犬種別ドッグフードの選び方

マルチーズのドッグフードでおすすめは?餌はどれがいい?

芝生を走るマルチーズ

愛玩犬らしい外見と人懐こさで飼いやすいとされるマルチーズは、とても人気があります。

マルチーズに「いつまでも元気で、きれいな毛並みでいてほしい」と、最適なドッグフードを探していませんか

マルチーズ独特の毛並みを保ちながら、おこしやすいとされている「脱臼」「食べない・少食」「涙やけ」に注意し、ドッグフード選びをしてあげてください。

マルチーズに最適なドッグフードの選び方ポイントと、そのポイントを満たしているドッグフードをランキング形式でご紹介しましょう

マルチーズのドッグフード選び3つのポイント

1.たんぱく質が豊富で、栄養バランスが優れているドッグフード

動物性タンパク質の食品例

マルチーズは美しい毛並みが魅力的です。また、小型犬に多く見られるという脱臼を起こしやすいことでも知られています

綺麗な毛並み保持や脱臼の予防には、たんぱく質がとても重要です。毛も関節を包む筋肉も、ドッグフードから摂取するたんぱく質からできていますので、重視したいポイントですね。

ペット保険を取り扱う保険会社サイトには、マルチーズが起こしやすい病気が紹介されています。

マルチーズのような小型犬に多く見られるのが、ひざのお皿の骨が外れてしまう膝蓋骨脱臼です。肢を不自然に挙上していたり、寝起きに立ち上がろうとしてキャンと鳴いたりするような際は、要注意です。

出典:マルチーズ│アクサダイレクト

また、マルチーズは気分や体調によって食べたり食べなかったりする「食べむら」にも注意が必要です。

もし、急に食べなくなった時のことを考え、日ごろから十分なたんぱく質や栄養素を含んだドッグフードを与えておくことが大切です

2.必須脂肪酸(オメガ3)やコンドロイチン/グルコサミンが多いドッグフード

オメガ3が含まれる食品

小型で筋肉量が少なく、脱臼しやすいマルチーズにとって、オメガ3やコンドロイチン、グルコサミンは、健康維持のために大事な成分です

オメガ3は、以下の効果が期待される成分です。

オメガ3で期待される効果
  • 肥満予防
  • 免疫機能トラブル予防
  • アレルギー予防

一方、コンドロイチンやグルコサミンは、以下の効果が期待できます。

コンドロイチン/グルコサミンで期待できる効果
  • 軟骨再生作用で、脱臼から来る痛みを低減すること

あなたのかわいいマルチーズに健康的な生活を送ってほしいなら、オメガ3やコンドロイチン、グルコサミンを含むドッグフードを選んであげてください

しかし、ドッグフードに含まれるコンドロイチンやグルコサミンの原料が何なのかにも注意してください。中には甲殻類アレルギーのワンコもいますので、パッケージの原材料欄に目を通しましょう。

まだアレルギー症状を起こしたことがなくても、これからアレルギーを起こしてしまうこともあり得ます。現在与えているドッグフードに、次に与えたいドッグフードを少し混ぜてみて、問題がないことを確認しながら切り替えてあげてください

3.「グレインフリー」「無添加」と表示されたドッグフード

穀類の写真

脱臼を起こしやすいマルチーズにとって、肥満は大敵。炭水化物によって太ってしまうことも考えられます。そのため、「グレインフリー(穀物不使用)」と記されたドッグフードを選んであげてください

また、マルチーズに多い涙やけも、アレルギーや老廃物が原因といわれています。穀物アレルギーを引き起こさないためにも、グレインフリーのドッグフードを選ぶことが大切です。

