ドッグフードの選び方

ドッグフードのドライタイプの特徴と選び方は?ウェットタイプとの違いは?

犬を飼い始めたとき、最初に直面するのが「どんなドッグフードを与えればいいのか」という問題です。犬の健康を考えれば、いい加減なものは与えられません。でも、初めて犬を飼う人はドッグフードのことをほとんど知りませんから、ドッグフード選びも大変です。以前と違う犬種を飼うことになった人は、「前と同じフードでいいの?」と迷うこともあるでしょう。

近年のペットブームに乗り、ドッグフードの種類は格段に増えました。今は飼い主がドッグフードに関する知識をきちんと身につけ、愛犬に合わせたものを選んであげる時代です。

ドッグフードは大きく分けて「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」があります。この二つの違いと特徴をつかんで、年齢やその子の体質に合わせた、ベストなフードを与えてあげましょう

ドライタイプとウェットタイプの違いはなに?

ドライタイプの特徴は栄養価の高さと保存のしやすさ

ドライタイプのドッグフード

「ドッグフード」と聞いて多くの人が思い浮かべるのがこのドライタイプではないでしょうか。小指の先程度の小粒なものから親指の爪ぐらいの大粒のものまであり、水分が少なく乾いてカリカリしているのが特徴です。

このドライタイプは、水分が少ないので保存しやすく、開封した後も常温で保存できます。犬の主食として適していると認定されたものは「総合栄養食」と記載されており、多くの犬がドライタイプを主食としています。

栄養価が高いので、総合栄養食のドライタイプだけ食べていれば健康を損なうことはありません。栄養不足にならないこと、犬の健康を守ることを考えるなら、ドライタイプほど優秀なドッグフードはないと言ってよいでしょう。

ウェットタイプの特徴は食いつきの良さと水分の多さ

ウェットタイプは、缶詰やパウチで販売されている水分が多めのドッグフードです。ドライタイプと違って素材の食感が残っているのが特徴です。

ウェットタイプの特徴は、なんといっても犬の食いつきが良いことでしょう。食に神経質なワンコはドライタイプを嫌がることが多いですが、ウェットタイプならすんなり食べてくれることもよくあります。ドライタイプに比べて犬が「美味しい」と感じやすいフードと言えるでしょう。

ただ、水分が多いので栄養価はそれほど高くありません。主食として与えるには不十分なものが多く、ドライタイプに多い「総合栄養食」ではなく「その他の目的食」になっているものがほとんどです。

ドライタイプとウェットタイプ、与えるならどっちがいい?

基本のフードはドライタイプに!

前述したような特徴を踏まえると、犬の常食として与えるのはドライタイプが良い、と言えます。ドライタイプは総合栄養食として認められた栄養価の高いドッグフードが多く、種類も豊富です。そのため年齢や特徴に合わせて選びやすいというメリットもあります。

また、ペットショップや動物病院ですすめられるのもドライタイプのほうが多いです。保存がききやすいので飼い主にストレスがかかりませんし、ウェットタイプに比べると価格も安め。長く続けて食べさせるフードとしては、ドライタイプがベストといってよいでしょう。

ドライフードとウェットフードのミックス

ウェットタイプを使うなら、ドライタイプに混ぜて与えるのがおすすめです。フードを嫌がる子にはウェットタイプが大いに役に立ってくれますし、飼い主のストレスを軽減してくれます。

ただし、ウェットタイプを与えすぎるとそれだけを欲しがる傾向があるので、その点だけは要注意です。スペシャルフードとして特別な時だけ試してみたり、いつものフードにほんの少量混ぜてみたりして、くせになりすぎないラインを探ってください。

犬の年齢や特徴に合わせて与えるのがベスト!

