ドッグフードの選び方

グレインフリードッグフードの選び方は?どれがおすすめ?

穀類の写真

グレインフリーのドッグフードが盛り上がっている理由

最近犬を飼い始めた人は「グレインフリー」という言葉に必ずいきつくのではないでしょうか。ペットブームと犬の家族化によって、ドッグフードにも安全性や質の高さが求められるようになりました。

そのため近年ではグレインフリードッグフードの種類が増え、いまや決して珍しいものではありません。

グレインフリーとは「穀物不使用」のことです。グレインフリードッグフードは犬が消化を苦手とする小麦や米を使用せず、成長に欠かせない動物性タンパク質が多く含まれています。より理想に近いドッグフードがグレインフリーと言われています。

ここでは、グレインフリーの定義やそのメリット・デメリット、選ぶときのポイント。具体的なおすすめの商品をランキング形式でご紹介しています

グレインフリーを探しているけど、選び方が分からない」「グレインフリーって本当にいいの?」と思ったら、ぜひこの記事を参考にしてください。

「グレインフリー」の定義について

まずは、「グレインフリー」という言葉について説明していきましょう。グレインフリーはよく「穀物不使用」と紹介されますが、どこまでを穀物と定義しているのかはメーカーによって異なります

ほとんどのメーカーで「穀物」と定義されているのは小麦・大豆・トウモロコシの3大穀物です。もっと定義が広く「米・アワ・キビ・大麦」までを含んでグレインフリーと定義しているメーカーもあります。どこまでを穀物と定義するのかは特に決められておらず、メーカーに一任されています。

つまり、グレインフリーの表記がある=すべての穀物が排除されているわけではない、ということです。この定義は特に説明されているわけではないので、原材料名を見て判断するしかありません。

3大穀物だけをグレインフリーとするのか、米やアワまで含んでグレインフリーとするのか。この違いがすぐさま犬に大きな影響を与えるわけではありませんが、飼い主は認識しておくべき部分でしょう。

特に、穀物アレルギーがあるワンコはこの定義の範囲が大切です。

「グレインフリーだと思ったのに、米が含まれていてがっかり…」などという認識違いを起こさないために、必ず原材料名をチェックし、そのメーカーのグレインフリーの範囲を把握しておいてください

グレインフリードッグフードのメリット

消化が良く犬の体に負担がかからない

喜ぶ犬

グレインフリーの最大のメリットは、犬の消化器官に大きな負担がかからないことです。犬はもともと肉食なので穀物の消化が得意ではありません。

穀物を使用していない分、動物性タンパク質の量が多いドッグフードもたくさんあります。犬の体に良いものをたくさん含んでいるのがグレインフリーのメリットです。

実際、わが家の犬もお米が含まれたドッグフードを食べると、ときどき吐くことがありました。体の調子が悪いわけではないのでケロッとしていますが、やはり消化に悪いのかもしれません。

成長を阻害したり病気になったりするものではないものの、体に負担がかかってしまう。それが穀物のデメリットです。

また、最近のグレインフリードッグフードは質の高さをウリにしたものが多いので、ひとつひとつの原材料もていねいに吟味されているのが分かります。販売ページにも力を入れ、消費者にしっかり伝えようとしているものも登場してきています。

今はグレインフリードッグフードを選びやすい時代と言えます。

タンパク質たっぷりで犬の成長に良い

チキン

グレインフリードッグフードは穀物を使用していない分、動物性タンパク質の割合が高いものが多いです動物性タンパク質は犬の成長に最も重要な成分の一つ

特に子犬から成長期にかけてはたっぷり与えてあげるのが大切です。グレインフリーはその点でも優れているといえます。

総合栄養食の栄養基準となっているAAFCO(アアフコ)では、幼犬用で22.5%以上、成犬用で18%以上のタンパク質を含むものが推奨されています。グレインフリードッグフードもこの基準に従っています。

最近は「グレインフリー&動物性タンパク質たっぷり」を求める飼い主が増えたせいか、この2つの要素がそろっているドッグフードが多いです。

タンパク質がたっぷりのドッグフードを求めるなら、グレインフリードッグフードを探すのが近道かもしれません。

アレルギー体質の子にも食べさせられる

犬にもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。人間と同じように、小麦アレルギーや大豆アレルギーといった「アレルギー体質」を持つ犬は珍しくありません。こういったワンコにも安心して与えられるのがグレインフリードッグフードのメリットの一つです。

アレルギーの有無は獣医にたしかめるのが一番確実です。気になる場合は早めに検査しておきましょう。

ドッグフードを与えた後、皮膚に炎症があったり嘔吐や下痢をくりかえしたり、なんらかの症状があったらアレルギーが疑われます。食べ物が原因とは限りませんが、症状が出たら与えているドッグフードは一時的に中断して、早めに獣医に相談してください。

小麦や大豆のアレルギーだったら、アレルゲンを含まないグレインフリーのドッグフードが大いに役立ってくれます。飼い犬がアレルギー体質でなくても、安全なものを与えたいと考える飼い主にとっては力強い味方ですね。

グレインフリーのドッグフードを選ぶときのポイント3

①原材料の品質はヒューマングレードか?

