あのドッグフードを評価!

ロータスドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述した ロータスドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ロータスドッグフードとは?評価は?

ロータスドッグフードはカナダ生まれのフード。名前を知らない人も多いと思いますが、実は大手通販モールでもペットショップでも扱われていて、手に入りやすいドッグフードです。かわいい絵柄のパッケージが特徴的で、温かみを感じます。

総合評価
価格・内容量
  • アダルト チキン 2,400円・1キログラム(穀物入り)
  • グレインフリー ダック 2,500円・800グラム(グレインフリー)
コスパ △ (穀物入り:1㎏あたり2,400円、グレインフリー:1㎏あたり3,125円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ○(穀物入り・グレインフリーが両方ラインアップ)

原材料はすべてヒューマングレードです。グレインフリーもラインナップされていて、内容的に文句なしといってよいフードですね。グレインフリーが3,000円以上と相対的に高めですので★は4つにしていますが、品質だけなら★5つにしてよいくらいです。価格が高いというデメリットはあるものの、手間のかかる「オープンベイク」で作られているので高くなるのは必然と言えます。品質が高く安心して与えられるドッグフードです。

では、 ロータスドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ロータスドッグフードの品質は?

原材料はヒューマングレード・副産物もなし!

ロータスで扱われているドッグフードは、すべてヒューマングレードです。ホームページには以下の記載があります。

ロータスペットフードは、ホルモン剤不使用の肉(鶏肉、ラム肉、白身魚など)をはじめとして、玄米、大麦、新鮮な青果(りんご、人参、さつまいもなど)、人間用と同じレベルの原材料でできています。

出典:ロータスドッグフード

「人間用と同じレベル」という表記なのでヒューマングレードと判断してよいでしょう。さらに、アレルギーに配慮して合成着色料や香料も不使用で、アレルギーを引き起こしやすいとされている小麦・大豆・とうもろこしも使用していません

また、チキンミール・ラムミールなどが副産物でないことも明記されています。細かい部分までクリアされているので、品質に関しては安心できますね。こういった飼い主が不安になりやすい部分をホームページできっちり説明してあるところも好印象です。

ロータスドッグフードの品質

出典:ロータスAmazon販売ページ

グレインフリーあり!の選べるラインナップ

ロータスにはグレインフリーもラインナップされています。フレーバーは「ダック」「フィッシュ」「ターキー」の3種類。1歳~6歳まで対象の小粒タイプですが、量を調整すればオールステージ対応できると記載があります。低アレルゲンの原材料が厳選されていて、飼い主としては安心して与えられるラインナップです。

ダックやターキーはドッグフードの中ではめずらしいフレーバーです。チキンが苦手なワンコにおすすめしたいですね。グレインフリーなのでアレルギーがあるワンコでも与えられますし、食いつき改善用にも向いています。粗タンパク質も25%以上とたっぷりなので栄養成分にも問題はありません。

人工添加物もなしなので安心・安全!

ロータスドッグフードには、危険な人工添加物は使用されていませんでした。穀物タイプ・グレインフリータイプのどちらにも天然ビタミンEの「ミックストコフェロール」が酸化防止剤として使われています。ミックストコフェロールは自然由来の成分なので危険性はなく、ドッグフードによく使われている酸化防止剤ですので、問題ありません。飼い主を不安にさせるものは一切なく、しっかり品質管理されていますね。

ロータスドッグフードが他のドッグフードと違うところ

「オープンベイク」でカリっと焼き上げてあるフード

ロータスドッグフードの一番の特徴は「オープンベイク」製法で作られているところです。オープンベイクとはオーブンで焼き上げる製法のこと。小さな粒を1粒ずつ焼いていくのはとても手間がかかりますから、丁寧に作られていることがよく分かります。

この製法の良いところは、食いつきをよくするための香料や脂肪をふりかける必要がないところです。ドッグフードの中には表面が脂っぽいものも少なくないのですが、ロータスにはそれがありません。余計なものを与えたくない飼い主にとって、とてもうれしい部分です。

小粒タイプ・中粒タイプから選べるところ!

ロータスは小粒・中粒から選ぶことができるので、好みがはっきりしているワンコにも与えやすいです。小粒タイプは全アイテム、中粒タイプはアダルトチキン・アダルトラム・シニアチキンの3つで用意されています

ロータスドッグフード

出典:http://www.lotusjapan.net/catalog.html

「小粒タイプじゃないと食べない!」という超小型犬でも安心ですね。粒のバリエーションは意外と大切なところ。特に食いつき改善用のフードを探している人は、与えているフードとの違いも比較しておきましょう。

ロータスドッグフードのデメリットは?

