あのドッグフードを評価!

モグワンドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

モグワンドッグフード

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したモグワンドッグフードの情報は、モグワンドッグフードのホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

モグワンドッグフードとは?評価は?

この記事でご紹介するモグワンは、イギリスで生産されたドッグフードであることと、比較的新しいドッグフードであることが特徴的といえます。食いつきの良さや手作り食の感覚を大切にしたドッグフードであることは、その販売ページを見るとよく分かります。

モグワンを評価すると以下のようになります。

総合評価
価格・内容量 3,960円・1.8キログラム
コスパ △(1キログラムあたり2,200円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー

比較的高めの値段設定でコスパがいいとは言えませんし、全犬種・全ライフステージ用とありますが、大型犬には適していないように思います。

しかし、人間が口にしても問題ない品質である「ヒューマングレード」、人工着色料・人工添加物不使用、穀物を使わないグレインフリーと品質面では文句ありません。

では、モグワンドッグフードの特徴やこだわりはどこにあるのかを見ていきましょう。

モグワンドッグフードの公式ページを見てみる

モグワンドッグフードの品質は?

ヒューマングレードで高品質

チキン

モグワンの特徴とこだわりは、原材料選びにあらわれています。モグワンが利用している原材料はすべてヒューマングレードですから、人間でも食べられるものばかりです。お肉に加えてトマトやアスパラなどの野菜、バナナやクランベリーといったフルーツも配合されています。

メインで使用されているタンパク質は、チキンとサーモンです。どちらもドッグフードによく利用されている原材料ですから、ワンコにとってもなじみのある食べ物です。変わった素材を利用するのではなく、ひとつひとつの品質にこだわっている、というモグワンの姿勢が伝わってきます。

人工着色料・人工添加物不使用

モグワンは人工着色料・人工添加物を使用していません。ホームページを見ると分かりますが、自然に近い食材を利用することと、保存料は自然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)を利用していること人口調味料や着色料を利用していないことを明言しています。

人工着色料や添加物は、できる限り避けたほうが良いものです。犬は自分で体調を管理できませんから、少しでも不安なものは取り除いてあげことが、飼い主の義務でもあります。その点では安心できるといってよいでしょう。

グレインフリーで高タンパク

グレインフリー

グレインフリーとは、穀物を一切使用していないということです。穀物の消化が苦手な犬にとって、動物性タンパク質が主体のドッグフードは理想的といってよいでしょう。モグワンドッグフードは穀物を使用しないグレインフリーですから、犬の体にメリットが多いと言えます。

モグワンドッグフードは動物性タンパク質の割合が50%以上、という数値が明記されていて、その配合も考慮してあるのが分かります。ドッグフードを選ぶときにあまり意識されない部分ですが、消化が良いこともドッグフードの大切な要素です。そのため穀物不使用であることは嬉しい要素の一つです。

モグワンドッグフードが他のドッグフードと違うところ

トッピングを乗せてもよいシンプルな配合

モグワンドッグフードの特筆すべき特徴として、「おうちの手作りごはん」というコンセプトで作られていて、「いろいろなトッピングも楽しめる」と明記されているところでしょう。通常、総合栄養食のドライフードはそれだけで栄養を確保できるので、トッピングに関してはあまり考慮されていません。

バランスよく栄養を取りつつ、手作りのトッピングも楽しめるように、というコンセプトは新しいものといっても良いと思います。愛犬に手作り食を上げたい人にとっては、使い勝手が良いドッグフードといってよいかもしれません。ドライフードが苦手なワンコは、モグワンドッグフード+手作りトッピングで食べやすくすることもできますね。

定期購入すると希望周期で持ってきてもらえる

インターネット通販限定

モグワンドッグフードは、定期購入すると自宅まで届けてもらえます。定期コースといっても「毎月1袋」という決まった量を届けるものではありません。通販ならではのとても便利な特徴があります。

①定期コースだけの特別優待価格がある

  • 合計金額が7000円未満 → 10%オフ
  • 合計金額が7000円以上 → 15%オフ
  • 合計金額が20000円以上 → 20%オフ

②選べる個数と購入周期

③いつでも休止・再開できる

購入周期と購入個数を選べるので、愛犬に合わせて購入できるのが大きな特徴ですね。

店頭で購入する場合は、定期購入することができませんし、重いドッグフードの袋を自宅までもっていくのが結構大変です。しかも、毎月一定量が届く定期購入だと足りなかったり余ったりすることがあります。

そういった不安がなく、休止や再開まで自由にできるのはとてもうれしい購入方法です。たくさん食べる子でも小食な子でも、食べる量に合わせられるので飼い主がとても楽ですね。

モグワンドッグフードの公式ページへ行く

モグワンドッグフードのデメリットは?

密閉できないので管理に注意

モグワンドッグフードは、一番外側のパッケージを開けるとすぐにドッグフードが入っていて、小分けにされていません。そして、袋には密閉用のジッパーが付いていないので、そのまま保管はしづらいです。保管用の別容器が必要なので、事前に準備しておく必要はあります

モグワンドッグフードは添加物も保存料も少なめで作るというコンセプトですから、管理方法には注意が必要です。できるだけ酸化を避けられるように、しっかりとしたフード容器に入れる必要はありますね。

1種類しかないので選べない

モグワンドッグフードの種類は1種類のみで、1.8kgの袋だけです。ワンコによって食べる量がちがうので、選べないのは少し不便かもしれません。1.8kgをどれぐらいの期間で食べきるのかを計算しておく必要はあります。

