犬種別ドッグフードの選び方

ポメラニアンにあげたいドッグフードは?食べない時は?何回あげる?

ポメラニアン ドッグフード

ポメラニアンは今のようにペットブームが起こる前から愛玩犬として親しまれ、今も人気上位に位置している犬種です。とても元気でよく動き回るのが特徴です。

ポメラニアンを始めて飼う人は「元気だから何を食べさせても大丈夫じゃないの?」なんて考える人がいるかもしれませんが、ドッグフード選びはとても大切な要素です。ポメラニアンもかかりやすい病気がありますし、個体によって特徴があります。それぞれの特徴を見極めて、適切なドッグフードを選んであげましょう。

ポメラニアンのドッグフード選びで大切なのは、流涙症や膝蓋骨脱臼(パテラ)などかかりやすい病気を考慮してあげることと、ふわふわの毛並みを保ってあげることです。健康づくりに役立つ栄養素を含む、理想的なドッグフードを探してください。

ポメラニアンのドッグフード選び3つのポイント

1.グレインフリー・無添加のドッグフード

グレインフリー

ポメラニアンがかかりやすい病気の一つに『流涙症』という病気があります。専門家からも以下のように指摘されています。

流涙症・・・目の刺激によって涙が多く流れ、目の周りの被毛が変色するなどの症状がみられます。また、室内犬は肥満になりやすいので、日頃から飼い主が食事や運動をコントロールして、体重管理をしてください。普段と違う様子がみられたり元気がなかったりするときは、病院へ連れて行ってあげましょう。”

参照:松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

室内犬、特に目が大きな犬によくみられる病気です。こういった病気を防ぐために、犬が消化を苦手とする穀物が入っていない「グレインフリー」で無添加のドッグフードを選ぶことが大切です。流涙症は先天的な要因もありますが、安全なドッグフードで病気になる要素を防いでおくに越したことはありません。

また、グレインフリーにはアレルゲンとなる小麦やトウモロコシが含まれていないため、アレルギー性皮膚炎を防ぐ効果も見込めます。理想的なグレインフリーのフードが見つからない場合も、極力穀物を避け、サツマイモや大麦、ジャガイモと言った低アレルゲン穀物などを使用したドッグフードにしてあげてください。

ポメラニアンは体重管理も大切な犬ですが、ダイエット用フードや満腹サポートと書いてあるドッグフードは、理想的とは言えません。これらは低カロリーにするため穀物が含まれている可能性があるためです。ドッグフードを選ぶときは「無添加・グレインフリー」を基準としてください。

2.タンパク質が豊富に含まれている

チキン

ポメラニアンは小型犬ですがとても良く動き回り、活動量も少なくありません。そのため適度な筋肉と適正な体重が維持できるタンパク質豊富なドッグフードが理想です。

タンパク質が大切なのは犬も人間も同じです。動物性タンパク質が太りづらい体を作ってくれますから、良質なものをしっかり与えてあげましょう。原材料名にサーモンやラム肉、チキンなどが表記されているものがおすすめです。

ただし、何の肉か分からない「〇〇ミール」「肉類」と表記があるものは安全とは言えませんので避けましょう。原材料が不明なものを与えると、体調を崩したり嘔吐したりする場合があります。人工的に作られた肉は決して安全とは言えません。

最も理想的なのは「ヒューマングレード」と呼ばれるドッグフードです。人間でも食べられる品質なので、飼い主も安心して与えられます。

3.必須脂肪酸(オメガ3・オメガ6脂肪酸)が含まれている

オメガ3

ポメラニアンの魅力と言えば、ふわふわで美しい毛並みではないでしょうか。美しい毛並みと健康な皮膚作りには、「オメガ3 (α-リノレン酸)」と「オメガ6 (リノール酸)」が役立ちます。

これら2つの成分は人間の健康と美容にも欠かせない成分です。最近ではドッグフードにも含まれるようになり、DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸で犬の認知症予防も期待できるようになりました。

すべてのドッグフードに含まれる成分ではありませんので、購入する際は原材料名のチェックを。亜麻仁油やサーモンオイル、大豆油、フィッシュオイルなどが含まれているものが良いでしょう。

ドッグフードを食べない時はどうする?

メリハリのある食事習慣を!

ポメラニアン ドッグフード

ポメラニアンも他の小型犬と同様、突然ドッグフードを食べなくなる時があります。ドッグフードを食べなくなる理由はさまざまですが、体調不良を除けば、そのドッグフードに飽きてしまったか、気に入らないかのどちらかでしょう。

犬にも味の好みがあるので、同じドッグフードでも個体によって食べたり食べなかったりします。「このドッグフードなら必ず食べる!」という理想形はありません。

ドッグフードを食べなくなると飼い主にもストレスがたまるため「食べなさい!」と命令してドッグフードを出しっぱなしにしてしまいがちです。しかし、ダラダラ食べさせるのは体にも良くないですし、犬にもストレスを与えてしまいます。

できるだけ同じ時間にドッグフード与え、食べないそぶりを見せたら10分程度で下げる癖をつけてみましょう。「この時間にしか食べられない」「このドッグフードしかない!」と思わせることで食べないくせをつけずに済みます。

できれば子犬のころからこの習慣をしつけておくのがおすすめです。どんな時でも一定時間にドッグフードを食べてくれるようになれば、飼い主の負担やストレスもなくせます。

安易にドッグフードを変えるのはNG

食べないからと言ってドッグフードを変えてしまうと、味に飽きるたびに食べなくなってしまいます。安易にドッグフードを変えずに、まずは前述したように「しつけ」で食べる習慣をつけましょう。

ただし、ドッグフードを食べづらそうにしていたら、見直しが必要なこともあります。通常ポメラニアンの身体に合わせたフードは食べやすいように小粒になっていますが、「小型犬用」と書かれたものには少し粒が大きめなものや硬めのものもあります。

硬さや大きさがあっていないと食べなくなる時があるので、ドッグフードを変えてあげるのも一つの方法です。

また、小型犬や老犬は固いフードが食べられない時もあります。噛みづらそうにしていたらお湯でふやかしたものを与えてみましょう。

おやつを見直して運動をプラス!

