ドッグフードの選び方

犬の肥満、ドッグフードのせい?肥満解消に役立つドッグフードの選び方は?

犬の肥満、どうやって解消する?

自宅にいるワンコは、適正体重を守れていますか?犬は意外と太りやすい動物です。普段のフードの食べすぎはもちろん、去勢手術をした場合も太りやすくなり、適正体重を保てなくなる時があるのです。

ちょっとぽっちゃりしている姿はとてもかわいいのですが、やはり健康を考えると肥満はよくありません。犬も一匹ずつ体質が違うので、飼い主が体に合わせて食べ物を調整してあげるのが大切です。犬の肥満を防ぐのは運動量ではなく食べ物ですから、適正体重を超えてしまったら、食べ物を見直してあげましょう。

しかし、ドッグフードの味や香りに神経質なワンコの場合、フードの切り替えは飼い主にとってストレスです。大好きなおやつを全くあげないのもかわいそうな気がします。

そんな方こそ、この記事を参考にしてください。この記事では、ドッグフードを切り替える時の注意点やフードを切り替えないダイエット方法まで解説しています。ワンコの肥満に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

犬が肥満になる原因

ドッグフードとおやつの食べさせすぎ

おやつを我慢する犬

まず、飼い犬の肥満の原因を特定していきましょう。犬の肥満で多い原因は、食べる量が多いことです。普通のフードに加えて、おやつや人間の食べ物をたくさん与えていないでしょうか。総合栄養食で必要なカロリーを摂取したうえにおやつを与えると、当然その分だけカロリーが多くなってしまいます。

ドッグフードの量が多い、成犬なのに子犬用を食べさせている、手作りのトッピングをかけすぎている、おやつを与えすぎているなど、とにかく食べすぎているワンコはとても多いです。人間にとっては「ほんのちょっと」の量でも、犬にとってはかなりの量になることもよくあります。ドッグフードやおやつが適正な量で収まっているかどうか、一度見直してみましょう。

去勢していて太りやすい

犬は去勢後、とても太りやすくなります。わが家の犬(ミニチュアシュナウザー・♂)もそうですが、去勢した後はとても食欲旺盛になり、普通のドッグフードを食べさせると太ってしまいました。獣医やペットショップの人からアドバイスされ、去勢後用のドッグフードに切り替えたという経緯があります。

もし飼い犬が去勢を受けているなら、ドッグフードの見直しが必要です。去勢前のものをそのまま与えていると、かなりの確率で肥満になってしまいます。去勢後は体質食欲も変わってくるので、飼い主が上手にコントロールしてあげてください。

犬の「運動不足」は肥満の原因?

散歩する犬

人間の肥満の原因には「運動不足」がありますが、犬にとって運動不足は肥満の直接的な原因にはなりません。特に散歩が必須ではない小型犬の場合、散歩していなくても痩せているワンコはいます。散歩はどの犬も大好きですが、必ずしも必須ではないのです。

犬は運動量を増やすよりも、食べ物を調整したほうがダイエット効果は上がります。肥満だからと言って無理やり散歩するのではなく、まずは食べ物の種類と総カロリーを見直してあげてください。散歩は気分転換の意味合いも強いので、飼い主がストレスにならない程度に連れていってあげる程度で大丈夫です。

肥満解消に良いドッグフードの選び方

「ダイエット用」「去勢用」「体重維持用」などを選ぶ

ドッグフードの見直しをする時、最も大切なのはダイエットに適したドッグフードを選ぶことです。「ダイエット用」「去勢用」「体重維持用」など、明記してあるものの中から選んでください。肥満に対応したドッグフードなのでカロリーが低めで、規定量だけ与えていればダイエット効果が見込めます。

去勢した場合は、いま太っていなくても去勢用に切り替えたほうが良いでしょう。体重維持に役立ちますし、去勢後の肥満を防ぐことにつなげられます。わが家の犬も去勢後、少し肥満体になり、去勢用にすることで元に戻すことができました。やはり、フードの種類はとても大切ですね。

高タンパク・低カロリー

チキン

ちょっとだけ太り気味だったり、今の体重を維持したりしたい場合は、高タンパク・低カロリーを意識するだけでも肥満を防げます。最近は良質なタンパク質が多く含まれるフードを求める飼い主が増え、それにこたえるようにして「高タンパク・低カロリー」をウリにするドッグフードが増えました。飼い主が選びやすい環境になったといえます。

「高タンパク低カロリー」は人間でも健康・美容分野でよく言われる言葉です。タンパク質の摂取が体重維持やダイエットにとても大切であることが分かります。筋肉の維持や増量にも必要な栄養素なので、ドッグフード選びでも意識してみてください。

穀物の割合に注意!!

