ドッグフードの選び方

犬に与えてもよい食べ物・与えてはいけない食べ物は?食べてしまったときの対処は?

犬に与えてもよい食べ物・与えてはいけない食べ物

犬と一緒に暮らすことになったら、「ワンコの食べ物はなにがいいんだろう?」と必ず悩むものです。かわいい飼い犬の健康を守るためには、どんな食べ物がベストなのでしょうか。

犬にベストな食べ物、それは「ドッグフード」です。最近は犬に必要なタンパク質たっぷりなドッグフードが数多く市販されていて、その質も向上してきました。体調を整えるためにベストなのは栄養バランスに優れた、犬の食いつきが良いドッグフードだけなのです。

しかし、犬と一緒に生活していると人間の食べ物を欲しがる場面に必ず遭遇します。大型犬はテーブルの上に置いたものを食べてしまったり、小型犬は床に落ちたものを拾い食いしてしまったり。人間の目が届かないところでうっかり食べてしまうこともあるはずです。

人間の食べ物は、すべてあたえてはいけないというわけではありません。絶対にあたえてはいけない中毒症状を起こす食べ物と、少量なら与えても影響がない食べ物があります。飼い主がそれらを把握しておき、上手に付き合っていくことが大切です。

絶対にあたえてはいけない食べ物

与えると中毒症状を起こす食べ物がある!

人間には影響がないのに、犬に与えると激しい中毒症状を起こす食べ物があります。与えると嘔吐や下痢を起こし、最悪の場合は死に至る場合もあるので、絶対に与えてはいけません。中毒を起こす食べ物として代表的なものをご紹介しましょう。

チョコレート

チョコレート

犬に与えてはいけない食べ物として真っ先に上がるのがチョコレートです。カカオに含まれる「テオプロミン」という成分が中毒を引き起こします。カフェインと同じように興奮作用がある物質で、犬はこのテオプロミンを上手に分解できません。大量に摂取すればするほど危険度が増します。

チョコレートの種類によってテオプロミンの量が違うので、どれぐらい与えると危険なのかは一概に言えませんが、一般的な板チョコなら半分程度、ダークチョコレートなら1/3ぐらいで症状が出ると考えられています。中毒の症状は早くて1~2時間、遅くとも12時間以内に下痢・嘔吐・震え・脱水・高熱といった症状で現れてきます。

玉ネギ(ネギも含む)

玉ねぎ

「玉ネギ中毒」という言葉があるほど中毒性の高い食べ物として有名です。玉ねぎがNGなのは「アリルプロピルジスルフィド」という物質が赤血球を壊してしまうから。赤血球が壊れることで酸素が回らなくなり、呼吸困難になる可能性もあります。

中毒になる目安は、玉ネギ1/4~半分程度。それほどたくさん食べていなくても、中毒になる可能性があります。少量でも食べてしまわないよう細心の注意を払ってください。

生の玉ネギ、特に切っていないかたまりを犬が欲しがることはないと思います。食べるとしたらスライスしたものをうっかり食べてしまうか、手作りしたフードに入っていたかのどちらかでしょう。それほど大量に食べる可能性は少ないものの、確実に中毒を起こす食べ物として有名なものの一つですから、他の食べ物以上に注意が必要といえます。

玉ネギのほか、ネギ科に属するネギも同様に危険な食べ物ですので、うっかりこぼさないように注意しましょう。

ぶどう・レーズン

ぶどう

ぶどうとレーズンは、比較的最近になって「犬にはNG」と発表された食べ物です。今までは気軽に与えていた人も多いのではないでしょうか。中毒を起こす原因についてはよく分かっておらず、原因物質も不明です。

種類によって危険な量は違いますが、巨峰なら4粒、デラウェアのような粒の小さなぶどうなら30粒程度、レーズンなら15粒程度がNGラインです。大量に与える人は少ないと思いますが、引き起こす症状を考えると気が抜けません。

予想される中毒症状は嘔吐、下痢など。急性腎不全を起こすこともあり、重症化すると死に至ることもある病気です。

キシリトール

キシリトール

ガムに含まれる成分として有名なキシリトールは、犬の体内に入るとインスリンが放出されて低血糖症になってしまいます。人間が噛む分には全く危険性のない、むしろ良い成分として知られていますが、犬には危険度の高い物質です。

表れる症状は嘔吐・よだれ・元気がない、など。症状が出るのは摂取後1時間ぐらいです。犬が食べてはいけないラインは、キシリトール入りガム1/2粒から1粒程度。ガムの種類によってキシリトールの量が違うのであくまでも目安ですが、ほんの少量でもNGであることが分かります。

犬が積極的にキシリトールやガムを欲しがることはまずありませんが、落ちているものを口にすることは十分考えられ、丸吞みしてしまう可能性もあります。

ナッツ類

ナッツ類

マグネシウムがたっぷりと含まれるナッツ類は、人間の健康・美容に良いといわれている食べ物ですが、犬に与えると中毒・消化不良など引き起こす可能性があります。マグネシウムが結石の原因になる可能性もあるので、うかつに与えてはいけない食べ物です。

