ドッグフードの選び方

オーガニックドッグフードは体にいいの?詳しい内容は?価格はどれぐらい?

オーガニックドッグフードは体にいいの?詳しい内容は?価格はどれぐらい?

最近ふえてきた「オーガニックフード」って?

「オーガニック」という言葉は、世の中に定着しているワードのひとつといってよいでしょう。加工食品でも農作物でもオーガニックは安全の証として認識されており、その需要も高まっているように思えます。そのせいか、最近はドッグフードの中にもオーガニックを名乗るフードが増えてきました。

しかし、世間ではほとんどの人が「オーガニック=ナチュラルで安全なもの・体によさそうなもの」といった認識しかしておらず、正しい定義を知りません。そのため、「オーガニックと書いてあるから大丈夫」とばかりに無意識に選んでいる人も少なくないはずです。

確かにオーガニックは安全の証であり、人間にも犬にも良い食べ物であることは間違いありません。ただ、ドッグフードに関しては少し注意が必要なワードでもあります。正しい知識と飼い主による内容チェックは欠かせないのです。

この記事ではオーガニックドッグフードについて詳しく解説しています。もし検討しているなら、本当のオーガニックの意味をしっかり認識してから選んでくださいね。

オーガニックについて知っておこう!

オーガニックの正しい定義

まずはオーガニックの正しい定義を知っておきましょう。オーガニックの定義は国によって違っていますが、おおむね以下のような項目が定められています。

<家畜の場合>

  • エサは100%オーガニック飼料を使用する
  • 抗生物質や成長促進剤、ホルモンの投与は禁止
  • 野外への放牧でストレスのない環境で育てる

<農作物の場合>

  • 過去3年間、化学肥料や農薬を使用していない畑で作られている
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

これらの項目をクリアした畜産物・農作物だけがオーガニックを名乗れるのです。基準は決して低くなく、オーガニック認証を得るのは簡単ではありません。化学肥料や薬を使わずに農作物、畜産物を管理するのがどれだけ大変かが分かります。

そして勘違いしないようにしておきたいのは、オーガニック=無添加ではないということです。無添加は添加物が混ざっていないことを指し、オーガニックとは意味が違います。

ドッグフードの中には「無添加でオーガニックなフード」という表現を使用しているものもありますが、それはオーガニック認証を受けた、という意味ではありません。この表現に惑わされないことはとても大切なので、頭に置いておきましょう。

国産のドッグフードはオーガニック認証されない!

そして最も大切なポイントは、日本国内ではドッグフードがオーガニック認証の対象になっていないことです。ドッグフードは雑貨扱いであり、オーガニック認証を受けられるのは人間が食べるもののみ。食品加工品や畜産物、農産物対応なので「国産ドッグフードでオーガニック認証を受けているもの」はあり得ないのです。(※1)

※1 食料産業局食品製造課基準認証室 代表:03-3502-8111(内線4481)にて電話確認済み

もし国産ドッグフードで「オーガニックドッグフード」と名乗っていたら、それはフード会社が自己判断で記載しているということです。認証を受けたわけではないので、そこは勘違いしないようにしておきましょう。(※2)

※2 ただし、海外から輸入したものに日本の「有機JAS規格」を適用することはあり

ドッグフードに関する基準は海外のほうが厳しいといっても過言ではありません。オーガニックにこだわるなら、海外産のドッグフードを選んだほうが確実です。

参考:http://www.organiclife-web.com/about/column07.html

オーガニックフードは犬にどんな影響があるの?

原材料の安全性レベルが桁違い!

元気に走る犬

オーガニックドッグフードの何がよいのかといえば、とにかく原材料が安全であること。これに尽きると思います。上記で記したような厳しいルールで生産された畜産物・農作物を使っているわけですから、安全性は確かなものです。普通のドッグフードも安全なものは多数ありますが、オーガニックの安全性はレベルが違っているといってもよいぐらいです。

すべての原材料がオーガニックではなくても「オーガニックドッグフード」と名乗る場合もありますが、だからといって安全性レベルが大きく下がるというわけではありません。

例えば、オランダ産の「ヤラー」は一部オーガニック認証を受けていない原材料を使用しており、販売ページにも「オーガニック認証% 98%」とありますが、オーガニックドッグフードと名乗っています。認証を受けていないのは酸化防止用のビタミンやミネラル類だけですから、名乗っていても違和感はありません。

オーガニックドッグフードは、原材料選びから製造方法までかなり気を配ってあるフードが多いので、安全性を求める人には最適なフードといってよいでしょう

オーガニックフードを選ぶときのポイント

オーガニック以外の要素もしっかりチェック!

オーガニックドッグフードを選ぶときは、その他の要素のどこを重視するのかをはっきりさせておきましょう。前述したようにオーガニックは安全性に関する認証であり、ドッグフードの内容を表すものではありません。オーガニック=無添加とは限らないので、どこを重要視するかをはっきりさせておくのも大切です。

オーガニック以外の重要視したい要素の例
  • 原材料はヒューマングレードがいい!
  • アレルギーが心配だからグレインフリーも大切!
  • できるだけ人工的なものを含まない、無添加のものを選びたい

などなど、その他の押さえたいポイントをはっきりさせることで選びやすくなります。特に無添加はオーガニックと混同しがちな部分なので要注意です。必ず原材料をチェックし自分の基準をクリアしたものを選んでください。

オーガニックドッグフードを比較してみると?