ドッグフードの原材料

穀物以外の原材料やその質をしっかりチェックしておきましょう。使われているものはドッグフードのパッケージに記載されています。

危険なものが含まれていないかどうかを確認して、納得したものを購入してください。中には動物の骨や羽、死骸、病死した動物の肉など粗悪なものもあります。

危険な原材料の例

ミートミール、ミートエキス、ミートパウダー、肉類、家禽ミート、〇〇副産物など

最近は「ヒューマングレード」と呼ばれる、人間が食べられる材料を使用したドッグフードも多く出回っていて、質の高いドッグフードが多く見受けられます。そういったフードを選ぶようにしましょう。

②人工添加物を使用していないドッグフードを選ぶ

ドッグフードの中には、人間が絶対に口にしないような人工的な「保存料」「着色料」を使用した商品もいまだにあります

このような添加物は犬の体に蓄積していき、悪影響を与えることが心配されています。

以下が代表例です。

危険な添加物の例

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシン、赤色●号、黄色●号、青色●号など

ホームページを確認し、「無添加」をうたっている商品を選ぶようにしましょう

③1,000~3,000円未満の価格帯を選ぶ

1kgあたり1,000円未満のドッグフードは品質の悪い原材料が使われていることが多いので、避けるべきです。また、1kgあたり3,000円を超えるドッグフードは、よほど裕福な家庭でない限りは家計を圧迫します

続けられない値段のものに手を出すと、頻繁にドッグフードを変更することになりかねません

グレインフリーでありながらも、比較的良心的な価格のドッグフードを選ぶようにしましょう。

グレインフリードッグフードに関する疑問

グレインフリーは子犬に与えても大丈夫?

グレインフリーのドッグフードには「全ライフステージ用」と書かれたものもあり、子犬に与えても問題ありません。動物性タンパク質も子犬に必要な「粗タンパク質22.5%」を超えたものが多いので、問題はないでしょう。

肝臓や腎臓に負担がかかるって本当?

結論から言えば心配ありません

グレインフリーは高タンパクなフードなので、肝臓や腎臓に負担がかかるのでは…と心配する人がいます。

タンパク質を分解するとアンモニアができ、それらを無毒にするために肝臓や腎臓の働きが必要なためです。タンパク質が多い=肝臓や腎臓の働きがより多くなる=負担、と思われているわけです。

しかし、それは肝臓や腎臓に疾患があったり、具合が悪かったりする場合だけです。一般的に体調が悪くないワンコなら、高タンパクなドッグフードが負担になることはありません。そのほかの内臓にも負担が大きくなることはないので、安心して与えてください。

グレインフリーでおすすめなドッグフードを比較!

グレインフリーのドッグフードを選ぶ際のポイントをご紹介しましたが、ここでおさらいです。

  1. ヒューマングレード(人間が食べられる原材料のみを使用)
  2. 人工添加物不使用
  3. 1kgあたり1,000~3,000円の商品(価格が安すぎず、高過ぎない)

これら3つのポイントがそろっていれば、家計にも比較的やさしい良質なグレインフリードッグフードと考えて間違いありません

しかし、飼い主さんが自らこれら条件を備えたドッグフードを探し出すのは非常に困難です。

当サイトでは、43種類のドッグフードをレビュー・比較してきましたが、その中でも8種類の良質なグレインフリーのドッグフードをご紹介します

43種類のドッグフード比較結果はこちら

商品名 ヒューマングレード 人工添加物 1キログラム価格
モグワン 不使用 1,760円~
カナガン 不使用 1,584円~
ネルソンズ 不使用 1,248円~
ナチュロル 不使用 2,900円
アカナ 不使用 2,160円
ピッコロ 不使用 2,640円
アーテミス オソピュア 不使用 2,258円
オリジン 不使用 2,457円

上記の比較からわかることは、「思ったよりも安く購入できる商品がある」ということではないでしょうか?

