あのドッグフードを評価!

ナチュラルドッグフードラムの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ナチュラルドッグフードラムの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています

ここで記述したナチュラルドッグフードラムの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ナチュラルドッグフードラムとは?評価は?

ナチュラルドッグフードラムはイギリス原産のドッグフードです。「100%無添加」にこだわりがあるフードで、人工添加物や副産物などを一切使用していません。原材料はかなり厳選されていて、構成もシンプル。犬の体を考えて作られていることがよく分かります。

総合評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,564円・2キログラム
コスパ ○(1キログラムあたり1,980円/1,782円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(全粒大麦、全粒オーツ麦、玄米)

ヒューマングレードのラムをたっぷりと使用し、含有量は55%と高めで、動物性タンパク質を大切にしているフードといえます。グレインフリーではないですが使用する原材料にはこだわりがあり、犬の体に配慮してあることが感じ取れるドッグフードです。

では、ナチュラルドッグフードラムの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ナチュラルドッグフードラム

ナチュラルドッグフードラムの品質は?

ナチュラルドッグフードラムの品質は?

無添加で無駄なものは一切なし!

ナチュラルドッグフードラムの最大の特徴は「無添加」であること。ナチュラルドッグフードラムには人工着色料や保存料はもちろん、自然由来の酸化防止剤「ミックストコフェロール」も使用されておらず、徹底的に添加物を排除してあります。他にも無添加をウリにしているフードはありますが、ここまで添加物が少ないフードはめずらしいかもしれません。

ナチュラルドッグフードラムで使用している酸化防止剤は、ハーブ類です。天然ハーブの力を利用してあるので、犬の体にも悪影響がありません。その名の通り「ナチュラル」がこのフードの良い点ですね。できるだけ自然素材を与えたい人にぴったりなドッグフードです。

ヒューマングレードの生ラム肉を55%使用!

ナチュラルドッグフードラムにはヒューマングレードの原材料が使われています。メインの生のラム肉がたっぷり55%もブレンドしてあり、犬にとって理想的な食事といってよいでしょう。もちろん肉副産物の利用はなく、アレルギー対応として、牛や豚の肉も避けるという徹底ぶりです。原材料の質の高さにこだわる人も、このグレードなら納得できるのではないでしょうか。

さらに「欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)」が定める喜寿をクリアした工場で生産されており、品質管理も徹底しています。これなら安全なドッグフードとして、どんなワンコにも与えられそうです。

グレインフリーじゃないけどグルテンはなし

ナチュラルドッグフードラムはグレインフリーではなく、玄米や全粒大麦、全粒オーツ麦などが原材料として使われています。最近出てきたドッグフード、特にイギリス産のドッグフードはグレインフリーが多いので、その点は少し残念に感じるかもしれません。

ただ、「アレルギーを起こしやすいものを使用しない」というのもナチュラルドッグフードラムのこだわりの一つで、同じ穀物でも小麦や大豆、トウモロコシは避けてあります。その点もしっかり公式サイトにかかれているので、そこはこだわりを持って使用する穀物を選んだということです。フードのつなぎやかさましで穀物を利用しているのではなく、あくまでも必要な栄養素を与えたいから利用する。そんな姿勢が伝わってきます。

ナチュラルドッグフードラムの公式サイトに行く

ナチュラルドッグフードラムが他のドッグフードと違うところ

原材料が少なくてとてもシンプル!

原材料が少なくてとてもシンプル!

ナチュラルドッグフードラムは、使用している原材料がとても少なく、構成がシンプルです。無添加にこだわるだけあって、人工添加物は一切ありません。

原材料名

生ラム肉(イギリス産)55%、玄米18%、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

公式ホームページより抜粋

ここまで原材料を絞っているフードは、それほど多くないと思います。ビタミンやミネラル類は安全な添加物としてプラスしてあるドッグフードも多い中、ナチュラルドッグフードラムはそういった「安全な添加」もしていません。あくまでも原材料の栄養素のみを使用することにこだわっていて、まさにナチュラルそのものです。

このシンプルな構成は、手作りフードと相性が良いです。他のフードと併用したい場合もこのシンプルさが役に立ってくれそうです

ナチュラルドッグフードラムのデメリットは?

