あのドッグフードを評価!

ファインペッツドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

ファインペッツドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したファインペッツドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

ファインペッツドッグフードとは?評価は?

ファインペッツは、カナダTLCペットフード社の処方を元に、日本の法人がブラッシュアップしたドッグフードです。原材料や栄養バランスにかなりこだわっていて、質の高いドッグフードといってよい一品ですね。


ファインペッツ
総合評価
価格・内容量
  • 「新処方ドッグフード」3,394円・1.5キログラム
  • 「極(KIWAMI)」5,278円・1.5kg
コスパ

  • 「新処方ドッグフード」1キログラムあたり2,262円
  • 「極(KIWAMI)」1キログラムあたり3,518円
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ○(極(KIWAMI)のみグレインフリー)

ファインペッツではあえて穀物を使用したフードを作り続けていましたが、最近になってグレインフリーも登場しました。どちらも動物性タンパク質たっぷりで、犬の体を考慮した栄養バランスになっています。その分価格が高めですが、これだけのこだわりと品質を保ったものなら納得感を感じられると思います。

では、ファインペッツドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

ファインペッツ公式サイトへ行く

ファインペッツドッグフードの品質は?

ヒューマングレードの鹿・鶏・鮭だけを利用!

ファインペッツに使用されている原材料は、すべて「人が食べられる品質」、つまりヒューマングレードです。カナダの厳しいペットフード法に則り、安全性にはかなり配慮されています。しかも牛・豚・ササミはアレルギー性が強い、として一切使用していません。動物性タンパク質として使用されているのは、鹿・鶏・鮭肉のみです。

鶏肉はドッグフードによく利用される原材料にもかかわらず、その中でもササミだけを取り除くという徹底ぶりです。この徹底のしかたがファインペッツの安全性へのこだわりを物語っています。原材料は、犬の体の良いものだけに絞る。そんなこだわりが飼い主を安心させてくれるドッグフードです。

メインはグレインフリーではないがグルテンには配慮

ファインペッツのメインはグレインフリーではないタイプです。最近になってグレインフリータイプが出ましたが、今のところ多く利用されているのは穀物入りタイプのほうでしょう。使用されているのはオートミール、大麦、全粒米の3種類ですが、グレインフリータイプの「極(KIWAMI)」には、もちろん使用されていません。グレインフリーにこだわる人は「極(KIWAMI)」のほうを選んでください。

ただし、穀物入りタイプも消化不良が心配されるトウモロコシは避けてあります。穀物の中でも犬に負担が少なく、体に良い栄養素だけを選んだ結果、「オートミール・大麦・全粒米」の3種類になったということでしょう。ホームページにも穀物への思いを書いてあり、体に良いものを選ぶ、というこだわりと姿勢は感じられます。

肉副産物、化学合成の添加物なし

ファインペッツには「○〇ミール」といった肉副産物、化学合成の添加物などは一切使用されていません。質の悪いもの、犬の体に良くないものを避けてあるので、安全面でも信頼を置けるドッグフードといってよいでしょう。

そして、特筆すべきは放射能検査やペットフード安全法に基づく検査結果を公表しているところです。ホームページにその資料のリンクがあり、購入前に確認できます。情報開示が徹底していて、品質に自信を持っているのがよく分かりますね。細かくチェックしたい人はぜひホームページをのぞいてください。飼い主が知りたいポイントを押さえて、分かりやすく解説してあります。

ファインペッツドッグフードが他のドッグフードと違うところ

グレインフリータイプの主原料は「フランス産アヒル肉」

ファインペッツのグレインフリータイプ「極」で主原料になっているのは、フランス産アヒル肉です。乾燥ニシンもタンパク源として使用されており、他のドッグフードとは少し違うフレーバーが特徴的ですね。

食いつき改善に違うフードを探している人は、こういった少しめずらしいフレーバーのフードがおすすめです。また、グレインフリータイプは肉原材料配合率が90%とかなり高めですから、動物性タンパク質が多いものを探している人にも向いています。

ファインペッツドッグフードのデメリットは?

1日の給与量が少なめで食べごたえがないかも?

ファインペッツは1日の給与量が少なめなので、いままでたっぷりのドッグフードを与えていた人は、その量に不安を持つかもしれません。「これじゃ少ないかも?」と思っていつも通り与えてしまうと、カロリーオーバーになってしまいます。切り替え時は給与量に注意が必要です。

ただ、少量で多くの栄養をとれるように、というのもファインペッツのコンセプトの一つなので、量にさえ気を付けておけば、犬の体には影響ありません。消化吸収率も87%とかなり高めで、体の負担を考慮してあり、ワンコの健康維持に関しては心配ないでしょう。

ファインペッツドッグフードの代金は?

※穀物入りタイプ「新処方ドッグフード」で算出

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、グレインフリータイプ「極(KIWAMI)」5,278円・1.5kg、「新処方ドッグフード」3,394円・1.5キログラムの2つで算出していきます。

どちらも給与量は同じです。

体重4kgの犬の場合

1日の給与量 40g~48g ですから、

48g×30日=1.44kg となり、

1.5kgのファインペッツドッグフードが1袋弱(0.96袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
  • グレインフリータイプ「極(KIWAMI)」5,278円×0.96=5,067円
  • 穀物使用タイプ「新処方ドッグフード」3,394円×0.96=3,258円

体重6kgの犬の場合

1日の給与量 60g~72g ですから、

72g×30日=2.16kg となり、

1.5kgのファインペッツドッグフードが1袋強(1.44袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
  • グレインフリータイプ「極(KIWAMI)」5,278円×1.44=7,600円
  • 穀物使用タイプ「新処方ドッグフード」3,394円×1.44=4,887円

体重8kgの犬の場合

1日の給与量 80g~96g ですから、

96g×30日=2.88kg となり、

1.5kgのファインペッツドッグフードが1袋強(1.92袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
  • グレインフリータイプ「極(KIWAMI)」5,278円×1.92=10,133円
  • 穀物使用タイプ「新処方ドッグフード」3,394円×1.92=6,516円

体重10kgの犬の場合

1日の給与量 100g~120g ですから、

120g×30日=3.6kg となり、

1.5kgのファインペッツドッグフードが1袋強(2.4袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金
  • グレインフリータイプ「極(KIWAMI)」5,278円×2.4=12,677円
  • 穀物使用タイプ「新処方ドッグフード」3,394円×2.4=8,146円

※給与量の最大値で計算

給与量は少なめですが、やはりグレインフリータイプは価格が高めです。もう少し価格を押さえたい人は、パッケージを4kgタイプにしてみましょう。大きめサイズのほうが1kg当たりの価格が安くなるのでお得になります。3ヵ月以内に食べきれるなら、大きいパッケージを選ぶのがおすすめです。

また、ファインペッツのホームページには、愛犬の体重を入れるだけで1日の給与量や1か月あたりの給与量、1.5kg・4kg・8kgで与えた場合の1日当たりのフード代金が算出できるシステムがあります。これは非常に便利なので、もっと詳細に愛犬に合わせた価格を知りたい人は、こちらを使用してみてください。

給与量や価格が詳細にわかるページ

ファインペッツ公式サイトへ行く

すべてを考慮してファインペッツドッグフードを評価すると?

品質は〇!価格は△の「安心安全なドッグフード」

ファインペッツは、質の高いドッグフードといってよいでしょう。グレインフリータイプも販売されて、さらに選びやすくなったのではないでしょうか。原材料へのこだわりと安全性への気配りは、飼い主を安心させてくれます。その分価格が高いですが、大きめパッケージを利用して価格を押さえるなど、工夫すれば価格を押さえることもできます。

かなりこだわりを持って原材料を選んでいるので、穀物入り・グレインフリーともに安全であることは間違いないです。しっかりと品質管理された質の高いフードですから、安心して与えられるドッグフードといってよいでしょう。

ファインペッツをおすすめできないのはこんな人!

ファインペッツをおすすめできない人
  • 質より価格が大切な人

ファインペッツのデメリットは価格ですから、質より価格が大切な人にはおすすめできません。穀物入りのラインナップでも高い、と感じる人は、他のフードを与えたほうがストレスが少ないです。

ファインペッツはこんな人におすすめ!

ファインペッツをおすすめしたい人
  • ヒューマングレード・グレインフリーのフードを探している人
  • 食いつき改善用のフードを探している人
  • 品質管理を徹底しているフードを探している人

ファインペッツは安全性と質の高さが魅力です。ヒューマングレード・グレインフリーを探している人はもちろん、「もっと良いものを与えたいなぁ」と漠然と思っているなら、ファインペッツぐらいのグレードが最適です。

毎日与えるのが価格的につらい場合は、混ぜ込み用としてもよいでしょう。食いつき改善用のフードを探している人は、少しめずらしいアヒルの肉を利用したグレインフリータイプがおすすめですね。

ファインペッツ公式サイトで購入する

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る