あのドッグフードを評価!

ソルビダドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ソルビダドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています

ここで記述したソルビダドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ソルビダドッグフードとは?評価は?

ソルビダドッグフードの特徴は、なんといっても「オーガニック原料使用」でしょう。多くの原材料が「オーガニック○○」という表記になっており、そのこだわりは原材料名からも感じられます。人工的なものを極力排除して安全なものにしたい、という思いがあるドッグフードです。

総合評価
価格・内容量 インドアアダルト 3,500円・1.8キログラム
コスパ △(1キログラムあたり1,944円)
使い勝手
ヒューマングレード ✖(表記なし)
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(大麦・玄米使用)

オーガニックへのこだわりは感じられるものの、残念ながらヒューマングレードかどうかの記載がありませんでした。グレインフリーでもないのであまりおすすめできないフードですね。そのためこのホームページの評価軸では★2つです。全体的に中途半端でこれといったおすすめポイントがないので、これじゃなくてもいいかな、と思ってしまうようなフードです。

では、ソルビダドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ソルビダドッグフードの品質は?

とにかく「オーガニック」がウリ!

ソルビダドッグフードは、どのラインナップでも原材料にオーガニック原料が使われています。オーガニックとは農薬や化学肥料を使わない栽培方法のこと。ソルビダに使われている原材料の多くはオーガニックですから、人工的なものを極力排除した原料を使用してあるということです。

主原料のチキンは「オーガニックチキン生肉」、その他の原材料も「オーガニック乾燥豆類」、「オーガニック乾燥アルファルファ」など、徹底的にオーガニックにこだわっています。鶏に与えている餌もオーガニックですから、安全なドッグフードを作りたい、という思いは確実にあるようです。

ただ、オーガニックは「ヒューマングレード」と同じ意味ではなく、どちらかというと安全面の品質を担保する意味が強いキーワードです。「品質が高いフード」というよりは「より安全なフード」ととらえたほうが良いと思います。そういった意味で、ソルビダドッグフードは最高品質ではなく「安全な普通のフード」という評価が妥当です。

グレインフリーではないのが残念…

ソルビダドッグフードはグレインフリーではなく、すべてのラインナップで大麦や玄米が使用されています。その穀物類も「オーガニック大麦」「オーガニック挽き割り玄米」などオーガニックが使用されていますので、とりあえず農薬や化学肥料の悪影響はないといえます。

ただ、穀物が使用されていることに変わりはありません。オーガニック穀物だからといって犬の体に良いというわけではないので、穀物をオーガニックにする意味はあまりないです。穀物不使用のほうがワンコの体に良いことに変わりはなく、そちらのほうが断然おすすめですね。

危険な酸化防止剤、人工添加物など一切なし

ソルビダドッグフードで使用されている酸化防止剤はミックストコフェロールのみでした。ミックストコフェロールは自然由来の酸化防止剤なので犬の体に悪影響はありません。よく使用されている酸化防止剤なので安心です。

そのほかの添加物も危険なものは一切なく、必要な栄養素として添加されているものだけでした。オーガニックにこだわっているだけあって、人工的なものは排除してありますね。ビタミンやミネラル類は他のドッグフードでもよく添加されていますので、多少聞きなれない名前が表記してあっても心配ありません。

ソルビダドッグフードが他のドッグフードと違うところ

ソルビダのラインナップは室内犬用が多い!

ソルビダドッグフードはラインナップがとてもユニークです。ラインナップは以下の5種類です。

ソルビダドッグフードのラインナップ
  1. インドアアダルト(室内飼育成犬用) 運動不足な室内飼育犬用
  2. アダルト(成犬用中粒) 中~大型種のワンコ用
  3. インドアパピー(室内飼育子犬用) 成長期の子犬用
  4. インドアシニア(室内飼育7歳以上用) 7歳以上のシニア犬用
  5. インドアライト(室内飼育肥満犬用) 肥満対策用

ドッグフードのラインナップ名に「インドア」とつくのは珍しいですね。名前や内容物、成分値から推測すると室内犬で散歩をほとんどしないワンコを意識してあるドッグフードと言えます

運動不足の犬を意識しているためか、パピー用以外は粗タンパク質も19%から23%とそれほど高くありません。そのため、毎日散歩をして活動的なワンコには向いていないと思います。活発に動き回るワンコはもう少し動物性タンパク質が高いものを選びましょう。

ソルビダドッグフードのデメリットは?

