ドッグフードの選び方

ドッグフードの食いつき改善、どうすればいい?理想のフード選びの方法は?

ドッグフードの食いつき改善

ドッグフードの食いつきの悪さ、何とかしたい!

「ドッグフードを食べない!」この悩みは、犬を飼う人の永遠の悩みと言ってもよいでしょう。ドッグフードの中でも多くの飼い主が利用しているドライタイプのフードは、食いつきに大きな差があります。食べない理由がはっきりわからず、改善方法が見つかりづらいのも悩みを深くさせる原因です。

わが家の例をあげると、以前飼っていたヨークシャーテリアとシーズーは、ドライフードが嫌いな子でした。人間の食べ物を少し与えたことで味を占めてしまい、ドライフードを食べなくなった、という典型的な「フード嫌い」でした。

逆に、いま飼っているミニチュアシュナウザーは、人間の食べ物の味を知った後も、ドライフードを勢いよく食べています。「ドッグフードを食べない」という壁に当たったことは一度もありません。食べるも食べないもワンコ次第で、性格によって大きく差があるということです。

ドライフードを食べないワンコには、ドッグフードを変更する前に今できる対処としつけ方法の見直しから試してみましょう。「フードジプシー=ドッグフードを何度も変えてしまう」という状態にならないように、ワンコの性格をつかみながら対処していってください。

ドッグフードを食べない原因と対処法

ドッグフードを食べない原因は?

ドッグフードを食べない

まずはドッグフードを食べない原因をしっかり突き止めましょう。ドッグフードを食べない原因として考えられるのは以下のような理由です。

ドッグフードを食べない主な原因
  • 体調不良
  • ストレス
  • おやつの与えすぎ
  • 季節による食欲低下
  • ドッグフードが気に入らない

この中で最も多いのは「ドッグフードが気に入らない」ではないでしょうか。わが家の例のように人間の食べ物に味を占めて、ドッグフードを食べなくなったという理由も良く聞きます。他に美味しいものがあるのに、ドッグフードなんて食べたくない!というのがワンコの本音のようです。

もちろん体調不良やストレスで食べない子とも考えられるので、いままで食べていたのに急に食べなくなった場合は少し注意して観察しましょう。場合によっては獣医に聞いてみる必要もあります。しかし、体調が悪くないのに食べないなら、ドッグフードが気に入らないのが大きな理由と考えて間違いないでしょう。

おやつや人間の食べ物に味を占めた場合は、ドッグフードを変えても食べてくれません。ドライフードそのものを嫌っているので、フード変更は根本的な解決にならないのです。

フードを変える前に、まずはしつけの見直しから

犬のしつけ

では、どうすればドライフードを食べるようにできるかというと、それはしつけの見直しがポイントです。ドッグフード以外のご飯はないということをもう一度覚えさせ、要求しても他のものは与えないという姿勢を見せていきましょう。

具体的な方法は以下の3つだけです。

ドライフードを食べるようにするためのしつけ
  1. 食事はドッグフード(ドライフード)だけ。おやつも人間のものも与えない
  2. 一定の時間だけフードを与え、食べない時は下げる
  3. 他のものを食べたい、という犬の要求に応えない

これを繰り返すことでご飯=ドライフードという感覚になり、しぶしぶながらフードを食べるようになっていきます。この3つの中で一番難しいのが、吠えるワンコの要求に応えないというところ。激しく吠えられると心が折れそうになりますし、大きな声はご近所のことも気になります。

しかし、ここが我慢のしどころです。どんなにフードを食べなくても、違うものを要求されても、同じ時間にドッグフードを与え、食べなかったら下げる。それだけを淡々と繰り返してください。人間の食事中に「ちょうだい!」と吠えるワンコは、ハウスに入れておとなしくするくせ付けもしておきましょう。あきらめて食べるようになるまでは、おやつも控えてください。

少しかわいそうな気がしてしまうと思いますが、ここで折れるとしつけはできません。しつけは少なくとも数週間はかかると思いますので、根気よく続けてください。

どうしてもドッグフードを変えたい時は?

