ドッグフードの選び方

セミモイストのドッグフードってどんなもの?選ぶポイントや他のタイプとの違いは?

セミモイストのドッグフード

基本的な犬のフードと言えば、カリカリの「ドライタイプ」が頭に浮かぶのではないでしょうか。栄養バランスの良いフードとして、最も受け入れられているといってもよいのがこの「ドライタイプ」です。

ドッグフードにはその他にもタイプがあり、「セミモイスト」「ウェット」「ソフトドライ」などがあります。最も水分が多いのがウェットタイプ、その中間にあたるのがセミモイストとソフトドライです。犬を飼っている人なら、なんとなくイメージが付くのではないでしょうか。

しかし、これらの違いと正しい与え方は意外と知られていません。「セミモイスト」と「ソフトドライ」は違いが分かりづらく、全く同じものと思っている人もいるはずです。こういったフードの違いをしっかり把握しておくと、食いつきの良いフード探しや健康維持に大いに役立ちます。

ここでは「セミモイスト」について解説しています。その他のドッグフードとの違いや選ぶときのポイントなどを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

「セミモイスト」のドッグフードについて

セミモイストってなに?

セミモイストはドライタイプに比べて水分が多く、少しやわらかいフードです。製造方法は原材料を混ぜて型で押し出すという方法で作られており、乾燥加工はされていません。

セミモイストの水分含有量は25%~35%程度で、ドライタイプに比べると表面が明らかにしっとりしています。より「肉」に近い食感のフードと言ってよいでしょう。犬が好きな味付けや食感が施されていることが多く、食いつきが良いことも特徴の一つです。

また、ウェットタイプは形が崩れやすく水分たっぷりですが、セミモイストはしっかりとした形があり、たいていは丸や四角の形状をしています。まさにドライタイプとウェットタイプの中間、といった感じのフードです。

「セミモイスト」と「ソフトドライ」の違い

「セミモイストとソフトドライって同じ?」と感じる人がいると思います。この2つは見た目も触った感じもとても良く似ているので、違いを知らない人も多いです。

一般社団法人ペットフード協会によると、セミモイストとソフトドライは次のように定義されています。

ソフトドライ…製品水分25~35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。

セミモイスト…製品水分25~35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。

参照:一般社団法人ペットフード協会

この記述から分かる通り、セミモイストとソフトドライの違いは加工方法のみ。含まれている水分は同じぐらいで、柔らかいタイプという点は共通しています。加熱発砲処理をすると小さな気泡の穴ができるため、冷却しただけのセミモイストと比べると、ソフトドライはふっくらしているのが特徴です。

どちらも缶詰ではなく、パウチやドライタイプと変わらないパッケージで販売されています。違いは食感や風味だけなので、この2つを間違ってもそれほど大きな支障はありません。原材料をしっかり確認したら、飼い犬が好きな食感を選んであげるとよいでしょう。

セミモイストのメリットとデメリット

メリットは食いつきの良さと風味の豊かさ!

食いつきのいいドッグフード

セミモイストの一番のメリットは、犬の食いつきが非常によいことです。犬が大好きな肉に近い食感ですから、どんな犬でも喜んで食べてくれます。飼い主にとっては「食べてくれない」というストレスがなく、与えやすいフードと言ってよいでしょう。

いまではセミモイストの選択肢も増えてきました。チキンをたっぷり使用したもの、野菜の風味にしたものなど、選ぶのが楽しくなるほど種類があります。ワンコが好きなものを探しやすいですし、ドッグフードの味変えやアクセントにもセミモイストが役立ってくれます。

セミモイストの食いつきの良さは見ていて気持ちが良いほどです。年齢や犬種に関係なく、犬が大好きなフードと言って間違いありません。

デメリットは保存の難しさと添加物

セミモイストのデメリットは、保存期間が短いことです。水分が増えると腐敗する可能性が高くなるので、自然と保存期間は短くなります。そしてどんなセミモイストタイプにも、保存料が使われています。

保存料が使われているから質が悪いとか、与えると体調が悪くなるというわけではありません。ドライタイプにも多少は保存料が使われていますし、質が劣化したものを与えるよりもずっと健康的です。ただ、含まれている保存料の量や質には注意が必要です。

中には風味を出したり美味しそうな色を保ったりするために、人工着色料や香料が使われているものもあります。こういった人工的なものは、あまり犬の健康に良いとは言えません。できるだけ自然由来のものを使用し、添加物に配慮したものを選ぶのが理想です。

歯石・歯垢がたまりやすいので注意!

