ドッグフードの選び方

グレインフリードッグフードってどれがいいの?選び方は?デメリットは?

グレインフリードッグフード

グレインフリーのドッグフードが盛り上がっている理由

最近犬を飼い始めた人は「グレインフリー」という言葉に必ずいきつくのではないでしょうか。ペットブームと犬の家族化によって、ドッグフードにも安全性や質の高さが求められるようになりました。そのため近年ではグレインフリードッグフードの種類が増え、いまや決して珍しいものではありません。

グレインフリーとは「穀物不使用」のことです。グレインフリードッグフードは犬が消化を苦手とする小麦や米を使用せず、成長に欠かせない動物性タンパク質が多く含まれています。より理想に近いドッグフードがグレインフリーと言われています。

ここでは、グレインフリーの定義やそのメリット・デメリット、選ぶときのポイント、そしてみんなが感じているであろう疑問点についてご紹介していきます。「グレインフリーを探しているけど、選び方が分からない」「グレインフリーって本当にいいの?」と思ったら、ぜひこの記事を参考にしてください。

「グレインフリー」の定義について

まずは、「グレインフリー」という言葉について説明していきましょう。グレインフリーはよく「穀物不使用」と紹介されますが、どこまでを穀物と定義しているのかはメーカーによって異なります。

ほとんどのメーカーで「穀物」と定義されているのは小麦・大豆・トウモロコシの3大穀物です。もっと定義が広く「米・アワ・キビ・大麦」までを含んでグレインフリーと定義しているメーカーもあります。どこまでを穀物と定義するのかは特に決められておらず、メーカーに一任されています。

つまり、グレインフリーの表記がある=すべての穀物が排除されているわけではない、ということです。この定義は特に説明されているわけではないので、原材料名を見て判断するしかありません。

3大穀物だけをグレインフリーとするのか、米やアワまで含んでグレインフリーとするのか。この違いがすぐさま犬に大きな影響を与えるわけではありませんが、飼い主は認識しておくべき部分でしょう。

特に、穀物アレルギーがあるワンコはこの定義の範囲が大切です。

「グレインフリーだと思ったのに、米が含まれていてがっかり…」などという認識違いを起こさないために、必ず原材料名をチェックし、そのメーカーのグレインフリーの範囲を把握しておいてください。

グレインフリードッグフードのメリット

消化が良く犬の体に負担がかからない

喜ぶ犬

グレインフリーの最大のメリットは、犬の消化器官に大きな負担がかからないことです。犬はもともと肉食なので穀物の消化が得意ではありません。穀物を使用していない分、動物性タンパク質の量が多いドッグフードもたくさんあります。犬の体に良いものをたくさん含んでいるのがグレインフリーのメリットです。

実際、わが家の犬もお米が含まれたドッグフードを食べると、ときどき吐くことがありました。体の調子が悪いわけではないのでケロッとしていますが、やはり消化が悪いのかもしれません。成長を阻害したり病気になったりするものではないものの、体に負担がかかってしまう。それが穀物のデメリットです。

また、最近のグレインフリードッグフードは質の高さをウリにしたものが多いので、ひとつひとつの原材料もていねいに吟味されているのが分かります。販売ページにも力を入れ、消費者にしっかり伝えようとしているものも登場してきています。今はグレインフリードッグフードを選びやすい時代と言えます。

タンパク質たっぷりで犬の成長に良い

チキン

グレインフリードッグフードは穀物を使用していない分、動物性タンパク質の割合が高いものが多いです。動物性タンパク質は犬の成長に最も重要な成分の一つ。特に子犬から成長期にかけてはたっぷり与えてあげるのが大切です。グレインフリーはその点でも優れているといえます。

総合栄養食の栄養基準となっているAAFCO(アアフコ)では、幼犬用で22.5%以上、成犬用で18%以上のタンパク質を含むものが推奨されています。グレインフリードッグフードもこの基準に従っています。最近は「グレインフリー&動物性タンパク質たっぷり」を求める飼い主が増えたせいか、この2つの要素がそろっているドッグフードが多いです。

タンパク質がたっぷりのドッグフードを求めるなら、グレインフリードッグフードを探すのが近道かもしれません。

アレルギー体質の子にも食べさせられる

犬にもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。人間と同じように、小麦アレルギーや大豆アレルギーといった「アレルギー体質」を持つ犬は珍しくありません。こういったワンコにも安心して与えられるのがグレインフリードッグフードのメリットの一つです。

アレルギーの有無は獣医にたしかめるのが一番確実です。気になる場合は早めに検査しておきましょう。ドッグフードを与えた後、皮膚に炎症があったり嘔吐や下痢をくりかえしたり、なんらかの症状があったらアレルギーが疑われます。食べ物が原因とは限りませんが、症状が出たら与えているドッグフードは一時的に中断して、早めに獣医に相談してください。

小麦や大豆のアレルギーだったら、アレルゲンを含まないグレインフリーのドッグフードが大いに役立ってくれます。飼い犬がアレルギー体質でなくても、安全なものを与えたいと考える飼い主にとっては力強い味方ですね。

