ドッグフードの選び方

ドッグフードの成分の意味は?原材料と成分表の違いはなに?

ドッグフードの成分の意味

ドッグフードには、原材料名の記載とは別に「成分表」があるのをご存知でしょうか。「成分表なんて見たことない」という人も多いかもしれません。多くの人は原材料を気にしていますが、成分については関心が少し低めだと思います。

成分表とは、そのドッグフードに含まれている成分、タンパク質や脂質などのバランスを記載したものです。これらは「ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則」で表示が義務付けられていて、その規約に基づいて記載されています。

表示されている成分は、ドッグフードを比較検討する時にとても大切な要素です。犬の健康管理のためはもちろん、美しい毛並みや皮膚の維持にも成分表の確認が欠かせません。

ここでは、表示されている成分の意味や、良いドッグフードの見分け方などをご紹介しています。基本のドッグフード選びに迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

ドッグフード成分表の意味

原材料名と成分表の違い

ドッグフードを食べる犬

まず、原材料名と成分表の違いについて知っておきましょう。この2つは意味が全く違うので、混乱を避ける意味でも違いを知っておくのが大切です。

原材料名とは、そのドッグフードを作る時に使った材料を記載したものです。チキンやターキー、乾燥サーモンなどという表記がそれにあたります。人間の食べ物でいえば、ハンバーグを作る時のひき肉・パン粉・卵・玉ねぎなどが原材料です。

それに対して成分表とは、ドッグフードを形成する成分を記載したものです。タンパク質、脂質といった表記がそれにあたります。表示項目は「ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則」で決められているので、どのドッグフードにも同じ項目が記載されています。

同じ項目が記載されているということは、比較検討しやすくなっているということです。原材料だけでなく、成分も大切と考えられている証拠と言えます。

犬の体に大切な成分が、どれぐらい含まれているのか。それが分かるのが成分表です。ドッグフードを選ぶときの検討項目として、頭に入れておくと役立ちます。

成分表に表示されている項目

成分表に表示する項目は、以下のように決められています。

成分の表示は重量百分比とし、次のとおり記載するものとする。

たんぱく質・・・ %以上

脂質・・・・・・ %以上

粗繊維・・・・・ %以下

灰分・・・・・・ %以下

水分・・・・・・ %以下

上記成分の分析方法は、農林水産省消費・安全局長の定める飼料分析基準又はこれに準ずる国際的検査基準による。ただし、脂質については、酸分解処理が必要なペットフードではこれらの基準の酸分解抽出法による。なお、「たんぱく質」は「粗たん白質」、「脂質」は「粗脂肪」、「灰分」は「粗灰分」とそれぞれ記載できるものとする。“

参照:ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則

つまり、成分表に表示してある項目は「タンパク質・脂質・繊維・灰分・水分」の5項目ということです。

「粗タンパク質」「粗脂肪」など頭に「粗」が付いている場合がありますが、決して粗い(あらい・粗雑な)という意味ではありません。成分表を見たことがない人は、ぜひドッグフードのパッケージを確認してみてください。必ずこの5項目がパーセンテージで表記されています。

これらは保証値といい、それぞれ○○%以上であること(タンパク質・脂質の表記)、○○%以下であること(粗繊維・灰分・水分の表記)を保証する、という意味があります。表示も「成分表」ではなく「保証成分」と記載されているものがあり、人間の食品とは表示方法が違っています。

この表記から分かることは、犬の栄養上必須であるタンパク質・脂質に関しては一定量以上が必要であり、その他の成分(粗繊維・灰分・水分)は多すぎると栄養低下・カロリー低下につながるため一定量以下が良いと考えられている、ということです。

犬の食事は多くの場合ドッグフードだけですから、それだけで必要な成分をすべて摂取しなければいけません。食事回数を自由に増やしたり減らしたりすることもできませんので、よりバランスが重視されていることが分かります。

それぞれの項目の意味

タンパク質

タンパク質

タンパク質は、ドッグフード選びの中で最も重要な要素といっても過言ではありません。筋肉の維持・健康的な皮膚の維持に欠かせないのがタンパク質であり、犬の主食でもあります。タンパク質が少ないと健康は保てませんし、毛並みにも影響が出てきます。

