ドッグフードの選び方

犬に馬肉を与えても大丈夫?与え方や入手方法は?

犬に馬肉

犬のフードといえば、カリカリのドッグフードが定番です。今でも主流はドライフードであることは間違いありません。しかし、最近は肉そのものを与えるのも犬の体によいと考えられるようになり、中でも馬肉を与える人が増えてきました

「犬に馬肉を与えるの?!」と驚く人も多いでしょう。馬肉を使用したドッグフードではなく、馬肉そのものを与えるのですから違和感があるのも当然です。ドッグフード以外のものを与えることに対して、抵抗がある人も多いと思います。

しかし、犬はもともと肉食なので肉を食べることはさほど不自然なことではないのです。飼い主が正しく管理した肉を与えていれば、健康に問題が出ることもありません。

上手に使えばフードを食べないワンコの救世主になってくれますし、栄養バランスもより良いものにできます。馬肉に関すること、ぜひ知っておいてください。

馬肉の特徴と基本的な与え方

馬肉は栄養たっぷりの理想的なフード

喜ぶ犬

「犬に肉が良いのは分かるけど、なぜ馬肉?」と疑問に思う人も多いかもしれません。牛や豚、鶏肉など身近に手に入れやすい肉ではなく、なぜ馬肉なのでしょうか。それは、馬肉が含む栄養素に原因が隠されています。

馬肉の一番の特徴は、「低カロリー・高タンパク」であることです。脂肪分が少なく、同じ肉でも牛や豚と比べると100g当たりのカロリーは半分以下。脂肪分は5分の1~10分の1という少なさです。それでいて、含まれるタンパク質は牛や豚を上回っています。同じ量を食べたとき、より低カロリーでタンパク質はたっぷり摂れるということです。

その他、鉄分・カルシウム・ビタミンBの含有量は牛や豚を大きく上回り、2倍以上含まれている栄養素もあります。セレンや不飽和脂肪酸(オメガ3・オメガ6)といった、他の肉にほとんど含まれない栄養素も馬肉には含まれています。

抗酸化作用が強く、老化防止にも作用があるのも特徴のひとつです。犬に与えても太りづらいですし、栄養素プラスに大きく貢献してくれます。皮膚トラブルや毛並み維持にも役立ってくれる、理想の肉といってよいでしょう

生肉で与えても大丈夫?

生の馬肉

基本的に馬肉を与える時は、生肉を与えます。肉は火を通すと酵素が壊れてしまうため、肉を与える効果が半減してしまうといっても過言ではありません。ドライフードには含まれない新鮮な酵素を摂取できるのが、生肉を与えることのメリットです。

しかし、生肉は人間が食べる時も注意点が多く、細菌や寄生虫が気になる人が多いと思います。ただ、馬はとても体温が高く寄生虫や細菌が寄り付きづらいという特徴を持っています。万が一、寄生虫がいたとしても冷凍処理することで死滅することが分かっていますし、犬用の馬肉は冷凍のものも多いので、その点は神経質にならなくても大丈夫です。

新鮮なものは人間も「馬刺し」として生の馬肉を食べますが、牛や豚は生で食べることはほぼありません。鮮度が高く、きちんと管理されていれば生でも安全に食べられる。それが馬肉の大きなメリットといってよいでしょう。

まずは手軽な「馬肉入り」からはじめてみよう

「そうはいっても生肉は不安!」という人もいるでしょう。生肉はアレルギーのある犬にも与えられますが、アレルギーがあるからこそ不安、という人もいると思います。

そんな人は、馬肉を利用したジャーキーやパウチタイプの馬肉入りドッグフードを試してみてください。パウチタイプは人間でいうとレトルトのような感じで、馬肉以外の食材も利用されています。ウェットタイプのフードなので食いつきが良く、馬肉を始めて試してみる人におすすめです。

基本のドライフードを食べてくれなかったり、年をとってドライフードを食べるのが難しくなったり。そんなワンコはこういった新しいフードで違う食感を試してみると、食いつきが改善できます。飼い主のストレス解消にもつながりますから、ぜひ柔軟に考えて、馬肉入りフードを試してみてください。

馬肉を与える時のポイント

品質と鮮度が保てるものを選ぶこと!