しかし、それでも8種類あるとどれを選べば良いかわからない、という飼い主さんもいるはずです。

そこで、特におすすめの商品を3つに絞ってランキング形式でご紹介します

【グレインフリー 】おすすめのドッグフードランキング3

上記の比較を踏まえて、おすすめのグレインフリードッグフードをランキング形式で3つご紹介します

  1. グレインフリー(穀物一切不使用)
  2. ヒューマングレード(人間が口にしても問題ない原材料のみを使用)
  3. 人工添加物不使用
  4. 上記、3条件を満たしながらも低価格
モグワン
モグワンドッグフードの評価

モグワンの特徴

全犬種・全年齢対応のため、どんなワンコにでもあげられます。食いつきを重視して開発された商品のため、「食べてくれない!」とお困りの飼い主さんにおすすめしたいドッグフードです。また、サーモンオイルによる効果で毛並みが綺麗になるといった効果も期待できます。

評価
主原料 チキン&サーモン56%
成分 粗タンパク質28%・脂質12%・粗灰分8%・粗繊維3%・水分8%・オメガ6脂肪酸1.62%・オメガ3脂肪酸1.29%・エネルギー約344kcal
価格・内容量 通常購入:3,960円・1.8キログラム/定期購入:3,168円~・1.8キログラム(当サイト限定!初回半額キャンペーン中
1キログラムあたり価格 通常購入:2,200円/定期購入:1,760円~
DOGGY.編集部コメント

1kgあたりの価格は2位のカナガン、3位のネルソンズよりも若干高めです。ただ、ドッグフードはワンコが食べてくれないと意味がありません。モグワンは、食いつきがいいと好評であるため1位としました。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンの公式サイトを見る

モグワンの評価を見る

カナガン
カナガンドッグフード

カナガンの特徴

全犬種全年齢対応のため、全ての飼い主さんにおすすめできます。動物性タンパク質が豊富で、毎日のお散歩が欠かせないといったアクティブなワンコの筋肉を維持するのに役立ちます。

評価
主原料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
成分 粗タンパク質33.00%・脂質17.00%・粗灰分9.00%・粗繊維3.50%・水分8.50%・オメガ6脂肪酸2.80%・オメガ3脂肪酸0.90%・リン1.42%・マグネシウム0.10%・ナトリウム0.60%・カルシウム1.86%・カリウム0.60%
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,168円・2キログラム
1キログラムあたり価格 1キログラムあたり 通常購入:1,980円/定期購入:1,584円~
DOGGY.編集部コメント

グレインフリーのドッグフードといえばカナガンを思い浮かべる人も多いほど、有名なドッグフードです。全ての基準を満たしながらも、家計にやさしい価格が魅力です。

カナガンの公式サイトを見る

カナガンの評価を見る

ネルソンズ
ネルソンズ

ネルソンズの特徴

グルコサミンやコンドロイチンといった人間の関節にも注目されている成分が含まれています。タンパク質も豊富なため、アクティブなワンコがいつまでも元気でいてくれるのを助けます。

評価
主原料 乾燥チキン(28%)、チキン生肉(20%)
成分 粗タンパク質30%・脂質15%・粗繊維2.5%・粗灰分7.5%・水分8%・オメガ6脂肪酸4.2%・オメガ3脂肪酸0.7%・エネルギー約362kcal
価格・内容量 通常購入:7,800円・5キログラム/定期購入:6,240円~
1キログラムあたり価格 通常購入:1,560円/定期購入:1,248円~
DOGGY.編集部コメント

1kgあたりの価格をもっとも抑えながらも、全ての条件を満たすフードですが、パッケージ容量が5kgしかなく試すのには大きすぎるのが難点です。「うちのワンコは好き嫌いがない!」という飼い主さんには是非おすすめしたい商品です。

ネルソンズの公式サイトを見る

ネルソンズの評価を見る

グレインフリーのドッグフードで迷ったら、「モグワン」がおすすめ!

モグワンとトイプードルの写真

基本的には、比較した8商品であればどれを選んでも最高品質です。

さらにランキングで挙げた3商品は、価格も抑えめで飼い主にとってもありがたい商品です。

ですが、迷ったらモグワンをおすすめします

モグワンをおすすめする理由
  1. 必須脂肪酸が豊富なため、綺麗な毛並みづくりに好評!
  2. 飼い主の「食べてくれない!」というストレスを解消するために開発された商品
  3. 最高品質でありながらも家計にやさしい価格
  4. 購入個数に応じて割引が効く
  5. お届け周期・お届け個数が自由に選べて、自動定期配送!解約・休止はいつでも自由

モグワンはグレインフリーで最高品質のドッグフードでありながらも、低価格で購入できるため、無理なく続けられるのではないでしょうか。

続けていくうちに、グレインフリーによる皮膚トラブルの改善や消化不良、便の状態の改善、サーモンオイルによる綺麗な毛並みづくり、豊富なタンパク質によるしっかりとした足腰に効果が期待できます

いつまでも健康で元気にいられるように、モグワンを試してみてください。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする