あのドッグフードを評価!

ドッグスタンス「麹熟成」の評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ドッグスタンス「麹熟成」の評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したドッグスタンス「麹熟成」の情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ドッグスタンス「麹熟成」とは?評価は?

ドッグスタンスは、主原料が鹿肉というめずらしいドッグフードで、どちらかというとシニア犬向け。少量で必要な栄養を摂れるため、食欲が落ちたワンコにも与えやすいのがこのフードのウリです。

総合評価
価格・内容量 通常価格:3,456円・800グラム/定期購入:3,111円・800グラム
コスパ △(1キログラムあたり4,320円/3,889円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(全粒大麦、精製大麦、玄米、大豆を使用)

鹿肉は国産・野生で生肉を使用、調理方法にもかなり気を使ってあるため、ヒューマングレードと判断しています。原材料選びにもこだわりがあって品質はそこそこよさそうですが、なにしろ価格がかなり高めです。食べる量が少なくなったシニア犬だからこそ続けられる価格、という感じがします。

では、ドッグスタンス「麹熟成」の特徴やこだわりを見ていきましょう。

ドッグスタンス「麹熟成」の品質は?

麹で熟成させた鹿肉を使用

ドッグスタンス「麹熟成」の最大の特徴は、鹿肉を使用していることです。鹿肉は犬の体に良いとされ、最近注目度が高まってきています。高タンパク・低カロリーなので肉食に犬にはぴったりです。主原料に鹿肉を利用しているフードはまだそれほど多くないので、貴重なフードと言えるでしょう。

そして利用しているのはすべて国産・野生の鹿肉というこだわりぶりです。それをさらに麹で熟成させ、有効な成分を摂取させるという手間のかかる工程をはさんでいます。公式ホームページには以下のような記述がありました。

「生」のものを90℃以下で調理しドッグフードとすることで、有用な成分の崩壊や、蛋白のムダな変質を防ぎ、普通では取る事が出来ない有用成分が摂取出来ます。国産・野生の鹿です。

出典:公式サイト

使用しているのは生肉なので品質管理は必須ですし、熟成させる分だけ時間もかかります。それだけ質の良いタンパク質にこだわりがある証拠ですね。

そして基本的にシニア犬向けのフードなので粗タンパク質の割合も高く、少量のフードでタンパク質をたくさん摂れるようにしてあります。動物性タンパク質については、細かく配慮されたフードといってよいと思います。

グレインフリーではなく大麦・玄米・大豆など使用

ドッグスタンス「麹熟成」はグレインフリーではありません。犬の体を考える気持ちは伝わってくるのに、消化の悪い穀物類を使用してあるのはちょっと残念ですね。ただ、グルテンを含まない大麦を利用するなど、消化の悪いグルテンは除いてあります。できるだけ負担が少なくなるような配慮は一応ある様子なので、かさましやつなぎではないようです。

しかし、使用している穀物は複数あり、完全グレインフリーには関心がない感じです。犬の消化を考えて鹿肉を加工しているぐらいなので、消化しづらい穀物の排除にもこだわってほしかった、というのがホンネですね。

人工添加物・酸化防止剤などはなし!

ドッグスタンス「麹熟成」には人工的な添加物や酸化防止剤、着色料などは一切使用されていません。また、このフードは手作りで、製造工場の選定にもこだわりがあります。余計なものを排除して、丁寧に作っているフードではあります。有用なビタミン類の添加はありますが、犬の体に良いものだけなので、安全面でも心配はありません。

これらのことをまとめると、品質面ではグレインフリーではないところがネックですね。鹿肉へのこだわりが素晴らしいだけに、少し残念な気がします。

ドッグスタンス「麹熟成」が他のドッグフードと違うところ

7歳以上のシニア犬用なので吸収が良い

ドッグスタンス「麹熟成」は基本的にシニア犬向けです。少量でしっかり栄養が取れるため、食べる量が少なくなってきたシニア犬、特に10歳以上のワンコに有効なドッグフードです。

シニア用でも穀物主体でカロリーを極端に下げた、質の悪いフードもあります。そんな中、しっかり動物性タンパク質を含んでいるのでドッグスタンス「麹熟成」は良心的と言えますね。

7歳だとまだまだ元気なのでシニアになった感じはないですが、よぼよぼになる前に栄養をとりやすい環境にしてあげるのが大切です。その点ではドッグスタンス「麹熟成」は役に立ってくれるフードと言えます。

ドッグスタンス「麹熟成」のデメリットは?

価格が高いから続けづらい!

