ドッグフードの選び方

海外のドッグフードって安全なの?国産と比べてどう?安全なドッグフードの基準は?

秋田犬

「国産が一番!」はドッグフードにも当てはまる?

人間が食べるものは「国産が安全で高級感があり、美味しい」というイメージがあるのではないでしょうか。魚介類にしても農産物にしても、とにかく「国産」の品質が良い、という共通認識は確かに存在しています。

しかし、ドッグフードに関しては必ずしもそれが当てはまるとは限りません。今でこそペットは人間のパートナーとして認められていますが、海外に比べれば、日本はまだまだ発展途上です。こういったペットへの考え方は、ドッグフードの品質に影響があるのでしょうか。国産だから大丈夫、というのは安易な選び方なのかもしれません。

海外産と国産のドッグフードが店頭に並んでいる今、ドッグフードの安全基準を知っていることはとても大切なことです。ここでは海外のドッグフードと国産ドッグフードの違いや、安全なドッグフードの選び方についてご紹介していきます。海外産のドッグフードに不安を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

海外のペットフードと国産ペットフードの違い

海外の基準となっているのは「AAFCO(米国飼料検査官協会)」

アメリカ

海外のドッグフードを手に取る時、最も気になるのはやはり安全性だと思います。そこで、海外の多くのドッグフードの基準となっている「アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)の基準」について知っておきましょう。

AAFCOの基準はアメリカのみならず、日本を含む諸外国でもドッグフードを作る際に多く参考にされている基準です。犬が健康を維持するために必要な栄養素とその割合、使用してよい添加物や表示規定などを示してあり、安全なドッグフードのガイドラインとなっています。

この基準の役割はとても大きく、一定の安全を担保したドッグフードが販売できるのは、この基準のおかげといっても過言ではないでしょう。ただし、この基準を満たしているから最高品質というわけではありません。犬の健康を守るため、必要な栄養素や使うべきではない添加物などを考慮されていますよ、ということの証です。

また、AAFCOは認定や承認を行う機関ではないため、「AAFCO認定」などという表記はできません。品質の悪いものを取り締まるための法律ではないので、その点だけは注意しておきましょう。

日本の「ペットフード安全法」とは?

秋田犬

そして、日本のドッグフードがどんな基準で作られているのかを知っておきましょう。国産ドッグフードは「ペットフード安全法」という法律で基準が定められています。前述したアメリカのAAFCOの基準を元にしたもので、この法律でペットフードに記載する項目、ペットフードの輸入業者・製造業者の届け出などが義務付けられました。

この法律により、問題が起きた時には立ち入り検査や廃棄・回収などの命令ができるようになりました。基準や規格に合わないもの・有害物質を含むペットフードの製造は禁止されています(環境省自然環境局)。国産ドッグフードに関しても、一定の安全が担保されるようになったといってよいでしょう。

しかし、この法律が施行されたのは2009年です。それまでは特に規制などなく、ドッグフード製造業者の判断でなんでも販売できていたということですから、世の中のペットブームに比べるとかなり遅れていたことが分かります。「国産ドッグフードは安心できない」という人がいまだにいるのも仕方がないことかもしれません。

海外と国産の安全性の違いは?

これらの情報をまとめると、以下のことが分かります。

  • 海外産・国産ともに栄養と安全に関する基準がある
  • 基準がクリアされていれば一定の安全性は担保されているといってよい
  • ただし、ひとつひとつをチェックして取り締まっているわけではない

ポイントになるのは3つ目、「ひとつひとつをチェックして取り締まっているわけではない」というところです。

それぞれのドッグフードをチェックして合否判定しているわけではないので、100%安全を担保されているとは言えない。しかし海外産でも国産でも、一定の安全基準はある。それが今のドッグフードの安全性ということです。

これは人間の食べ物でも同じです。加工品でも生食用でも、規定に沿った原産地や原材料などの項目が、業者の申し出によって記載されています。製品のチェックは業者に任されており、国の機関がひとつひとつ合否判定するわけではありませんが、規定にそった原材料選びやパッケージの表示が安全を示す基準となっています。

これらのことを加味すると、海外産ドッグフードも国産ドッグフードも、多くのドッグフードで基準に従って原材料や添加物を選んであり、一定の安全性は保たれていると考えてよいのではないでしょうか。悪質な業者によって粗悪な原材料を混ぜ込まれないとも限りませんが、ペットが家族として認知されるようになった今、そういった悪質なものが主流として流通する可能性は極めて低いです。

そのため、飼い主のドッグフードに対する意識や知識量はとても重要と言えます。一部の粗悪なものをつかまないよう、飼い主が知識を持ってしっかりチェックしておく。それが安全性を高めるための、一番大切なポイントといってよいでしょう。

安全重視でドッグフードを選ぶ方法

粗悪な原材料・添加物を使っていないこと

喜ぶ犬

安全を何よりも重視するなら、粗悪な原材料や人口添加物を排除したものを選ぶのが一番確実です。危険性の高いものは以下の通りです。

原材料

○○ミート 肉副産物 ○○エキス ミートエキス ミートミール 〇肉副産物

添加物

エトキシキン ブチルヒドロキシアニソール(BHA)  ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

原材料を見る時は、必ず「読んで分かる原材料かどうか」をチェックしてください。チキンや乾燥サーモン、ターキーなど動物名がかかれているものは安全と言えます。逆に、上にあげたような「○○ミート」などの表記は、何が使われているか分からないため、安全とは言えません。

また、添加物も同じように上にあげたものは要注意です。強力な酸化防止剤ですので決して安全とは言えません。病気の原因となりかねませんので、原材料名にこの表記があった場合はそのドッグフードの使用を避けてください。

ただ、ドッグフードは保存できることも大切なので、1種類の酸化防止剤は使われている可能性が高いです。完全無添加が理想ではありますが、難しい場合もあるでしょう。その時は上にあげたような危険性の高いものを避けておくことが大切です。

フードの見栄えの良さや色合いに騙されないこと

着色料

ドッグフードはおいしそうな色合いを出すために、合成着色料が使われている可能性があります。着色料がすべて悪いわけではないものの、やはり注意は必要です。

日本名で表記している場合は「赤色〇号」「青色〇号」などと表記されています。これらは極力使われていないほうが理想的と言えます。人間の食べ物でも、色鮮やかすぎるものは合成着色料が使われており、避ける傾向にあります。

これら人工的なものは、口にするとすぐに悪影響が出るわけではありません。長く使用したり一定量摂取したりことで悪影響がある、と考えられているということです。

特にセミモイストタイプのドッグフードは、美味しそうな肉の色を出すために赤色の着色料が使われている可能性があります。過剰になる必要はありませんが、必ず着色料もチェックしておいてください。

飼い犬の特徴や体質に合わせること

前述したように、海外のドッグフードも国産のドッグフードも、安全基準が設けられ、一部の粗悪なものを除いて一定の質が保たれています。そうすると、安全性という面では大きな差がないように感じられます。

しかし、安全だから飼い犬と相性が良いとは限りません。太りやすい体質だったりアレルギーを持っていたり、犬も人間と同じように特徴があります。その特徴に合わせてあげることも大切な要素です。

特にアレルギーや皮膚が弱いと診断されたワンコは食べ物に気を付けてあげましょう。海外産・国内産に限らず、体質を考慮して選ぶことが大切です。疾患があるワンコの場合、最も確実なのは疾患のことをよく知る獣医に聞いてみることでしょう。それぞれの疾患を悪化させないドッグフードをよく知っていますので、かかりつけの獣医に聞いてワンコの体質に合わせたものを選んでください。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る