香りやメインの食材が違うものを選ぶ

ドッグフードの香り

前述したしつけを完了した後も、なんとなく食いつきが悪かったり、喜んでいる様子じゃなかったり…そんな姿が気になることもあります。そんな時はドッグフードの変更も視野に入れてみましょう。ワンコにも味や香りの好みはありますから、できるだけ食べやすいものを用意してあげるのも大切です。

ドッグフードを変更する時は、メインの食材が違うものや、香りがよいものを選ぶのがおすすめです。チキンがメインならターキーにしてみたり、香りが特徴的なものを試してみたり、とにかく今までとは違うものを与えてみてください。可能なら試供品を集めてテストしてみるのも良いでしょう。繰り返すうちにワンコの好みが分かってきます。

嫌いなものは反応が悪いので、試供品の少ない量でもある程度は好みが分かります。美味しそうに食べているかどうかが見分けるポイントです。何度与えても食いつきが良いフードが理想的ですね。

穀物を避けて野菜やフルーツ仕様のフードに

質の良いドッグフードの条件の一つに「グレインフリー」があります。グレインフリーとは消化が苦手な穀物を使用していないフードのこと。最近はグレインフリーが多くなり、犬が喜ぶ食材を利用したものが多くなってきました。

グレインフリーのドッグフードの中には、原材料として野菜やフルーツ、ハーブなどが利用された、食いつきの良さがウリのドッグフードがたくさんあります。そういったドッグフードを試してみるのもおすすめの方法です。

粒の大きさや食感が違うものを試してみる

ドッグフードの粒

意外と見落としがちな条件の一つが「粒」です。ドッグフードには柔らかいもの・粒が大きいもの・小さいものといろいろあり、食感にも犬の好みがあります。小型犬の場合は特に粒の大きさが重要ですし、ヨークシャーテリアやチワワといった口が小さなワンコは、超小粒のドッグフードじゃないと食べづらいかもしれません

四角い粒のものを食べない場合はドーナツ形や丸粒を試すなど、今までとは違う粒の形にしてみるのも有効な手段です。「ドッグフードの食感なんていっしょでは?」と硬く考えずに!犬にも食べやすさ・食べにくさがあることを意識して選んであげてください。

どうしてもドライフードを受け付けない時は?

ドライフードに水分の多いトッピングを合わせる

ウェットタイプのドッグフード

しつけをしてもドッグフードを変えてみても、イマイチ食いつきが改善しないし、食べないこともある…そんな食べ物に神経質なワンコは、ドライフード+αで対応してあげましょう。水分の多いものをトッピングしてあげると、ぐっと食いつきが変わってきます。

最も簡単なのは、ウェットタイプのドッグフードをプラスしてあげることです。ドライフードを少し減らしてウェットタイプを合わせるだけですから、飼い主の負担も最小限で済みます。ウェットタイプは本当に食いつきが良いので、少量をまぜこむような感じで試してみてください。

また、最近は生肉を上げることもできるようになりました。犬用の鹿肉・馬肉のトッピングが通販で購入できますから、動物性タンパク質をプラスしたい人にもおすすめです。

手作りした犬用の食事を混ぜる

手作り食が負担にならないなら、ゆでたささ身やサツマイモ、カボチャ、その他の野菜などをトッピングしてあげるのもよいでしょう。手作り食はカロリー計算や食材の調理に手間がかかりますが、ドライフードと合わせると、とても良く食べてくれます。犬が喜ぶ食材を利用できるのがメリットです。

上記にあげたもの以外でも、トマトやキュウリ、スイカなど水分が多いもの、食感が好きなものを試してみてください。ただし、大量にあげるとそればかり食べてしまいますので、トッピングはあくまでも少量に。消化の悪いものを避け、ドライフードとよく混ぜて与えてください。

ウェットタイプや手作り食がプラスされたものを食べると、ドライフードだけの食事を食べなくなることもあります。トッピング類はどうしても食べない時の対処法として考えておいてください。

ドッグフードを食べない時の対処法

この記事で覚えておきたいこと
  • まずはしつけの見直し!ドッグフードと水だけ、時間を決めた食事に
  • ドッグフードを変える時は今と違う食感・香りのものを試してみる
  • さらに食いつき改善したいならトッピングで対応

ドッグフードの食いつき改善は、ワンコ好きにとって頭の痛い悩みの一つです。簡単にフードを変えると「フードジプシー」になってしまうので、まずはしつけの見直しからはじめてみましょう。それでも食いつきが気になるなら、ドッグフードの見直しを。食べやすいウェットタイプや手作り食も試してみてくださいね。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る