原因物質や中毒症状については不明ですが、数粒で症状が現れる場合もあります。机の上に置きっぱなしにするのは避けておきましょう。犬が積極的に欲しがるようなものではありませんが、食感はドライフードと少し似ており、目の前にあるとぽりぽりと食べてしまう可能性はあります。

アボカド

アボカド

「森のバター」と称され、美容に良い成分が含まれるとして女性に人気がありますが、人間以外の動物には強い毒性があると考えられています。アボカドには「ペルシン」という殺菌作用のある成分が含まれていて、犬やその他の家畜が大量に摂取した場合、命の危険まで考えられるのです。

ただし、このペルシンについてはまだ研究段階です。犬に与える人も少ないと思いますのでそれほど心配ありませんが、やはり「うっかり」は禁物です。危険性があるものは与えないのが大原則なので、アボカドの扱いも注意しておきましょう。

その他

その他には唐辛子を含む刺激の強い野菜、骨が突き刺さる心配がある骨付き鳥や魚、甲殻類などが犬に与えてはいけない食べ物です。これらは危険物質があるのではなく、刺激や骨類が危険と考えられるので与えてはいけないとされています。

ドッグフードしか与えていなくても、テーブルの下に落ちていたら口にすることは十分考えられます。人間の対処が大切ですから、常に身の回りを見て危険な食べ物がないかを確認しておきましょう。

危険なものを食べてしまったときの対処

すぐに獣医に確認を!

獣医

前述したような命に係わる食べ物を犬が食べてしまったら、すぐに獣医に連絡してください。連絡する時は「いつごろ」「なにを」「どれぐらい食べたのか」を伝えることが大切です。もし摂取した時間が分からなければ、元気な姿を見たのがいつ頃だったかを伝えましょう。

また、毒性のない食べ物でも、大量に摂取すると嘔吐や下痢を引き起こすことは珍しくありません。数時間以上たってから症状が現れることもありますので、何を食べたかをしっかり伝えてください。

症状が出ていなくても、目の前で食べたことを確認したら、すぐに連絡してかまいません。大量に食べていた場合はすぐに連れてくるよう言われることもあります。とにかく獣医の判断を仰ぐのが一番確実です。

自分で何とかしようとしないこと!

食べた後元気がなくなったり、中毒性の高い食べ物を食べてしまったり。そんな時、飼い主ができるのは「獣医に相談すること」です。自分で吐かせようとしたり、薬を与えたりするのは絶対に避けましょう。

病院の時間外に調子が悪くなった時は、かかりつけの獣医に電話連絡するか、夜間の動物病院を探してください。普段からかかりつけ医と連絡が取れるような体制を取っておき、万が一の場合も迅速に動くことが大切です。

夜間病院や動物病院が遠くにある場合も、電話で指示を仰ぎましょう。もし緊急性の高い症状だったら、電話で指示を出してくれます。最近は夜間対応のある病院も多いので、そういった病院を事前に調べ、電話番号を書き留めておきましょう。

犬に与えても良い食べ物は?

与えてもよいのは低カロリーで体に影響がないもの

人間の食べ物の中には、与えても良いものもあります。ただし、大量に与えるとどんなものでも体調を悪くするので、あくまでも少量だけです。また、基本的にアクの強いものや味が付いたものはNGです。与える時は味をつけず、生、もしくはゆでただけの状態で与えてください。

おやつや水分補給として、アクセントとして与えるなら、下に記載するようなものを選ぶとよいでしょう。

与えても良いもの一覧

肉類

鳥のささ身・むね肉のゆでたもの

肉類の中では鶏肉、とくにささ身が圧倒的に消化が良く、犬も喜んで食べてくれます。余分な脂も少ないので食欲がない時や、味を変えるアクセントとしてもぴったりです。豚肉や牛肉は脂が多くカロリーが高いので避けて。肉類で少量与えても大丈夫なのは基本的に鶏肉だけ、と考えておいたほうが無難です。

野菜類

きゃべつ、もやし、トマト、キュウリ、レタス、サツマイモ、ジャガイモ、カボチャ

キャベツやサツマイモ、ジャガイモ、カボチャは適度な硬さになるようにゆでて、イモ類はマッシュしてあげるとよいでしょう。トマトやキュウリは水分が多いのでやりすぎに注意。これらを上手に組み合わせて手作りフードを作るのもいいですね。

果物

リンゴ、梨、スイカ

水分が多くしゃくしゃくとした食感のものは、犬が好んで食べる果物です。これらは糖分が多いので大量に与えることはできませんが、ほんの少量なら水分補給にもなります。留守番の後のご褒美やおやつの代わりに少量あげると、非常に喜びます。