ウェットタイプやセミモイストなどのバリエーションもありませんので、その点は少し寂しい気もします。また、「全ライフステージ用」なので子犬から老犬まで同じものを食べさせることになり、その点が不安な人もいるかもしれません。

モグワンドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

モグワンドッグフードは1袋1.8kgで3960円です。モグワンドッグフードを食べさせるとしたら、1か月でどれぐらいかかるのでしょうか。犬の体重とホームページに書かれている「給与量」から計算してみましょう。

体重2.5kg~3kgの犬の場合

1日の給与量は、68g~76gですから、1ヶ月の給与量は、76g×30日=2.28kgとなり

1.8kgのモグワンドッグフードが2袋弱(1.26袋)必要になるため…

1ヵ月のドッグフード代金

モグワンドッグフード1袋3960円×1.26=4990円

体重6kg~7kgの犬の場合

1日の給与量は、118g~132gですから、1ヶ月の給与量は、132g×30日=3.96kgとなり

1.8kgのモグワンドッグフードが2袋強(2.2袋)必要になるため…

1ヵ月のドッグフード代金

モグワンドッグフード1袋3960円×2.2=8712円

※給与量の最大値で計算

こうしてみると、モグワンドッグフードは決して安いドッグフードではありません。コストが気になる人にとっては頭の痛いところです。1㎏当たりで計算すると2200円ですから、「高いドッグフード」と認識する人がいるかもしれません。

また、モグワンは公式ホームページ以外の、楽天やAmazonといった通販サイトでは購入できません。楽天でもamazonでも「モグワン」と検索してみると「商品がありません」と表示されます。たまに見つかることもあるようですが、ほとんどが定価以上の金額で販売されていて、お得感はありません

そのため、購入する人は必ず同じホームページから注文することになります。できるだけ安いところを探したいのが飼い主の希望ですが、定価以外では購入できませんので、探し回るよりも定期購入の割引を利用したほうがお得です。

ただ、良いドッグフードは「品質と価格のバランスが良いドッグフード」であり、ドッグフードにどれだけお金をかけられるかによってよいドッグフードは違っています。価格が高いからダメ、というわけではないのでそこは家計と相談しながら検討していくとよいでしょう。

モグワンドッグフードの公式ページへ行く

すべてを考慮してモグワンドッグフードを評価すると?

品質は◎、コスパは△

喜ぶ犬

モグワンは高い品質を保つことを大切にしています。ホームページからは安全を重視している考え方が伝わってきましたし、原材料を見ても危険なものは含まれていません。健康と安全を考える人におすすめできるドッグフードといえます。

ただ、コスパで考えると良いとは言えません。品質が高い分だけコストがかかっていて、ドッグフードの料金にもそれが反映されています。これは家計との相談になるので各家庭によると思いますが、毎月与えるとしたら、どれぐらいの量が必要で代金がいくらになるのか、そこのシミュレーションが大切です。

モグワンドッグフードは小型犬用

小型犬

モグワンドッグフードの粒はとても小さく、明らかに小型犬用です。モグワンのパッケージには体重30㎏まで給与量が書いてありますが、そんなに大型な犬には向いていません。与えるとしても、せいぜい10㎏までのワンコでしょう。

また、チワワやヨークシャーテリアなど、特に小さな犬は極小粒のドッグフードを利用している場合は、モグワンは粒が大きいかもしれません。粒の大きさは食いつきにも影響するので、そこは事前に確かめたいところですね。

全犬種・全ライフステージ用なのはちょっと不安かも??

これは意見が分かれると思いますが、私は「全ライフステージ用」を食べさせたことがなく、歴代の犬は子犬用・成犬用を分けて与えてきました。古い考えなのかも…と思わなくもないのですが、全ライフステージ用を使用しても大丈夫なのか?という不安はあります。もし子犬や老犬に与えるなら、獣医に「モグワンドッグフードを与えたいけど大丈夫ですか」と、確認してみると思います。

ちなみに、モグワンドッグフードの成分表内「粗タンパク質」は28%になっていて、成長期でも十分なタンパク質を与えられます。子犬用が良いかどうかは飼い主の好みなので、そこは自分の考え方に従って構いません。

モグワンはこんな人におすすめ!

前述したような特徴やメリット・デメリットを考慮したうえで、おすすめできる人をピックアップしてみました。

  • タンパク質多めのドッグフードを選びたい人
  • 食いつきの悪さに悩んでいる人
  • 手作り食(トッピング)もプラスしたい人
  • 重いドッグフードを運ぶのが大変な人

良質なタンパク質へのこだわりは、パッケージを見ても分かります。どれだけこだわったのかをしっかりとホームページに書いてある点も好感が持てます。飼い主が安心できるという点では十分合格点です。また、食いつきが良いというのもモグワンのウリの一つなので、一度試してみる価値ありです。シンプルな作りで手作りトッピングと組み合わせやすい、というのもメリットとしてとらえて良いと思います。

また、持ち運びに関する不便さ解消には通販であることが役立ってくれます。ドッグフードは意外と持ち運びが大変で、自転車の前かごに入れるとフラフラしてしまう人も。2㎏の袋を持って子どもと一緒にマンションの上まで行く…なんていうシチュエーションを想像すると、その大変さが分かります。届けてもらえることのメリットは思った以上に大きいので、ドッグフード選びの要素としてぜひ追加してほしい部分です。

逆におすすめしないのは以下のような人です。

  • ドッグフード費用を抑えたい人

コスパを求める人は、もう少し安いドッグフードを求めたほうがストレスなく与えられます。家計に響かない人だけが購入できるドッグフードと言えますね。

モグワンドッグフードの公式ページへ行く