あのドッグフードを評価!

ナチュラルバランスドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ナチュラルバランスドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したナチュラルバランスドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ナチュラルバランスドッグフードとは?評価は?

ナチュラルバランスはアメリカ生まれのドッグフードです。正規輸入販売している会社があり、そこから販売されています。楽天やアマゾンでも手に入るので、購入しやすいドッグフードと言えます。

総合評価
価格・内容量 ウルトラプレミアム ホールボディヘルス 1,620円・1キログラム
コスパ 〇(1キログラムあたり1,620円)
使い勝手
ヒューマングレード ✖(表記なし)
人工着色料・人工添加物
グレインフリー △(アレルギー用にグレインフリーありだがポテトが主原料)

使いやすい価格・グレインフリーもあることを評価軸判断すると★4つなのですが、グレインフリーに動物性タンパク質主体ではないフードがあるため★3つにしています。アレルギー用はポテトや玄米を第一主原料にしているラインナップがあるので、購入時は注意が必要です

では、ナチュラルバランスドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ナチュラルバランスドッグフードの品質は?

ヒューマングレードの表記なしの「普通」の品質

ナチュラルバランスドッグフードの販売ページには、原材料のグレードが明記されていませんでした。おそらく普通のチキンではないかと推測しています。他の原材料の質も「普通に食べられるレベル」と言ったところでしょうか。

ただ、もっとも代表的でベーシックなラインナップ「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」は原材料名に「チキンミール」という表記があり、その内容は説明されていませんでした。副産物ではないとは思うものの、確証がないので不安は残ります。

そして他のラインナップにはポテトや穀物主体ものがいくつかあります。いずれも動物性タンパク質にアレルギーがあるワンコ用ではありますが、肉食の犬にとってよいかどうかは微妙なところ。利用する場合はかかりつけの獣医に相談するなど、確認してから与えてあげてください。

グレインフリーではないラインナップも

ナチュラルバランスドッグフードはグレインフリーではありません。ただ、「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」はグルテンフリーと明記してあり、アレルギーのあるワンコでも与えることはできそうです。

ただ、オート麦、玄米、大麦など使用してあるので完全グレインフリー派にはおすすめできないフードです。肉類と穀物類のアレルギー用「スウィートポテト&フィッシュ」はグレインフリーですがその性質上、動物性タンパク質主体ではありません。主原料はポテトなので、当然ながらアレルギーのない元気なワンコには向いていない内容です。

保存料はミックストコフェロールのみ

原材料には危険な酸化防止剤、保存料、着色料などは一切見当たりませんでした。販売ページにも以下の通り記載されています。

BHT・BHA・エトキシキンは一切検出されておりません。化学保存剤・化学着色料・化学薬品は一切使用しておりません。

販売ページ

人工物に対する意識は高く、その点は安心して与えられるフードといってよいでしょう。動物性タンパク質のほかには乾燥のフルーツや野菜が多く使用されていますが、それは問題ありません。ビタミン類やミネラル類も犬の体に良いものだけです。

ただ、どのラインナップにも「○○ミール」という表記があり、その内容が分からないのがやはり気になるところです。副産物でないという表記がないので確認ができません。どうしても気になる人は、利用を避けたほうが無難といえます。

ナチュラルバランスドッグフードが他のドッグフードと違うところ

スウィートポテト主体のラインナップもあり

ナチュラルバランスのアレルギー用ラインナップには、なぜかポテト主体のものがあります。動物性タンパク質主体のドッグフードが多い中、意識してポテト主体のラインナップを加えてあるのはめずらしいです。

動物性タンパク質にアレルギーがあるワンコは当然、普通のドッグフードは食べられませんが、ナチュラルバランスのアレルギー用がベストかどうかは判断がつかない感じです。アレルギーは食べ物がとても重要なので、安易に「アレルギー用だから大丈夫」と思わずに、必ず獣医に確認を取ってください。

その際はナチュラルバランスの利用を考えているなら販売ページにある内容物を見せて、確実にOKをもらってから利用してくださいね。

ナチュラルバランスドッグフードのデメリットは?

