あのドッグフードを評価!

オリジンドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

オリジンドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています

ここで記述したオリジンドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

オリジンドッグフードとは?評価は?

オリジンドッグフードはカナダ生まれのドッグフードです。地元産の原材料を使用すること、生産者が明確な材料を使用することを大切にしていて、品質管理も徹底されています。自社工場で生産しているというのもこだわりを感じる部分です。

オリジンドッグフード

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量まで豊富! /

オリジンドッグフードの公式サイトを見る

総合評価
価格・内容量 4,800円・2キログラム(オリジンオリジナル成犬用・楽天参照)
コスパ 〇(1キログラムあたり2,400円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー

人工的なモノは一切なく、ヒューマングレードの原材料使用、そしてグレインフリーというパーフェクトなフードの一つです。そして3,000円以下で手に入るのがうれしいところ。他のフードに比べて高く感じるかもしれませんが、これだけのグレードで安全なフードですから、十分納得の範囲内です。

では、オリジンドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

オリジンドッグフードの品質は?

地元産のヒューマングレードの原材料を使用!

オリジンで使われている原材料は、すべてヒューマングレードです。公式ホームページには以下のような記述があります。

私たちの新鮮な肉は、人間用食材として認定を受けており、通常3日以内に農場からキッチンまで搬送された後、2日以内にオリジンフードに使われます。

出典:公式サイト

人間用=ヒューマングレードであることはもちろん地元の農場で育てられた原材料を使用しており、生産者も把握しています。また、原材料はすべて“新鮮(保存料を使わず冷蔵)または生(保存料を使わず急速冷凍)したもの”に限られていて、鮮度も抜群です。確かな品質のものだけを使用する、という姿勢が伝わってくる部分です。

そして動物性タンパク質の割合はすべてのラインナップで80%~85%と、かなり高めです。自然の食事を再現するために、すべてのラインナップでこのパーセンテージに定められています。肉食の犬にとっては理想的な割合ですし、健康な体はもちろん皮膚や毛づやにも良い影響がありそうです。

グレインフリーなので穀物の心配なし!

オリジンはグレインフリーのドッグフードです。コンセプトの中に『生物学的に適正なフード』という考え方があり、「肉類80%:フルーツと野菜20%:穀物0%」という比率で作られています。一部のフードは少し割合が違いますが、穀物はすべてのラインナップでゼロです。

オリジンがグレインフリーを採用したのは、犬が食べる本来の食事に近いものにするためです。もともと肉食の犬の体に合わせて穀物を使用しないフードにした、ということですね。確かな品質の肉とハーブ、フルーツ類のみで形成されているので、飼い主も安心できます。

人工的な保存料、着色料など一切なし

オリジンのフードには人工的な保存料や酸化防止剤、着色料などは一切使用されていません。原材料名を見ると「新鮮丸ごとカボチャ」「丸ごとグリーンピース」など、分かりやすい原材料がずらりと並んでいて、危険なものは一切ありませんでした。酸化防止剤として利用されているのもミックストコフェロール(天然酸化防止剤)のみです。

そして、公式ホームページには以下の記述がありました。

オリジンのドッグフードには、合成物質の長いリストがありません。新鮮な家禽肉や臓器、軟骨、プラス丸ごと魚と全卵が栄養のある比率で詰め込まれたオリジンは、あなたの犬の成長に必要なほとんど全ての自然の栄養源となります。

新鮮なナチュラル素材の栄養だけでフードを作っていく、という意思が明確に記されています。本当に安全なものだけを使用したいオリジンの思いが伝わってくるのではないでしょうか。

自社工場で作るというこだわり

オリジンが作られているのは、製造元であるチャンピオンペットフードが所有している自社工場です。

他社のフードは作らず、製造しているのは自社ブランドであるオリジンとアカナのみ。そのため目が行き届きやすく品質管理もしっかりしています。

あわせて読みたい
アカナドッグフードの評価
アカナドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?カナダ原産の「アカナドッグフード」について、原材料の内容や品質、価格について解説しています。日本ではそれほど認知度が高くないものの、その品質は確かなもの。ドッグフード選びに迷っている人、食いつき改善用を探している人には、ぜひ試してほしいフードの一つです。...

ドッグフード業者には製造を委託する会社も多い中、品質管理のために自社工場を作るという徹底ぶりはスゴイです。安全なドッグフードを作りたい!という思いは製造過程からも十分感じられますね。

これらの要素から判断して、オリジンは品質が高く安心して与えられるフードといってよいでしょう。人間の食品を扱うぐらいの配慮が行き届いていて、申し分ないと思います。

オリジンドッグフードのデメリットは?