毎日のドッグフードとして最適な「総合栄養食」の基準では、子犬用・妊娠/授乳期用で22%以上、成犬用で18%以上と定められています。(※1)この基準は最低限必要な基準であり、それ以上含まれているものもたくさんあります。

安全な原材料を使用した、高タンパクな食事。これが犬の食事の理想形ですから、タンパク質はできるだけ多く含まれているほうが理想に近いと言ってよいでしょう。

脂肪

脂質は摂りすぎが気になりがちな成分ですが、体温維持やエネルギー源として必要な成分です。犬の総合栄養食では、子犬用・妊娠/授乳期用で8%以上、成犬用で5%以上が必要と定められています。(※1)

総合栄養食の場合、上記の数値以下のものは基本的にないと考えていてもよいでしょう。脂肪が多めで「10%以上」と記載されていても、健康な犬なら問題はありません。脂質量を気にしすぎないようにしてください。

繊維

いわゆる食物繊維がこの項目にあたります。適量を摂ることで便秘や肥満を防ぐことができる成分です。人間も便通の改善に欠かせない成分として知られています。

ただ、犬の食事に関して言えば、タンパク質・資質に比べると重要度は下がります。多すぎるとタンパク質の吸収を阻害するため、市販のものの多くは4%以下です。この数値が大きすぎるものは避けたほうが良いでしょう。

灰分

灰分はいわゆるミネラルのことです。カルシウムやカリウム、リン、ナトリウムなどがそれにあたります。市販のものの多くは5%から10%程度の灰分が含まれています。

カルシウムやカリウムは人間の健康にもよいと言われている成分ですが、多ければよいというものではありません。これも繊維と同じように、数値が大きすぎるものは避けておきましょう。

水分

ドッグフードにも、適度に水分が含まれています。ドライタイプの場合は水分が10%前後、セミモイストやソフトタイプは25%~35%の水分量です。

水分は食べやすさやのど越しに関係する部分なので、健康状態よりも食いつきの良さに影響します。犬の好みで選んであげるとよいでしょう。水分量が多いほど保存が難しくなるため、選ぶときは保存期間や保存方法にも注意が必要です。

その他の成分

その他の成分は、各ドッグフードメーカーが自主的に表記しているものです。グルコサミンやオメガ3・オメガ6などが代表的な成分で、表記はパーセンテージや1キロあたりの含有量(mg/kg)で記載されています。

その他は保証成分ではなく、任意で含まれている含有成分です。犬の健康維持には大きな影響はないものの、より健康な皮膚や毛並み維持に役立つ成分が含まれている、と考えておけばよいでしょう。

良いドッグフードを選ぶときに大切なこと

原材料名と成分表はセットで見ること!

喜ぶ犬

ここまで、原材料名と成分表の違いや成分表の意味についてご紹介してきました。では、良いドッグフード」を選ぶために、成分表と原材料名の内容を見て、どう判断すればよいのでしょうか。

原材料名を見るときのポイントは、安全性です。「肉類」「○○ミート」「肉副産物」といった表記ではなく、チキンやサーモン、ラム肉、鹿肉といった「読んで分かる原材料」が使われていることが大切です。風味に違いはありますが、原材料が安全ならどのドッグフードでも安心して与えられます。また、できる限り穀物類が含まれていないもののほうが、犬の胃腸にやさしいと言えます。

そして、成分表を見るときのポイントは、バランスが取れているかどうかです。総合栄養食であればある程度のバランスがとれていますが、タンパク質や脂質の量はドッグフードによって違っています。特に成長期はタンパク質の量が大切ですので、25%以上と書かれたものが理想的です。

「ドッグフード選びは原材料だけ見ればよい」という意見もありますが、より質の良いもの、犬に合わせたものを選ぶために、成分表のチェックも欠かせません。子犬や老犬は特に栄養バランスが大切ですから、両方をしっかりチェックし、安全性と栄養バランスに気を配ってあげてください。

※1(AAFCO(Association of American Feed Control Official:米国飼料検査官協会)が定めた基準)

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る