マルチーズにおすすめのドッグフードを徹底比較

カメラ目線で見つめるマルチーズ

当サイトでは、43種類のドッグフードをレビューしてきました。

ドッグフード43種類の評価結果を見る

マルチーズにおすすめのドッグフードを上記の選び方を踏まえて12種類ピックアップして比較してみたいと思います。

  • 黄色マーカー → グルコサミン・コンドロイチンを配合したフード
  • 太字 → 人間が食べても問題ない品質の原材料を使用
  • 赤字 → 他のフードと比較して特に優れた項目
商品名 無添加 / グレインフリー タンパク質 / 脂質 オメガ3
モグワン ◯ /  28%・12% 1.29%
カナガン ◯ / ◯ 33%17% 0.9%
アカナ アダルトラージブリード ◯ / ◯ 31%17% 1.0%
ナチュロル ◯ / ◯ 23~27%・7~9%
ピッコロ ◯ / ◯ 32%15% 0.8%
オリジン ◯ /  38%18% 0.8%
ネルソンズ ◯ /  30%・15% 0.7%
ソルビダインドアアダルト ◯ / × 22%・12% 0.3%
グラン・デリ カリカリ仕立て成犬用 × / × 21%・10%
アイムス 成犬用 × / × 24%・12.5% 0.3%
ペディグリー それいけ!小型犬チキン入り成犬用 × / × 21%・12%
サイエンスダイエットプロ ◯ / ×
25%・9% 0.53%

この表を見れば、「よく見かける有名なドッグフードと、品質の良さとは必ずしも比例していない」とわかりますね。メーカー名は広く知られていなくても、ワンコの健康に配慮したドッグフードを丁寧に作っているところがあるのです。

しかし、何度表を見ても「ドッグフード成分の、あれが多ければこちらが少ない」「じゃあ、何を選べばいいの?」と悩んでしまうかもしれませんね。

そこで、マルチーズに特におすすめしたいドッグフード3品を、ランキング形式でご紹介します

マルチーズにおすすめのドッグフードランキング3

上の表や、マルチーズの「特性」を併せて考え、特に「おすすめ!」といえるドッグフード3品をランキング形式でご紹介します。

ランキングの根拠
  • 「高たんぱく/低脂質」であること
  • 「オメガ3」が多いこと
  • 「グレインフリー」「無添加」であること
  • 「グルコサミン」「コンドロイチン」を含んでいること
カナガン
カナガンドッグフード

カナガンの特徴

たんぱく質が多く含まれていますし、グルコサミンの量も「1000mg/kg」と成分表にしっかり表示されています。脂質量が少し高いのが気になりますが、他のドッグフードに比べオメガ3の含有量は比較的高いので、選択肢に入れていただきたいドッグフードのひとつです。

評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,168円・2キログラム
1キログラムあたり価格 通常購入:1,980円/定期購入:1,584円~
主原料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
成分 粗タンパク質33.00%・脂質17.00%・粗灰分9.00%・粗繊維3.50%・水分8.50%・オメガ6脂肪酸2.80%・オメガ3脂肪酸0.90%・リン1.42%・マグネシウム0.10%・ナトリウム0.60%・カルシウム1.86%・カリウム0.60%
DOGGY.編集部コメント

陽気で活発、遊び好きのマルチーズ。グルコサミンも多く、毛艶のよさをサポートするために必要な成分も十分に含まれています。定期購入すれば、高品質な餌でありながら比較的安価に購入できるところも魅力的。

カナガンの公式サイトを見る

カナガンの評価を見る

モグワン
モグワンドッグフードの評価

モグワンの特徴

コンドロイチンやグルコサミンが含まれ、低脂質でオメガ3の含有量が多いところが大きなポイント。「体重が増えてしまうことで関節に負担をかけたくない」と考えている飼い主さんにとって、選びやすいドッグフードでしょう。

評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・1.8キログラム/定期購入:3,168円~・1.8キログラム(当サイト限定!初回半額キャンペーン中
1キログラムあたり価格 通常購入:2,200円/定期購入:1,760円~
主原料 チキン&サーモン56%
成分 粗タンパク質28.00%・脂質12.00%・粗灰分8.00%・粗繊維3.0%・水分8.00%・オメガ6脂肪酸1.62%・オメガ3脂肪酸1.29%・エネルギー約344kcal
DOGGY.編集部コメント

たんぱく質量はカナガンに比べ少し低いですが、低脂質に加え、他の成分のバランスの良さは特筆もの。「食いつきのいいドッグフード」を目指して開発された商品のため、マルチーズ特有の食べない問題も解決されるかもしれません。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンの公式サイトを見る

モグワンの評価を見る

アカナ アダルトラージブリード
アカナドッグフードの評価

アカナの特徴

原材料も、製造も、一貫して「安全・安心」を貫くアカナ。「とにかくよいものを与えたい」という飼い主さんにおすすめしたいドッグフードです。特に主原料となるたんぱく質は、とても良質なものです。

評価
価格・内容量 17,280円・11.4キログラム (アダルトラージブリード)
1キログラムあたり価格 1,515円~
主原料 新鮮鶏肉(13 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(11 %)
成分 粗タンパク質31.00%・脂質15.00%・粗灰分7.00%・粗繊維6.00%・水分12.00%・オメガ6脂肪酸2.40%・オメガ3脂肪酸1.20%・リン1.10%・カルシウム1.40%
DOGGY.編集部コメント

当サイトで比較したドッグフードの中でも、たんぱく質含有量はトップクラス。毛並み維持や、筋肉をしっかり保つためにはベストな品ですが、他の商品に比べコストがかかる点で3位としました。

アカナの公式サイトを見る

アカナの評価を見る

どれを買うか迷ってしまったら「カナガン」がおすすめ!

カナガンドッグフード

上記の3品は、成分面でいずれも「おすすめ」です。しかし、特にカナガンは次のメリットがあります。

カナガンをおすすめする理由
  • たんぱく質が豊富で、脱臼しづらい丈夫な筋肉維持が期待できる
  • 必須脂肪酸(オメガ3)やグルコサミンがしっかり含まれているので、脱臼からくるトラブルを回避が期待できる
  • グレインフリーなので、肥満予防やアレルギー予防が期待できる
  • 高品質でありながら、比較的低価格

マルチーズは、脱臼を起こしやすい犬種です。高たんぱくで、グルコサミンがしっかり含まれているカナガンは、安心して与えられるドッグフード

カナガンは、マルチーズの健康キープを願う飼い主さんにとって、「うちのワンコに食べさせてあげたい」と思えるドッグフードでしょう。

\ 購入個数に応じて最大20%割引 /

カナガンの公式サイトを見る

マルチーズがドッグフードを食べない時はどうすればいいの?

ウッドデッキを走るマルチーズ

基本的に室内でも十分運動は足りるとされるマルチーズ。そのせいか、急に食べなくなっても「おなかがすいていないのかな」「単なる食べむらかな」と思ってしまうこともあるでしょう。しかし、あまりにもその期間がながくなると、心配になってしまいますね。

このようなときは、

  • 新しいドッグフードの味が嫌い
  • ドッグフードではなく「おやつ」が欲しい

と訴えている可能性があります。

マルチーズは賢く、だれが一番かまってくれるかを見極める能力が高い犬とされています。知らない間に、家族のだれかが溺愛し、おやつを与えすぎていることを疑ってみてください。

おやつは、あくまでもおやつ。ドッグフードが栄養の源ですので、「食べないからおやつだけでも」と安易に与えてしまうのは、マルチーズの健康にとって大きな悪影響となります

これまでのドッグフードに、少量ずつ新しいドッグフードを加えながら与えてみてください。いきなり切り替えて食べなくなるのとは違い、飼い主さんが「食べむらでは?」と勘違いすることも減ります。うまくいけば、新しいドッグフードにスムーズに慣れてくれるかもしれません。

人間の食べ物を与えない

マルチーズは、人に甘えるのがとっても上手。家族の食事の時間に集まってくることも多いはずです。

そんなとき、人間の食べ物を与えるのはNGです。味付けが濃いので、小さな体には塩分や糖分が過多となって、病気を引き起こしてしまうかもしれません。

「ダメ」といっても一緒に食事をしたがるなら、味付けしていない食材(ワンコに害のないもの)を、ドッグフードにトッピングして与えてみてください。一緒に食べている気分だけでも味わえば、満足してくれるかもしれません。

ドッグフードを食べない時のしつけはどうすればいいの?

マルチーズがどうしてもドッグフードを食べない時は、「運動をさせる」「食事の時間をきちんと決める」ことが大切です

そもそも食べむらが目立つ犬種ですので、おなかがすく環境を作り、この時間しかドッグフードを与えてもらえないと理解させなければなりません。

食べないことにイライラしても仕方がないでしょう。飼い主さんもこころを少し落ち着けて、根気強くしつけをすることは、マルチーズの健康のためにもとても大切です。

マルチーズのドッグフードは、どれくらいが適量?