ドッグフードを食べるミニチュアダックス

常食はドライタイプがおすすめではありますが、年齢や月齢によってはウェットタイプのほうが良いこともあります。老犬になって食べる力が弱くなったり、あごの力が弱くなったりしたら、水分が多く食べやすいウェットタイプをすすめられることもあるでしょう。

大切なのは、犬の年齢や体質など、その時々の特徴に合わせて選んであげることです。「ドライフードじゃないとだめ!」と決めつけるのではなくて、臨機応変に選んでください。

特にアレルギーや皮膚疾患がある場合は、そのことを一番に考慮してあげなければいけません。症状が悪化しないよう、獣医がすすめるもの、無添加のものを常食にしてあげましょう。

また、去勢や避妊手術を受けている場合も同じです。太りやすくなるという特徴を踏まえて、「去勢・避妊手術用」と記載されたものを選ぶなど、愛犬に合わせた工夫と配慮を忘れないようにしてあげてください。

ドライタイプのドッグフードの選び方

高タンパクで栄養バランスに優れているドッグフード

チキン

ドッグフードを選ぶときに最も大切にしてほしい点は、良質なタンパク質がたっぷり含まれているかどうかです。

もともと肉食の犬にとって、主となるべき原材料は「タンパク質」。筋肉維持のためにも、健康管理のためにも、良質なタンパク質は欠かせません。特に活動量が多い成犬は、タンパク質の含有量が多いドッグフードが理想的です。

また、良質な原材料であることも大切な要素です。必ずチキンや乾燥サーモン、ラム肉など、分かりやすい原材料がかかれたものを選んでください。

注意したいのは「○○ミール」「肉類」など、何の肉か分からない原材料です。粗悪な肉を使っている可能性があるので、そういったドッグフードは基本的に避けましょう。できれば、人間が食べられるぐらいの品質を保っている「ヒューマングレード」と書かれているものが理想です。

グレインフリー・無添加のドッグフード

肉食でタンパク質主体の犬にとって、穀物はとても苦手な食べ物です。「昔はごはんに肉を乗せてやっていた」なんていう人もいますが、それは遠い昔の話。精製されているとはいえ、人間が食べるご飯や小麦を原材料としたものは犬の食べ物として適していません。

そのため、前述したようにドッグフードは動物性タンパク質が主体で「グレインフリー」が理想的です。グレインフリーとは穀物を全く使用していない、犬に適したドッグフードのこと。小麦や大豆、トウモロコシと言ったアレルゲンになる材料を使っていないので、安心して与えられます。

また、無添加であることも欠かせない要素です。ドッグフードには必ず保存料が使われていますが、それでも人工的な添加物が少ないに越したことはありません。自然由来の保存料のみのほうが確実に安全と言えますので、ドッグフードを選ぶときは添加物のチェックもしてください。人工的な添加物、「BHA」、「BHT」、「没食子酸プロピル」、「エトキシキン」といった表記があるものは避けておきましょう。

必須脂肪酸(オメガ3・オメガ6脂肪酸)が含まれている

サーモンオイル

最近のドッグフードは、動物性タンパク質の他にもいろいろな栄養素が含まれていて、健康的な皮膚や美しい毛並みの管理に大いに役立ってくれます。必須脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」もその栄養素の一つです。

オメガ3は人間の美容・健康分野で脚光を浴びているので、よく知られているのではないでしょうか。これらの脂肪酸、特にオメガ3脂肪酸には認知症予防にもなるDHA、EPAといった要素も含まれているので、老犬にとっても嬉しい栄養素です。

これら必須脂肪酸が含まれているドッグフードには、原材料にサーモンオイル、ヒマワリ油、大豆油と言った良質なオイルが含まれています。原材料名チェックの時には、これらオイル類にも着目して選んであげてくださいね。

条件を満たすおすすめのドッグフード

これまでにドライタイプのドッグフードを選ぶ際には以下の3つの基準を満たすものがいいとお伝えしてきました。

ドライタイプのドッグフードの選び方
  1. 動物性タンパク質メインで高タンパク
  2. グレインフリー・無添加で犬にとって無駄なものが入ってない
  3. 必須脂肪酸が含まれている

これらを満たすドッグフードで、費用的にもお得なものをご紹介します。

おすすめはモグワンドッグフード

これら3つの条件を満たしながらも、コスパのいいフードはモグワンです。

モグワン

チキン生肉・生サーモンを主体とし、動物性タンパク質の割合は50%以上と高い数値です。また、穀物や人工添加物も不使用で犬の体にも優しい配合となっています。

このように犬にとって理想的なフードのことを、「プレミアムフード」と呼びます。プレミアムフードは1キログラムあたり3,000円を越すものが珍しくありませんが、モグワンドッグフードは、1,980円とかなり家計に優しい料金設定です。

愛犬のためにいいドライフードをお探しであれば、モグワンをおすすめします。

\ 公式サイト限定!最大20%割引 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る