馬肉を与えるとき、一番注意したいのは品質と鮮度です。生肉を与えるので新鮮であることは必須。さらに、管理が行き届いたものでなければ不安だと思います。

しかし、生肉を管理するのはなかなか大変です。寄生虫がいるかどうかは見た目からは判断ができません。購入する時も馬肉ブロックを買うのは抵抗があるでしょう。

そこでおすすめなのが犬用の馬肉、それも小分けトレーや小分けパウチになった、1食ずつ分かれているタイプを購入することです。1食ずつ分かれているので使い切ることができますし、固まり肉を細かく切ってあるので、肉を切る手間がありません。衛生面でも優れていて、冷凍タイプなら寄生虫の心配もほとんどなくなります。

最近は犬用の馬肉が増え、通販で購入できるようになりましたから、購入場所で困ることもないでしょう。体の小さな小型犬は、食べる量が少ないのでミンチタイプから試してみるのもおすすめです。

今、通販で販売されている犬用肉は品質もしっかり管理されていて、使い勝手が良いものが増えてきています。飼い主の手間も考えて作られていますので、ストレスなく生肉を与えられるのです。人間用の馬肉を与えるのではなく、犬用の馬肉(小分けされたもの・ミンチ)を上手く活用すること。ここから初めてみてくださいね。

馬肉に関する疑問を解決!

犬用の馬肉ってどこで手に入れるの?

馬肉を通販サイトで買う

犬用の馬肉は大きなペットショップなら置いてありますが、今は通販が断然便利です。ドッグフード専門店にはさまざまな肉があり、馬肉や鹿肉といった肉も置いてあります。冷凍で自宅まで届けてもらえるので、使い勝手が非常に良いです

通販ショップをのぞいてみると、今まで使ったことのないドッグフードがたくさん見ることができ、とても楽しいものです。あくまでも飼い犬に合わせて、ではありますが、少し目先の違うドライフードや生肉を購入して試すのもよいでしょう。


\ 馬肉専門店だから高品質! /

馬肉ミンチの購入サイトへ

何歳から馬肉を与えてもいいの?

生肉を食べられるのは歯が生えた後、生後3ヵ月経ったぐらいからです。「幼犬に生肉?!」と思われるかもしれませんが、食べさせてはいけないというわけではありません。カリカリのフードを食べ始めたら、すぐに与えても構わないものです。

ただ生肉は非常に食いつきがよく、いきなり与えるとドライフードだけでは食べなくなることがあります。ドライフードだけの食事に慣れさせたい人は1歳ぐらいになるまで待ったほうが良いでしょう。ドライフードに慣れていつでも食べるようになったら、アクセントとして馬肉を与えるのがおすすめです。

どれぐらいの量が適切か分からない…

ドッグフードを食べている犬

生肉は1日数十グラムぐらいが適正量です。大きめのスプーン1杯で25g程度なので、それぐらいの量を目安に始めてみましょう。初めて与える場合は少なめにして体調の変化がないか確認してあげてください。慣れてきたら小分けになったきざみ馬肉を1食ずつ分与えても構いません。

ミンチの場合は、カリカリのドライフードに少量ずつ混ぜて与えみましょう。ふりかけのような感覚ですので、量が少なくても馬肉のおいしさをまんべんなく感じられるはずです。また、きざみ馬肉・ミンチ馬肉どちらの場合も、馬肉の量だけドライフードの量を控えめにしておくと、食べすぎを防げます。

生肉だけの食事でもいい?

生の馬肉は、基本的にドライフードに混ぜて与えてください。生肉だけの食事では栄養が偏ってしまいます。馬肉は栄養バランスの優れた肉ではありますが、それでも総合栄養食であるドライフードは必要です。ドライフードと馬肉を合わせて、ちょうど良い分量になるよう計算してあげてください。

手作りフードをあげるなら、生の馬肉に何かをプラスしたものを与えても構いません。しっかりカロリー計算して、消化の良いものを選んで与えてあげましょう。出汁で味をつける場合は他の食材につけておき、生の馬肉は煮込まないようにしておきましょう。

こんなワンコに馬肉がおすすめ!

ダイエットが必要な太り気味のワンコ

太り気味のワンコ

なんといっても「低カロリー・高タンパク」が魅力の馬肉ですから、太り気味のワンコ、特にダイエットが必要なワンコの強い味方です。いつものフードを少なくして、馬肉をプラスしてみましょう。食べごたえはそのままに、カロリーを抑えた理想のフードを食べることができます。

馬肉だけの食事だと栄養が偏りますので、必ずバランスの良いドライフードも合わせてください。普段よりカリカリフードが少なくても、生肉があると犬は十分満足してくれます。

食べることが難しくなった老犬ワンコ

元気な成犬はもちろんですが、老犬にも馬肉を与えて構いません。カリカリのフードが硬く感じられるようになったら、生肉のほうが良いこともあります。お湯でふやかしたフードに生肉を合わせると、栄養バランスの良い老犬用フードの出来上がりです。

年をとっても栄養バランスの良い食事、タンパク質たっぷりの食事が欠かせません。1食ずつ小分け医にされたタイプは、食べる量が少なくなった老犬ワンコでも使い切ることができ、飼い主が管理に困ることもないでしょう。

\ 馬肉専門店だから高品質!人間も食べられる /

馬肉の購入サイトへ

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る