粗タンパク質が高すぎる?

オリジンは粗タンパク質が38%と高めです。前述した通りとても高い品質のドッグフードですが、粗タンパク質の高さはライフステージによっては負担となるかもしれません。老犬や病気があるワンコはオリジンの内容を獣医に見せて、食べさせて良いかどうか判断してもらってください

とはいえ、子犬から成犬、10歳以上の老犬まで、ほとんどの場合で粗タンパク質は高いほうが良いです。大切なのはカロリーや給与量をまもり、適正な量を与えてあげること。飼い犬の体重や体調を確認し、適正量を与えていれば問題ありません。

オリジンドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、楽天で販売されている価格「オリジンオリジナル成犬用 4,800円」で算出していきます。

体重2kgの犬の場合

1日の給与量 28g~38g ですから、

38g×30日=1.14kg となり、

2kgのオリジンドッグフードが1袋(0.57袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

オリジンドッグフード1袋4,800円×0.57=2,736円

体重5kgの犬の場合

1日の給与量 58g~86g ですから、

86g×30日=2.58kg となり、

2kgのオリジンドッグフードが1袋強(1.29袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

オリジンドッグフード1袋4,800円×1.29=6,192円

体重10kgの犬の場合

1日の給与量 86g~152g ですから、

152g×30日=2.58kg となり、

2kgのオリジンドッグフードが1袋強(2.28袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

オリジンドッグフード1袋4,800円×2.28=10,944円

体重20kgの犬の場合

1日の給与量 171g~257g ですから、

257g×30日=7.71kg となり、

2kgのオリジンドッグフードが4袋弱(3.86袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

オリジンドッグフード1袋4,800円×3.86=18,528円

※給与量の最大値で計算

価格は高めですが、給与量がそれほど多くないので、驚くほどの金額にはなっていません。質が高いのでこれぐらいの価格になるのは当然かな、という気がしますね。家計によってはこのフードを使えない人もいると思いますが、決して無理のある金額ではありません。これぐらいのグレードのものを普段のフードにしていれば、ストレスなく与えられそうな気がします。

オリジンドッグフード

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量まで豊富! /

オリジンドッグフードの公式サイトを見る

すべてを考慮してオリジンドッグフードを評価すると?

品質も価格も〇!良質なドッグフード

オリジンはヒューマングレード・グレインフリーで品質が高く、誰にでもおすすめしたいドッグフードです。同社のアカナドッグフードもそうでしたが、原材料の選定といい、品質管理体制といい、とてもしっかりとしています。飼い主ならこれぐらいのグレードのものを選びたいと、誰もが思うのではないでしょうか。

唯一、価格の高さがネックですが、小型犬で給与量が少なめならそれほど金額は高くありません。なによりも品質と価格のバランスがとれているので、割高感がないと思います。「この内容なら納得!」と言える価格なので、ストレスがないでしょう。

子犬から老犬用までラインナップがあるので、それぞれのライフステージに合わせて与えられます。パーフェクトなフードを求める方はぜひ、オリジンを試してみてください。食いつき改善用としても併用フードとしても使い勝手が良いです。

オリジンをおすすめできないのはこんな人!

オリジンをおすすめでいない人
  • 質より価格が安いことが大切な人

質より量が大切な人や、コストを気にする人はこの価格がデメリットと感じられるでしょうから、他のもののほうが良いでしょう。多頭飼いでドッグフードの消費量が多い人も負担になるかもしれませんね。オリジンは11.3キロという大型パッケージがあり小型パッケージより割安ですが、それでも通常価格22,680円です。その価格が高いと感じる人は他のフードのほうがストレスが少ないと思います。

オリジンはこんな人におすすめ!

オリジンをおすすめしたい人
  • 良質で価格とのバランスが良いフードを探している人
  • 食いつきの悪さに悩んでいる人
  • 動物性タンパク質が多いものを探している人

オリジンは品質と価格のバランスが良いうえに、その内容もほぼパーフェクトなフードです。誰にでもおすすめできる良質なフードですので、メインフードでも食いつき改善用でも、自由に使ってください。ドッグフード選びに迷っているなら、ぜひ検討材料の一つに加えてください。

オリジンドッグフード

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量まで豊富! /

オリジンドッグフードの公式サイトを見る

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る