価格が高いので人を選ぶかも?

ロータスの唯一と言ってもよいデメリットは、価格の高さです。1kgあたり2,400円、グレインフリーは3,000円を超えていますので、かなり高級な部類に入ります。家計にもよりますが、高いと感じる人も少なくはないと思います。

ただ、ロータスはほぼ小型犬用ですので与える量はそれほど多くないはずです。ワンコの食べる量と体の大きさによって左右されますから、事前の価格シミュレーションは必須ですね。次の章で1か月分のフード代金を算出していますのでそちらも参考にしてください。

ロータスドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、ロータスの公式ホームページにある価格「ロータス グレインフリーダックレシピ 800g 2,500円」を参考にして算出していきます。

体重1kg~3kgの犬の場合

1日の給与量 30g~65g ですから、

65g×30日=1950kg となり、

800gの ロータスドッグフードが2袋強(2.44袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ロータスドッグフード1袋2,500円×2.44=6,100円

体重3kg~5kgの犬の場合

1日の給与量 65g~95g ですから、

95g×30日=2.85kg となり、

800gの ロータスドッグフードが3袋強(3.56袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

 ロータスドッグフード1袋2,500円×3.56=8,900円

体重5kg~10kgの犬の場合

1日の給与量 95g~160g ですから、

160g×30日=4.8kg となり、

800gの ロータスドッグフードが6袋必要

1ヵ月のドッグフード代金

 ロータスドッグフード1袋2,500円×6=15,000円

※給与量の最大値で計算

さすが、グレインフリー・ヒューマングレードのドッグフード…といったところでしょうか。1ヵ月分のフードもかなりのものです。品質と価格が比例していることがよく分かります。キロ数や購入店舗によって多少価格は上下しますが、それでも1kgあたり2,000円程度は見ておく必要はありますね。高品質なフードなので、それなりにフード代の確保が必要ということです。

ちなみにわが家の犬(ミニチュアシュナウザー・♂・9.5kg)だと、少なくとも1万円ぐらいは必要です。この価格だと、毎日食べさせるかどうかは正直、悩みます…。他のフードでかさましして与える可能性が高いですね。

すべてを考慮して ロータスドッグフードを評価すると?

品質は◎!価格も〇!

ロータスは、品質は文句なし!の◎です。前述したように、ヒューマングレードの原材料・グレインフリーという「犬に良いフードの条件」が整っていて、もちろん人工添加物や危険な保存料もなし。飼い主が最も安心して与えられるドッグフードの一つです。

唯一の難点はコスパですから、そこは賢く使っていきましょう。普段のフードにするのが難しければ他のフードと併用する、食いつき改善として少量混ぜてみるなど、少しずつ使うという手もあります。良質なものを積極的に与えたい人は、ぜひ利用してみてください。ダックやフィッシュ、ターキーといっためずらしいフレーバーも、食いつき改善に役に立ってくれそうです。

ロータスをおすすめできないのはこんな人!

上記の情報をもとに、ロータスがおすすめできない人をピックアップしてみました。

ロータスがおすすめできない人
  • 品質よりコスパが大事な人
  • 質より量!の人
  • 多頭飼いの人

品質より価格の安さを求める人にはまったくおすすめできません。もっと安いフードのほうが確実にストレスなく与えられると思います。また、多頭飼いの人がロータスだけを与えるとなると、かなりのフード代になるため、積極的におすすめはできません。家計に余裕がない限りは、もう少し安いフードのほうがよいでしょう。

ロータスはこんな人におすすめ!

そしてロータスがおすすめできる人もピックアップしてみました。

ロータスがおすすめできる人
  • ヒューマングレード&グレインフリーを探している人
  • 安全なドッグフードを探している人
  • 食いつき改善に他のフードを与えてみたい人
  • お金はかかってもよいから高品質なものを!と考えている人

ロータスは高品質で安全性にも配慮されたドッグフードです。もちろん、普段のフードにおすすめできます。食いつき改善用にもぴったりなので、風味を変える「ふりかけ用」として使ってみるのもよいでしょう。毎日与えたいけど、フード代がどうしても…という人は、他のフードとの併用や、手作りのトッピングでかさまししながら利用することも検討してくださいね。