ポメラニアン 運動

食べなくなる原因の一つに、おやつの与えすぎが考えられます。犬用のおやつだからと言って半生のおやつやジャーキーを大量に与えてしまったら、ドッグフードを食べなくなってしまうのです。

おやつが多いと感じたら、まずは量を減らしてみましょう。おやつの種類を変えてみるのもおすすめです。

半生タイプは犬が喜ぶおやつですが、ドライフードを食べなくなる原因にもなりえるので、与え方には注意が必要なおやつの一つです。歯磨きにもなる硬めのおやつ、ボーロタイプの乾いたおやつなどを選択肢に加えてみてください。

そしておやつを見直したら、運動をプラスしましょう。動くとお腹がすいて食べたくなる、という仕組みは人間と共通しています。しっかり動いてドッグフードの食いつきを良くしてあげるのも有効な方法です。

ポメラニアンのドッグフードの量は?

基本はドッグフードのパッケージ記載を参考に

ドッグフードの量

ドッグフードは子犬用・成犬用に分かれているものと「全ライフステージ用」と書かれた年齢に関係なく与えられるものがあります。与える量はそれぞれのドッグフードによって違うため、必ずパッケージに記載された量を守り、付属の計量カップできっちり測ってから与えてください。

「犬だから適当で良い」「子犬だからこれぐらいかな?」などという与え方はやめましょう。必要な栄養素やカロリーはしっかりと計算されています。与えすぎも少なすぎも体に影響しますから、まずは基本の計測量を守ってあげてください。

体重が増えたり減ったりした場合は、獣医と相談しながら与える量を調整します。特に老犬は食べられる量が減っていきますから、与える量にも注意が必要です。

必要なカロリー量から割りだす方法

「愛犬に手作りドッグフードをあげたい!」「ちょっと違うドッグフードをあげてみようかな?」そんな人には、カロリー計算からドッグフード量を決めるのがおすすめです。

ドッグフードはそれぞれカロリー量が違っているので、量の違いが不安になることもあります。そのためいつもと違うドッグフードを与える時は、念のためカロリー計算してあげると安心して与えられます。

1日に必要なカロリーは以下の計算式で計測できます。

1日に必要なカロリー計算

(ポメラニアンの体重×30+70)×指数=摂取キロカロリー/1日

指数

  • 子犬(生後4カ月まで) 3.0
  • 子犬(生後4か月~1歳まで) 2.0
  • 成犬(1歳~7歳まで) 去勢済み1.6・去勢なし1.8
  • 中年・高齢犬(7歳以上) 去勢済み1.2 去勢なし1.4

※肥満・ダイエット中の場合は去勢済み1.0~1.2、去勢なし1.4

例えば「体重4㎏のポメラニアンで5歳・去勢済み」の場合は

(5㎏×30+70)×1.6=352キロカロリー

つまり、1日当たり352キロカロリーが必要ということですね。

この計算式に加え、ドッグフードに記載されている100g当たりのカロリーで適正量を割り出します。

100g当たり200キロカロリーのドッグフードなら、1日に必要なドッグフードの量は176gが適正量、というわけです

この計算式は手作りフードにも役立ちます。材料のカロリーさえ把握しておけば、健康的な手作りフードを与えてあげることができ、エサのバリエーションを拡げられます。

ドッグフードを与える回数は?

ドッグフードに記載された量と適正回数を守っていれば、基本的に与える回数を気にする必要はありません。飼い犬が食べてくれない時や回数を調整したい場合は、以下の数値が目安になります。

3ヶ月(体重1.0kg)まで 約60~65g 1日3~4回に分けて
4ヶ月(体重1.2g) まで 約75~80g 1日3回に分けて
6ヶ月(体重1.5kg)まで 約85~90g 1日3回に分けて
6ヶ月~(体重1.5kg)以上 約75~80g 1日2~3回に分けて

1日の適正量を2回~4回に分けて与えるのが基本です。子犬と老犬はできるだけ少量を複数回に分けてあげましょう。体調や年齢によって食べる量が違っているので、飼い犬の特徴に合わせてあげることも大切です。

ポメラニアンにおすすめのドッグフード

では、具体的にポメラニアンにおすすめのドッグフードをご紹介します。ポメラニアンには以下の3つの条件が揃っているドッグフードが良いというのは先ほどお伝えした通りです。

  1. タンパク質が豊富に含まれている
  2. グレインフリー(穀物不使用)
  3. 必須脂肪酸が含まれている

これらの条件を満たすドッグフードは「モグワンドッグフード」です。

通常、これら3つの条件を満たすフードとなると、1キログラムあたり3,000円を越すことも珍しくありませんが、モグワンの場合は1,980円とお値段もお手頃です。

モグワンは、食いつきの良さがウリですので、いまあげているフードを食べなくなったという場合にもおすすめできます。

定期購入であれば、最大で20%割引が適用されますし、お届け周期や個数も自由。休止解約もいつでもできますので、ぜひ試してみてください。

\ 公式サイト限定!最大20%割引 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る