肥満解消用のドッグフードを選ぶときは、穀物の使用料に注意してください。ドッグフードの中には低カロリーにするために、米や小麦、トウモロコシといった穀物を利用している場合があります。穀物は犬が消化を苦手とするものなので、あまり多く使われているのは望ましくありません。

できれば、動物性タンパク質と野菜、ハーブなどを利用したものが理想的です。野菜は必ずしも必須の栄養素ではありませんが、動物性タンパク質だけではドッグフードは作れません。ビタミンやその他の栄養素をプラスするために、野菜やハーブを利用したものが販売されていますので、ぜひドッグフードの「原材料名」をチェックしてみてください。

理想的なダイエットフードが見つからない…そんな時は?

「穀物不使用だけどダイエット用じゃない」「ダイエット用だけど添加物が多いかも」などなど、理想のドッグフードが見つからない時もあると思います。食いつきが良いドッグフードを変えたくない飼い主もいるでしょう。

そんな時は無理にダイエット用を使わずに、良質なタンパク質を利用したドッグフードを、量を調整しながら与えるのも一つの手です。急に量を少なくするとストレスをためるかもしれませんので手作りトッピングでかさまししてみるとよいでしょう。

手作りのトッピングはカロリー計算さえできていれば、肥満の原因にはなりません。水分が多く犬が喜ぶ味付けになるので、食いつき改善にも大いに役立ってくれます。ささ身やサツマイモ、カボチャ、トマトなど、犬に与えられる野菜を選び、ゆでてフードにませてあげてください。いまは検索すると非常に多くのレシピがありますので、肥満解消に役立つ手作り食も簡単に作ることができます。

ドッグフード選びや肥満解消で困ったら?

おやつは総量を減らして回数を多く!

肥満解消のためにはおやつをやめるのも一つの方法です。おやつはストレス解消でもあり、飼い主とのコミュニケーションでもあるので無理にやめる必要はありませんが、おやつの量が多いなら、極限まで少なくしてみましょう。最初はいつもの量だけ欲しがるかもしれませんが、慣れてくると少量のおやつに慣れてきます。

また、おやつは一度にたくさん与えるのではなく、回数を増やすほうがおすすめです。1つのジャーキーを数回に分けて与える、小さなボーロを1つずつ数回あげるなど、1日数回あげてみましょう。おやつの総量を減らしても、回数を増やすとストレスをためずに済みます。

ドッグフード選びや肥満解消で悩んだら獣医に相談を

獣医に相談

食べすぎてお腹が出すぎていたり、動くのが難しくなったり、肥満の度合いが高い場合は、飼い主の食事調整だけでは難しいかもしれません。そんな時はかかりつけの獣医に相談してみましょう。また、フードに神経質で肥満解消用フードが選びづらい場合も同様に、専門家の意見が役立ちます。

犬の個性は本当に千差万別で、一匹ずつ体質も性格も全く違っています。フードに対する感覚や食いつき、食欲も全く違うので、他のワンコと同じようにできないこともよくあるのです。思うようにダイエットが進まなくてもイライラせずに、ぜひ専門家に相談してください。

また、その犬を購入したペットショップの人と仲良くなるといろいろと教えてくれます。ペットショップの人は基本的に犬や猫に詳しく、フードのこともよく知っています。信頼できる人に相談するのも一つの手段ですので、ぜひ相談してみてくださいね。

わが家で実践したダイエット法

まずはドッグフードを変更、量を調節

うちの犬(ミニチュアシュナウザー・♂)は、去勢後の体重管理のためにフードを変更しています。フードを変更する時はペットショップの人に相談し、価格が高すぎず原材料が安全なものを選んでもらいました。それまで食べていたものと少しずつ混ぜ、ちょっとずつ変更した記憶があります。

うちの犬はなんでも食べる犬で、ドッグフードを変更してもストレスをためることはありませんでした。ドライフードだけでも食いつきがとても良いので、その点では全く苦労がなく、助かっています。その後、太りやすい体質ではあるものの、適正体重より少し多いぐらいを保っています。

うちの犬はもともと骨格が大きく、他のミニチュアシュナウザーに比べると体が一回り大きめです。そのためペットショップの方にも獣医さんにも「この体重なら適正範囲」と言われています。骨格によっても適正体重は多少変わってくるようです。「この犬種の成犬は〇キロ」といった額面の理想体重だけにとらわれる必要はなく、その子に合わせた体重になっていれば問題ない、ということですね。

犬の肥満解消でやるべきことは?

  • まずはフードの見直しを。ダイエット用を探してみよう
  • ダイエット用が見つからない場合は理想のフードを少なめに与える
  • 運動は二の次で良いが、可能なら適度な運動をプラス

犬の肥満解消は、一にも二にも食べ物の改善です。運動はそのあとでも十分ですから、無理に散歩に連れ出すのではなく、まず食べ物を見直してみましょう。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る