ドッグスタンス「麹熟成」の最大のデメリットは、1㎏あたり4,000円という価格の高さです。食べる量が減ったシニア用ではありますが、それでも破格の高さといってよいでしょう。

食いつきが良いと評判ではありますが、この量でこの価格だと、手を出すのにかなり勇気がいる感じがしますね。今のワンコはかなり長生きする子も多くて、ずっとこのフードを使い続けるとなるとハードルが高いです。

「どうしても鹿肉のフードが良い、このフードが気に入った!」という人以外は、気軽に手に取ることはできないと思います。価格面のデメリットが大きすぎて、おすすめはしづらいドッグフードです。

\ 公式サイト限定!送料無料980円でお試しできる /

ドッグスタンス「麹熟成」のお試しセットを購入する

ドッグスタンス「麹熟成」の代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、販売ページ内にある「800g 3,456円」で算出していきます。

体重2kgの犬の場合

1日の給与量 31g~40g ですから、

40g×30日=1.2kg となり、

800gのドッグスタンス「麹熟成」が2袋弱(1.5袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ドッグスタンス「麹熟成」1袋3,456円×1.5=5,184円

体重4kgの犬の場合

1日の給与量 52g~67g ですから、

67g×30日=2.01kg となり、

800gのドッグスタンス「麹熟成」が3袋弱(2.5袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ドッグスタンス「麹熟成」1袋3,456円×2.5=8,640円

体重6kgの犬の場合

1日の給与量 71g~91g ですから、

91g×30日=2.73kg となり、

800gのドッグスタンス「麹熟成」が3袋強(3.4袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ドッグスタンス「麹熟成」1袋3,456円×3.4=11,750円

体重8kgの犬の場合

1日の給与量 88g~113g ですから、

113g×30日=3.39kg となり、

800gのドッグスタンス「麹熟成」が4袋強(4.24袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

ドッグスタンス「麹熟成」1袋3,456円×4.24=14,653円

※給与量の最大値で計算

給与量が少なめで済むとは言え、やはりもともとの価格が高いので、1か月分も破格の高さです。体重が軽く摂取量が少ない超小型犬でも5,000円~10,000円越えです。内容は悪くないものの、この価格だと使える人は限られてきます。シニア犬でフードを切り替えたい人や、食いつき改善用として試してみたい人は使ってみるといいかな、という程度です。

すべてを考慮してドッグスタンス「麹熟成」を評価すると?

品質は「普通」の〇、価格は△…

ドッグスタンス「麹熟成」は動物性タンパク質へのこだわりが素晴らしいものの、グレインフリーではないところが引っかかります。かさましやつなぎではないようですが、シニア用のフードなら消化の悪い穀物は除いてほしいところ。そしてグレインフリーではないのにこの価格なので、手に取れる人は限られているでしょう。

シニア犬用のドッグフードは数が少ないですが、他にも価格と質のバランスが取れたものがありますので、そちらのほうがおすすめです。使うとしたら、食いつき改善用や混ぜ込み用として試してみるぐらいでしょうか。メインのフードにすると価格が家計に響きそうですから、少量ずつ使う予定で試してみるのが良さそうです。

ドッグスタンス「麹熟成」をおすすめできないのはこんな人!

ドッグスタンス「麹熟成」をおすすめできない人
  • コスパの良いドッグフードを探している人
  • 内容より価格のほうが大切な人
  • 子犬を飼っている人

ドッグスタンス「麹熟成」はコスパの良いフードではありません。品質と価格のバランスが取れた使いやすいものを探しているなら、ほかのものをおすすめします。また、基本的にシニア犬向けですから、子犬に与えるのは避けたほうが良いでしょう。

ドッグスタンス「麹熟成」はこんな人におすすめ!

ドッグスタンス「麹熟成」をおすすめしたい人
  • 7歳以上のシニア犬を飼っている人
  • 鹿肉のドッグフードを試してみたい人
  • 食いつき改善用を探している人
  • 栄養価の高い併用フードを探している人

鹿肉を利用したフードはまだまだ数が少ないので、犬の体に良い鹿肉を試したい人は、少量から試してみても良いかもしれません。また、チキンやターキーメインのフードを食べないワンコに、食いつき改善や混ぜ込み用として利用してみるのも一つの手段として有効ですね。ただ、メインにするには価格のハードルが高いので、はじめは必ず併用から試してみてください。

\ 公式サイト限定!送料無料980円でお試しできる /

ドッグスタンス「麹熟成」のお試しセットを購入する

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る