グレインフリードッグフードのデメリット

価格が高めで続けられないことも…

困る犬

最近よく目にするグレインフリーのドッグフードは、総じて価格が高めです。2kg弱で4000円程度の価格が高いかどうかは家庭によって違うと思いますが、少なくとも安くはありません。コスパの良いドッグフードを求めている人には向いていないと言えるでしょう。

「グレインフリーが望ましいけど、価格はどうしても押さえたい」という人が一番悩ましいですが、そんな方は価格を優先させるほうがおすすめです。価格が高いグレインフリーのドッグフードを無理に与えても、途中で「やっぱり続かない」と変える可能性が高いためです。

ドッグフードを変更するのは決して悪いわけではないのですが、食べなれたものを頻繁に変えるのはあまり良いとは言えません。神経質なワンコはフードを変更すると食べなくなる可能性もありますから、最初から価格優先で選んだもの、ワンコに合うものを与えてあげましょう。

グレインフリーのドッグフードを選ぶときのポイント

原材料の品質や添加物に要注意!

ドッグフードの原材料

穀物以外の原材料やその質、含まれる添加物の種類もしっかりチェックしておきましょう。使われているものはドッグフードのパッケージに記載されています。危険なものが含まれていないかどうかを確認して、納得したものを購入してください。

最近は「ヒューマングレード」と呼ばれる、人間が食べられる材料を使用したドッグフードも多く出回っていて、質の高いドッグフードが多く見受けられます。ただ、ヒューマングレードは価格も高くなりがちで、続けるなら毎月のドッグフード代金を計算しておいたほうが良さそうです。

価格が高すぎる時はグレインフリーにこだわらない

デメリットの項目で前述しましたが、「グレインフリーがいいけど、どうしても価格が高くて続けられない」という悩みは、解決しづらい悩みの一つです。グレインフリーは理想ではありますが、続けられない値段のものに手を出すと、頻繁にドッグフードを変更することになりかねません。それよりは一定のものを与えたほうが良いでしょう。

価格の高いグレインフリーが難しい場合は、小麦・大豆・トウモロコシの「3大穀物」だけが含まれていないものを探してください。この3つはアレルギーがでやすい物質を含んでいるので、できるだけ避けたほうが良いためです。

ドッグフードに米が含まれていても、健康管理面で大きな問題はありません。わが家の犬も米が含まれたドッグフードを食べていましたが、それによる悪影響はありませんでした。グレインフリーという「理想に最も近いドッグフード」ではないものの、「問題ない範囲のドッグフード」だったといえます。

タンパク質以外の原材料についてもチェック

ドッグフードの原材料(野菜とフルーツ)

グレインフリーは穀物不使用ですが、「肉・魚100%」ではありません。動物性タンパク質以外にもいろいろな材料が使われています。それらの原材料もチェックしておいてください。

最近多いのはジャガイモやサツマイモ、カボチャ、緑の葉物野菜、フルーツなどを使用したドッグフードです。肉類のみで作られているものより、野菜・フルーツが混ぜられたもののほうが多いと思います。「肉食の犬に野菜とフルーツ?」と思われるかもしれませんが、野菜が犬の体に悪影響を及ぼすことはないので、ワンコの好みに合わせれば問題ありません

ただ、フルーツや野菜の独特の香りが気になるかもしれませんので、できればお試し用で確認してください。人間が「いい香り」と感じてもワンコは嫌がるかもしれませんし、その逆もあり得ます。香りや食感も大切な要素なので、実際に食べさせてチェックしてみましょう。

グレインフリードッグフードに関する疑問

グレインフリーは子犬に与えても大丈夫?

グレインフリーのドッグフードには「全ライフステージ用」と書かれたものもあり、子犬に与えても問題ありません。動物性タンパク質も子犬に必要な「粗タンパク質22.5%」を超えたものが多いので、問題はないでしょう。

ただ、子犬期は子犬用のものを与えたいと思うなら、全ライフステージ用を避けて「子犬用」「成長期用」と書かれたものにしておきましょう。グレインフリーは全ライフステージ用が多いので、その点は要注意ですね。

肝臓や腎臓に負担がかかるって本当?

グレインフリーは高タンパクなフードなので、肝臓や腎臓に負担がかかるのでは…と心配する人がいます。タンパク質を分解するとアンモニアができ、それらを無毒にするために肝臓や腎臓の働きが必要なためです。タンパク質が多い=肝臓や腎臓の働きがより多くなる=負担、と思われているわけです。

しかし、それは肝臓や腎臓に疾患があったり、具合が悪かったりする場合だけです。一般的に体調が悪くないワンコなら、高タンパクなドッグフードが負担になることはありません。そのほかの内臓にも負担が大きくなることはないので、安心して与えてください。

グレインフリーのドッグフードを選ぶなら

これだけ覚えよう!
  • アレルギーのあるワンコや消化力が弱いワンコに最適
  • 価格が高すぎると感じたらグレインフリーにこだわらず他のドッグフードを選ぶ
  • 動物性タンパク質以外の原材料もしっかりチェック
  • 合っているかどうかはお試し用で確認!

メリットの多いグレインフリーのドッグフードですが、飼い犬にあっているかどうかも大切なポイントですから、まずはお試し用でしっかりチェックを。価格面でデメリットを感じたら、グレインフリーにこだわりすぎないのも大切ですね。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る