ラインナップの選びづらさがデメリット

前述したように、ナチュラルバランスのラインナップは、メインである「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」のほか、ダイエット用やアレルギー用のラインナップが多いです。「牛肉・鶏肉・ラム肉・白米・小麦粉・トウモロコシなどにアレルギーを起こす犬」用として、「ポテト&ダック」、「スウィートポテト&ベニソン」、「スウィートポテト&フィッシュ」などがあります。

これらはアレルギーのワンコには良いのかもしれませんが、このラインナップの多さが逆に選びづらい感じがします

また、動物性タンパク質主体のもの→グレインフリーではない、グレインフリーのもの→動物性タンパク質主体ではない、というアンバランスさもこのフードのデメリットでしょう。これといった強いウリが見当たらず、おすすめしづらいドッグフードです。

ナチュラルバランスドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、「ウルトラプレミアム ホールボディヘルス 1,620円・1キログラム」を基に算出していきます。

体重~3kgの犬の場合

1日の給与量 71g ですから、

71g×30日=2.13kg となり、

1kgのナチュラルバランスドッグフードが2袋強(2.13袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルバランスドッグフード1袋1,620円×2.13=3,450円

体重5kgの犬の場合

1日の給与量 104g ですから、

104g×30日=3.12kg となり、

1kgのナチュラルバランスドッグフードが3袋強(3.12袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルバランスドッグフード1袋1,620円×3.12=5,054円

体重7kgの犬の場合

1日の給与量 134g ですから、

134g×30日=4.02kg となり、

1kgのナチュラルバランスドッグフードが4袋強(4.02袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ナチュラルバランスドッグフード1袋1,620円×4.02=6,512円

※給与量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷このフードのカロリー×100」で算出

価格だけを見ればとても使いやすく優秀です。その意味では選びやすいフードといってよいでしょう。

ただ、このフードの問題は原材料や配合のアンバランスさです。グレインフリーなのにポテト主体だったり、チキン主体だけどミールや玄米が使われていたり、とにかく一長一短でおすすめポイントが見つかりません。

評価軸で判断すると悪くないはずなのですが、中身を見るとアンバランスさが目立ち、どれもおすすめできないなと感じます。価格だけを見て安易に手を出さないほうが良いでしょう。

すべてを考慮してナチュラルバランスドッグフードを評価すると?

品質も価格も「まあ、安全」の〇

ナチュラルバランスドッグフードは、他のドッグフードにはないアンバランスさを感じました。総合点では★3つですが、★2つに近い感じですね。価格の章でも述べていますが、これといったおすすめポイントがないうえにラインナップが分かりづらく、一長一短です。価格だけは良いものの、これじゃなきゃダメ!というフードではないと感じます。

動物性タンパク質主体のドッグフードが多い中、ポテト主体のラインアップは逆にめずらしいぐらいです。アレルギーのワンコ向けラインアップではありますが、本当にアレルギーがあるワンコの体に良いのかどうか、判断つきかねる感じもあります。

そのため、繰り返しになりますが、アレルギーのあるワンコにナチュラルバランスをと考えているなら、必ずかかりつけの獣医に相談して中身を確かめてもらいましょう。アレルギー源が入っていないからといって安心はできません。皮膚の弱いワンコや胃腸が弱っているワンコは、食べるものがとても重要ですので、健康管理のためにも必ず相談してから利用してくださいね。

ナチュラルバランスをおすすめできないのはこんな人!

ナチュラルバランスをおすすめできない人
  • 最高品質を求めている人
  • 価格と内容のバランスが良いものを探している人

アンバランスでアレルギー用が多いので選びづらいし使いづらいドッグフードです。正直あまりおすすめはできませんが、中でも品質を重視する人は避けておきましょう価格と品質のバランスが良いものは他にもあります。もっと使い勝手の良いラインアップのものがおすすめです。

ナチュラルバランスはこんな人におすすめ!

ナチュラルバランスをおすすめしたい人
  • アレルギーがあるワンコを飼っている人
  • 使いやすい価格のフードを探している人

動物性タンパク質にアレルギーがあるワンコは食べられるものが限られていますので、相談のうえで使ってみてもよいかもしれません。そして価格面だけは使い勝手が良いフードですから、品質にそれほどこだわらないなら使ってみてもよいでしょう。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る