歯磨きをする犬

しっとりした食感と柔らかさが魅力のセミモイストタイプは、歯石や歯垢がたまりやすいというデメリットもあります。やわらかい分だけ歯につきやすく、歯垢として歯にたまりやすいのです。歯垢は一度つくと取り除くのが大変ですし、獣医によっては「歯垢を取るとさらにつきやすくなる」という人もいます。

人間のように毎日歯みがきをしませんので、犬の歯の管理はなかなか大変です。歯石や歯垢は普段からたまらないようにしておくのがポイントなので、セミモイストを与える時は飼い主がしっかり管理し、歯の様子まで観察してあげることが大切ですね。

セミモイストタイプを選ぶときのポイント

グレインフリーであること

グレインフリー

ドライタイプにも共通して言えますが、グレインフリーは犬の健康づくりに大切な要素です。グレインフリーとは穀物を使用しない、動物性タンパク質主体のフードのこと。もともと肉食の犬にとって穀物は胃腸の負担が大きいものです。良質な動物性タンパク質は、犬の理想的なフードに欠かせません。

最近のセミモイストタイプはその点を意識したものが増えてきており、グレインフリーと表記されているものもあります。小麦や大豆にアレルギーがあるワンコは、グレインフリーであることが特に大切です。

添加物が少ないこと

前述したように、セミモイストタイプは水分が多いので、ほとんどの製品で保存料が使われています。できればその製品のホームページや販売ページを見て、添加物や人工保存料、人工着色料に配慮して使わないように心がけているものを選ぶとよいでしょう。

「どの製品も保存料が使われているなら、同じようなものでは?」と感じるかもしれません。しかし、製造する会社によって考え方は違っています。その違いは販売ページやホームページ見ると、とてもよく分かるものです。

犬の健康を第一に考えて、丁寧にフードを作ってくれる会社を選ぶこと。これも良いフード選びの条件といってよいでしょう。

目的に合っていること

これも見逃しがちなポイントなのですが、ドッグフードはどのような使い方をするのか、その目的に合わせて選ばなければいけません。もし基本のフードとして選ぶなら「総合栄養食」を、ご褒美用のおやつとして選ぶなら「間食」や「栄養補完食」を選ぶ必要があるのです。

総合栄養食とは、以下のように定義されています。

総合栄養食

犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製されています。(中略)

「総合栄養食」は次のように表示されています。

「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」または「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」

参照:ペットフード公正取引協議会

この他、「その他目的食」として「一般食(おかずタイプ)」、「栄養補完食」「カロリー補完食」などと表記されたものがあります。

セミモイストは「総合栄養食」のほか、「間食」に当たるものも多く販売されているため、どのタイプかを確かめるのが非常に重要です。おやつ用はパッケージが小さ目で量が少なく、店頭で見ると分かりやすいのですが、通販で購入する時はパッケージの大きさが分かりづらいため、うっかり見逃してしまう可能性も否定できません。

特に基本のドッグフードを探している時はこの表記に注意して、必ず「総合栄養食」と書かれたものを選んでくださいね。

セミモイストタイプのドッグフードの与え方は?

セミモイストだけの食事でも大丈夫?

ドッグフードを食べる犬

前述した総合栄養食にあたるフードなら、基本のドッグフードにしてもかまいません。ただし、長期間の保存には向かないので、できるだけ小分けにされたものを選ぶと安心です。大きなパッケージでも中身が小分けにされたものがありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。

おかずタイプや間食タイプは、それだけで必要な栄養を摂取することはできません。あくまでも補完として与えるものですので、ドライフードと併用してください。

また、おやつタイプは与えすぎにも要注意!よく食べるからといって与えすぎると、基本のドライフードを食べなくなります。目的に合わせたものを適度な量で与えてあげてください。

食いつきの良さを上手に利用して!

セミモイストは、その食いつきの良さを利用してフードを食べない問題を解消することができます。基本のドライフードに加え、セミモイストを適量混ぜてみましょう。風味や食感が良いので、どの犬も喜んで食べてくれます。

混ぜてあげる時は、そのセミモイストがおかずタイプなのか総合栄養食なのかを確認しておき、カロリー過多にならないように注意してあげてください。

また、かむ力が弱くなった老犬にもセミモイストが役に立ちます。ふやかしたドライフードとセミモイストを混ぜてみるなど、変化をつけてあげることもできてとても便利です。しっかり栄養が摂取できるよう、食べやすいセミモイストをぜひ試してあげてください。