粗タンパク質は低めなので子犬には向いていない

ナチュラルドッグフードラムは全ライフステージ用ではないため、子犬には与えられません。肉含有量は55%以上と高めなのに対し、粗タンパク質は20%と低め。AAFCOが定める栄養基準では、子犬は22%以上の粗タンパク質が必要です。栄養バランス的に成犬以上のフードですので、子犬に与えないように注意しておきましょう。

成犬であれば粗タンパク質が20%以上なら問題ないのですが、新しいドッグフードのわりには少し低めです。タンパク質の割合にこだわる人には、残念ながらおすすめできないフードです

ナチュラルドッグフードラムの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、公式ホームページ内の通常購入の価格「3,980円・2キロ入り」を元に算出していきます。

体重3kgの犬の場合

1日の給与量 45g~70g ですから、

70g×30日=2.1kg となり、

2kgのナチュラルドッグフードラムが1袋弱(0.95袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルドッグフードラム1袋3,960円×0.95=3,762円

体重4kgの犬の場合

1日の給与量 50g~80g ですから、

80g×30日=2.4kg となり、

2kgのナチュラルドッグフードラムが1袋強(1.2袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルドッグフードラム1袋3,960円×1.2=4,752円

体重6kgの犬の場合

1日の給与量 70g~120g ですから、

120g×30日=3.6kg となり、

2kgのナチュラルドッグフードラムが2袋弱(1.8袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルドッグフードラム1袋3,960円×1.8=7,128円

体重10kgの犬の場合

1日の給与量 100g~160g ですから、

160g×30日=4.8kg となり、

2kgのナチュラルドッグフードラムが2袋強(2.4袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルドッグフードラム1袋3,960円×2.4=9,504円

※給与量の最大値で計算

価格は少し高めですね。びっくりするほど高くはないものの、マックスの給与量で考えると消費量が多くなり、フード代も少しだけ高く感じられるはずです。人によっては「高すぎて使えない」と感じる人もいると思います。

しかし、質と価格のバランスは決して悪くありません。無添加でお肉たっぷりのフードなので毎日安心して与えられます。これぐらいのグレードのものを頑張って与えたいと感じますね。

すべてを考慮してナチュラルドッグフードラムを評価すると?

品質も価格も「良質」な〇!

ナチュラルドッグフードラムは、こだわりを持って厳選した素材使用、無添加へのこだわりなどが特徴の質の高いフードです。グレインフリーではないもののアレルギーに配慮してグルテンが多いものは省いてありますので、良質なフードといってよいでしょう。

価格が少し高いですが、小型犬ならビックリするほどの金額にはなりません。質の良いものを与えたい人にはこれぐらいのグレードのものがぴったりではないでしょうか。

ヒューマングレードのドッグフードは1㎏あたり2000円を超えるものも少なくないですが、ナチュラルドッグフードラムはそれを下回っています。コスパもよいフードなので、買い替えのハードルも低めです。食いつき改善用や併用フードとしてぜひ試してみてください

ナチュラルドッグフードラムをおすすめできないのはこんな人!

ナチュラルドッグフードラムをおすすめできない人
  • 価格が安めのドッグフードを求めている人
  • グレインフリーにこだわる人

グレインフリーでないところが引っかかる人もいると思いますので、こだわりのある人はもう少し価格が高いヒューマングレード&グレインフリーのフードがよいでしょう。また、コスパが良いものを求める人はもう少しだけ価格が低い、1㎏あたり1000円~1500円のものを与えたほうがストレスがないと思います。

ナチュラルドッグフードラムはこんな人におすすめ!

ナチュラルドッグフードラムをおすすめしたい人
  • 価格と品質のバランスが良いものを探している人
  • 食いつき改善用のフードを探している人
  • 1歳以上のワンコを飼っている人

ナチュラルドッグフードラムは、グレインフリーではない点以外、大きな欠点はありません。7ヵ月以上のワンコ限定なので子犬にはおすすめできないものの、成犬ならどんなワンコでもおすすめできます。質の良いもの、質と価格のバランスが良いものを探している人にぴったりです。

普段のドッグフードとしても、食いつき改善用や混ぜ込み用としても、使いやすいと思います。シンプルなので手作り食と合わせたい人にもおすすめできるフードですね。お試し用があるので、ぜひ少量から試してみてくださいね。

ナチュラルドッグフードラムの公式サイトに行く

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る