国内で販売されている有名なオーガニックドッグフードの内容と価格を比較してみましょう。購入の際の大まかな目安になります。

Plaiaden(プレイアーデン / ドイツ)

グレインフリー 穀物の使用あり
内容量 1キログラム・2,592円
1キログラムあたり価格 2,592円

YARRAH(ヤラー / オランダ)

グレインフリー 穀物の使用あり
内容量 2キログラム・5,184円
1キログラムあたり価格 2,592円
ヤラードッグフードの評価
ヤラードッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?オーガニックな原材料だけを使用しているドッグフード「ヤラードッグフード」をご紹介します。ヤラーはオランダ・スウェーデン・ノルウェーの3か国でオーガニック認証を受けた、質の高いフードの一つ。その詳しい内容物や価格と品質のバランスについて、徹底的に検証しています。...

SOLVIDA(ソルビダ / アメリカ)

グレインフリー 穀物の使用あり
内容量 1.8キログラム・3,500円
1キログラムあたり価格 1,944円
ソルビダドッグフードの評価
ソルビダドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?オーガニック原料使用のドッグフード「ソルビダドッグフード」をご紹介します。内容物や品質は?価格とのバランスは?などなど、飼い主が気になるポイントに焦点を当てて解説していますので、ソルビダドッグフードが気になっている人はぜひ参考にしてください。...

Terra-Pura(テラプラ / ドイツ)

グレインフリー 穀物の使用なし
内容量 1.キログラム・6,280円
1キログラムあたり価格 3,925円

※成犬用タイプで比較

やはりオーガニックドッグフードは総じて価格が高めです。価格がネックになって選ばない人も多いのではないでしょうか。原材料の育成・栽培に非常に手間がかかるので材料費が高くなり、自然とフード代も高くなるのです。そのため、穀物使用タイプでもそれほどお得な価格ではありません。

オーガニックドッグフードのネックは価格ですので、あらかじめ予算をしっかり決めておくことも大切ですね。予算が決まったらフードごとに1か月分のフード代を算出してみましょう。犬が食べる量にもよりますが、おおよそのフード代が分かるので検討しやすくなります。

オーガニックフードはどんなワンコにおすすめ?

年齢・犬種問わずどんなワンコでも大丈夫!

オーガニックはどんなワンコにも与えられるフードです。安全性はもちろん、ひとつひとつの原材料にしっかり向き合い、厳選してあるフードが多いので飼い主も安心して与えられます。価格が高い分だけ安全性が高いと考えておいてもよいでしょう。

ただ、オーガニックのフードはなぜか穀物使用のものが多く、オーガニック&グレインフリーを探すのは容易ではありません。そしてグレインフリーになるとさらに価格が高くなるというデメリットもあります。普段使いにするのはハードルが高いので、大切にしたい要素と妥協点をしっかり決めてから選んでください。

オーガニックドッグフードまとめ

まとめ
  • 国産ドッグフードはオーガニック認証の対象外(ドッグフードは食品ではなく雑貨扱い)
  • 国産ドッグフードでオーガニックという表現が使ってあるのはフード会社の自己判断
  • オーガニック=無添加ではない
  • オーガニックドッグフードはどれも高めの価格設定
  • オーガニックドッグフードを選ぶなら海外産ドッグフードから選ぶのが確実
  • オーガニック以外の要素もしっかり検討しておく

ひとくちに「オーガニック」といっても、その定義や内容を知ると印象が変わるのではないでしょうか。なにより、日本ではドッグフードがオーガニック認証の対象外であることを知っておかなくてはいけません。パッケージに「オーガニックな原材料使用!」と書いてあっても、それはほんの一部の原材料だけ、という可能性も大いにあります。

「オーガニックだから安心!」と思うのではなく知識を身につけ、きちんとチェックしてから選ぶこと。これが正しい選び方です。ワンコの健康を守るために、ぜひこの記事に書いた知識を役立ててくださいね。

当サイトがレビューしたオーガニックドッグフード

ヤラードッグフードの評価
ヤラードッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?オーガニックな原材料だけを使用しているドッグフード「ヤラードッグフード」をご紹介します。ヤラーはオランダ・スウェーデン・ノルウェーの3か国でオーガニック認証を受けた、質の高いフードの一つ。その詳しい内容物や価格と品質のバランスについて、徹底的に検証しています。...
ソルビダドッグフードの評価
ソルビダドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?オーガニック原料使用のドッグフード「ソルビダドッグフード」をご紹介します。内容物や品質は?価格とのバランスは?などなど、飼い主が気になるポイントに焦点を当てて解説していますので、ソルビダドッグフードが気になっている人はぜひ参考にしてください。...
ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る