、

60g×30日=1.8kg となり、

400gのイー・フィッシュが4袋半(4.5袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋884円×4.5=3,978円

800 gのフィッシュ&シリーズ(チキン&フィッシュ)が2袋強(2.25袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋1,329円×2.25=2,990円

1㎏のイー シリーズ(イー・チキン)が2袋弱(1.8袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋2,970円×1.8=5,346円

体重4kg~6kgの犬の場合

1日の給与量 70g~120g ですから、

120g×30日=3.6kg となり、

400gのイー・フィッシュが9袋必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋884円×9=7,956円

800 gのフィッシュ&シリーズ(チキン&フィッシュ)が4袋強(4.5袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋1,329円×4.5=5,981円

1㎏のイー シリーズ(イー・チキン)が3袋強(3.6袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋2,970円×3.6=10,692円

体重7kg~10kgの犬の場合

1日の給与量 130g~170g ですから、

170g×30日=5.1kg となり、

400gのイー・フィッシュが12袋強(12.75袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋884円×12.75=11,271円

800 gのフィッシュ&シリーズ(チキン&フィッシュ)が6袋強(6.375袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋1,329円×6.375=8,472円

1㎏のイー シリーズ(イー・チキン)が5袋強(5.1袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

1袋2,970円×5.1=15,147円

※給与量はイー・フィッシュシリーズ、最大値で計算

価格は少し高めの部類に入ります。ただ、小型犬の給与量ならビックリするほどの価格にはなりません。しかし、それよりも気になるのは購入する袋の数です。特にイー・フィッシュとフィッシュ&シリーズは400g、800gという小容量なので購入する袋の数が多めに。その分保管するスペースを開けておく必要があります。

たくさん購入したらすべて開封し、フードストッカーに入れて保管…といきたいところですが、ヴィジョンズは開封後、冷蔵庫保管が基本です。大型ストッカーを冷蔵庫に入れるのはあまり現実的ではない気がしますので、そういった意味では、混ぜて与える併用フードとして少量だけ使うほうが向いているかもしれません

ヴィジョンズ4種を送料無料500円でお試し!

すべてを考慮してVISIONS(ヴィジョンズ)ドッグフードを評価すると?

品質は「良質」の〇、価格は一部△

ヴィジョンズは原材料の選び方や製法にこだわりがあり、飼い主としては安心して与えられるフードの一つです。グレインフリーではないものの、その他の欠点はほとんどなく、安全なドッグフードといってよいグレードです。生肉・生野菜を原材料としているところも高評価の理由ですね。

ただ、少量パッケージしかないので大型犬には向いていません。開封後は冷蔵庫保管なので、通常のフードにする場合は保管場所や利用方法を十分検討してからにしましょう。与える時もふやかすことを推奨されていて、利用には少しだけ手間がかかるドッグフードです。

そのため、使い方を工夫してみるのもおすすめです。混ぜて与える併用フードとしては最適ですから、食いつき改善用としても使えそうですね。製法が独特なので食感も違いがありますし、魚のフレーバーがあるので違う香りを試すこともできます。栄養価も高く粗タンパク質も申し分ないので、いつものフードにヴィジョンズを混ぜ、より良質なごはんにしてあげるのもおすすめの使い方です。

VISIONS(ヴィジョンズ)をおすすめできないのはこんな人!

ヴィジョンズをおすすめできない人
  • 質よりコスパにこだわる人
  • 大型犬を数匹以上飼っている人

ヴィジョンズは通常フードとして利用すると、少しだけ価格が高めの部類です。そのためコスパ重視の人には向いていません。また、小容量なのであきらかに小型犬向きですね。中型犬から大型犬は消費量が多いため、ヴィジョンズはおすすめできません。

VISIONS(ヴィジョンズ)はこんな人におすすめ!

ヴィジョンズをおすすめしたい人
  • 栄養価の高いフードを混ぜたい人
  • 食いつき改善用を探している人
  • 質の良いものを与えたい人

原材料の質の高さや安全性、栄養価の高さが魅力なので、質の良いものを与えたいすべての飼い主さんに向いていると思います。フレーバーにも種類があるので、食いつき改善用に試すのもおすすめです。少量ずつ混ぜて栄養価をプラス、という使い方もあり。工夫次第でフードのバリエーションを拡げられそうな気がします。

以下のページから、ヴィジョンズの全4種セットを送料無料の500円でお試しできますので、利用してみましょう。

ヴィジョンズ4種セットを送料無料500円でお試し!

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る