一長一短で中途半端な感じ…

ソルビダドッグフードは、グレインフリーではない点以外、これといった大きなデメリットはありませんが、オーガニックへのこだわり以外はメリットもありません。ヒューマングレードではないので品質が高いともいえず、中途半端な感じが否めないフードです。

「オーガニック」は安全を担保してくれますが、ワンコの体にプラスアルファで良い影響があるかどうかは不明です。「オーガニックだから品質が高い!」と勘違いしないように気を付けましょう。

ソルビダドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、「インドアアダルト 1.8キログラム 3,500円」を基に算出していきます。

体重3kgの犬の場合

1日の給与量 65g ですから、

65g×30日=1.95kg となり、

1.8kgのソルビダドッグフードが1袋強(1.08袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ソルビダドッグフード1袋3,500円×1.08=3,780円

体重4.5kgの犬の場合

1日の給与量 90g ですから、

90g×30日=2.7kg となり、

1.8kgのソルビダドッグフードが2袋弱(1.5袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ソルビダドッグフード1袋3,500円×1.5=5,250円

体重9kgの犬の場合

1日の給与量 180g ですから、

180g×30日=5.4kg となり、

1.8kgのソルビダドッグフードが3袋必要

1ヵ月のドッグフード代金

ソルビダドッグフード1袋3,500円×3=10,500円

※給与量の最大値で計算

ヒューマングレードでもグレインフリーでもない割にこの価格は高く、決して使い勝手が良いフードではありません。この価格ならヒューマングレードかグレインフリーのどちらかを満たしておいてほしいところです。

価格が高めなのはオーガニック原料にこだわっているからでしょう。もっと使いやすい価格で品質が高いドッグフードがありますから、そちらのほうがおすすめです。「オーガニック」という言葉だけにひかれてうかつに手を出さないようにしてください。

すべてを考慮してソルビダドッグフードを評価すると?

品質は「まあ良い」の〇、価格は△

ソルビダドッグフードの最大の特徴である「オーガニック」は、安全面を担保してくれますが、ヒューマングレードのような人間が食べる品質どうかは分かりません。オーガニック=高品質というイメージに惑わされないように注意しましょう。グレインフリーでもないわりには価格が高く、使い勝手も良いとは言えないですね。おすすめしたくなるようなポイントもほとんどなく、中途半端なフードです。

もしおすすめするとしたら、オーガニック食材が好きな飼い主さんぐらいでしょうか。食いつき改善でふりかけにするとしても価格がネックになりますし、めずらしいフレーバーもありません。品質も価格もすぐれたものがより安価で販売されていますから、そちらを利用しましょう。手に取る価値がほとんど感じられないフードといってよいと思います。

ソルビダをおすすめできないのはこんな人!

ソルビダドッグフードをおすすめできない人
  • ヒューマングレードやグレインフリーのフードを探している人
  • ドッグフードの品質にこだわる人

ソルビダドッグフードはあまりおすすめできないフードですが、なかでも品質にこだわる人には特におすすめできません。ヒューマングレードやグレインフリーでより安価なフードがあるので、そちらのほうが良いと思います。同じぐらいの価格でより品質が高いものをおすすめします。

ソルビダはこんな人におすすめ!

ここにボックスタイトルを入力
  • オーガニック食材が好きな人
  • 安全なフードを探している人

ソルビダドッグフードをおすすめするとしたら、普段からオーガニック食材を使用している人や「ドッグフードは安全ならなんでも良い」と考えている人ぐらいですね。品質にこだわらないなら、安全面が確かなソルビダで十分だと思います。ペットショップでも取り扱いがあるので、直接確かめたい人にも向いているといえるでしょう。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る