公園の枯葉で遊ぶマルチーズ

飼い主さんが最初にしなければならないのは、「ドッグフードのパッケージの確認」です

人間と同じで、成長期は多くのカロリーを、高齢期になればカロリー少なめ・栄養素は多めと、ドッグフードの内容もシフトしていかなければならないでしょう。ドッグフード商品の中に「仔犬用」「成犬用」「老犬用」と分けられているものがあるのは、そういった理由からです。

「マルチーズだからこれくらいの量だろう」と、単なるイメージに影響されないでください。商品ごとに適切な量は異なります。かかりつけの獣医師を見つけ、餌から病気のことまで相談できる環境を作っておくと、後々安心ですね

体重から必要なカロリーを導き出す

必要なカロリーは、犬種により多少異なります。しかし、おおむねの数値は次に示す計算式から割り出すことが可能です。

・(ワンコの体重×30+70)×指数=摂取キロカロリー/1日

「指数」とは、ワンコの状態のこと。年齢や去勢のあり/なしです。

指数

  • 仔犬(生後4カ月まで)=3.0
  • 仔犬(生後4か月~1歳まで)=2.0
  • 成犬(1歳~7歳まで)=去勢済み1.6・去勢なし1.8
  • 中年・高齢犬(7歳以上)=去勢済み1.2 去勢なし1.4
  • 肥満・ダイエット中の場合=去勢済み1.0~1.2、去勢なし1.4

成犬のマルチーズの理想的な体重は、2~3kgとされています。

たとえば、「3kgのマルチーズ」「4歳」「去勢済み」のときは、

(3kg×30+70)×1.6=256キロカロリー

となり、1日に与えるドッグフードの総カロリーは256キロカロリー前後が理想的です。

では、今与えているドッグフード、もしくはこれから与えようと考えているドッグフードのパッケージを見てみましょう。100g当たりのカロリー数の記載を確認し、上の計算式を使って、1日にどのくらいの量を与えればよいのか計算してみてください

例)「3kgのマルチーズ」「4歳」「去勢済み」のとき=256キロカロリー

100gあたり320キロカロリーのドッグフードならば、80g程度

となりますね。

マルチーズにドッグフードを与える回数は?

どんな犬種でも、1日の間にドッグフードを与える回数に違いはないものです。マルチーズも例外ではありません。

1歳までの子犬期

月齢 回数
生後3カ月~5カ月まで 145g~165g 3~4回に分けて
生後6カ月~9カ月まで 165g~180g 2~3回に分けて
生後10カ月~12カ月まで 150g~160g 2~3回に分けて

1歳未満の仔犬期は、消化器が完全に発達しきっていません。一度に多くの分量を食べることはできませんが、成長のためカロリーや栄養素を多く求めます。1度の量は少なくても、餌を与える回数を多くして、必要な栄養素を確保するようにします

便の状態にも要注意です。消化不良を起こしているならゆるい便が、水分不足なら小さくコロコロとした固い便が出ることでしょう。様子を見ながら餌を与えてください。

また、ドライタイプのドッグフードを食べることにはまだ慣れていません。水に餌を浸し、柔らかくして与えるようにしてくださいね。

成犬

年齢 回数
10歳ぐらいまで 80g~200g 2~3回に分けて
10歳以上 80~150g 3~4回に分けて

成犬となり、より活発になる10歳頃までは、必要とするドッグフードの量は多くなります

さらに年を重ね、高齢期に入ったマルチーズは活動量が減ってしまいます。また、歯が弱くなったりしますので、多くのドッグフードを食べられなくなってしまうはずです。

与える量や、ドッグフードの柔らかさに注意しながら、健康状態を見守ってあげてください。

マルチーズの健康維持と綺麗な毛並みのために

マルチーズが芝生の上で喜ぶ写真

室内犬として寝食を共にするマルチーズは、まさしく「家族の一員」。ずっと健康でいてほしいと思うのは、飼い主さんすべての思いですね。

その思いを実現するには、

  • 高たんぱく/低脂肪
  • オメガ3(必須脂肪酸)+コンドロイチンやグルコサミン
  • グレインフリー(穀物不使用)/無添加

という条件を満たすドッグフードを選ぶことです。

また、マルチーズが喜んで食べてくれているドッグフードをいつまでも与え続けるためにも、お手頃なお値段であることも欠かせません。

これら条件を満たすドッグフードがカナガンです

マルチーズにいつまでも健康でいてもらうためにも、ぜひ試してみてください。

\ 購入個数に応じて最大20%割引 /

カナガンの公式サイトを見る

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする