ドッグフードの選び方

ドッグフードの正しい選び方は?アレルギーや犬種は関係ある?

ドッグフードの選び方

犬が食べるものは「ドッグフード」が基本です。人間の食べるものを分け与えていた時代もありますが、それは遠い昔のこと。今は犬の身体のことを考慮したドッグフードがたくさん売られていますから、それを与えるのがベストです。

かわいい愛犬が長く元気で過ごせるように、ドッグフードは正しく選びたいものです。数あるドッグフードの中から栄養も食べごたえもベストなものを選ぶには、どうすれがよいのでしょうか。

ここではドッグフードを選ぶときの大切なポイントをご紹介しています。選び方に迷ったり、愛犬がなかなか食べてくれなかったりした時は、ぜひこのポイントをチェックしてください。

ここがポイント!ドッグフードの選び方

グレインフリー・無添加のドッグフード

まずは、安全で犬の身体に適したものを選ぶのが大切なポイントです。その中でも穀物不使用の「グレインフリー」に注目してください。

犬は肉食の動物ですから、穀物の消化が苦手です。小麦やトウモロコシはアレルゲンになりやすく、犬の身体に負担をかけてしまうといっても過言ではありません。肉食の犬に最も大切なのは、動物性タンパク質であり、グレインフリーは理想的なドッグフードの基本系です。

グレインフリー

中には「ヒューマングレード」と呼ばれる、人間が食べられるぐらいの品質を保つものもたくさん販売されるようになりました。グレインフリー&ヒューマングレードなら、さらに安心です。

また、添加物は少ないに越したことはありません。完全無添加でドッグフードを作るのは難しいので、ある程度の添加物は必要ですが、「BHA」、「BHT」、「没食子酸プロピル」、「エトキシキン」といった人工的な保存料には要注意です。自然由来の保存料であれば含まれていても問題ありません。

高タンパク・栄養バランスに優れているドッグフード

犬に最も必要な栄養素は、「良質なタンパク質」です。タンパク質は筋肉維持のためにも、健康管理のためにも欠かせない要素ですので、購入時に必ずチェックしてください。

原材料はチキンやサーモン、ラム肉など良質な動物性タンパク質を主体としたものを選んでください。

チキン

原材料名の最初のほうに書いてあるものが一番多く使われている材料ですから、購入時は原材料を必ずチェックしておきましょう。

ここで注意しておきたいのは、「肉類」「〇〇ミール」といった表記がある、原材料が不明なドッグフードです。これらは人工的に作られたもので安全性に不安があるため、選ばないように注意してください。原材料を見て、原材料が何かがはっきりわかるものが「良質なタンパク質」を使用したドッグフードといえます。

「総合栄養食」であること

聞きなれない言葉ですが、ドッグフードには「総合栄養食」という種類があります。ペットフード公正取引協議会では「総合栄養食」を以下のように定義しています。

総合栄養食

犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製されています。

参照:ペットフード公正取引協議会

つまり、基本として与えるべきドッグフードは「総合栄養食」であるということです。ドッグフードのパッケージにも記載がありますので、記載があるものを購入しましょう。

この他には特定の疾患や食事管理が必要な時の「療法食」、おやつとして与える「間食」、栄養調整やカロリー補給を目的とした「栄養補完食」「一般食(おかずタイプ)」「副食」「サプリメント」などが定義されています。

「ドッグフードはすべて総合栄養食では?」と感じるかもしれませんが、ドッグフードはパッケージが似ているものがあるので、要注意です。通販で買ってみたら「栄養補完食だった」ということにならないよう、パッケージの記載やサイト上の種類の表記は必ずチェックしてください。

栄養補完食やおかずタイプのものを主食として与えていると、栄養が偏ります。病気の原因になりかねませんので、大切な要素の一つとして認識しておきましょう。

犬の個性に合わせたドッグフードを選ぶ

ライフステージに合っているもの

犬のライフステージ

ドッグフードには「子犬用」「成犬用」「全ライフステージ」など、さまざまな種類があります。飼っている犬の種類や月齢に合わせてこれらを選んであげることも大切です。

子犬用は栄養価もカロリーも高く、成長期に最適な栄養バランスに。成犬用は健康な体と筋肉の維持に適した栄養バランスになっています。全ライフステージはどの犬種、どの年齢でも食べられるバランス重視のドッグフードです。

子犬の時期は犬種によって違いますが、小型犬なら生後3ヵ月~1年ぐらい、大型犬なら生後3か月~1年半ぐらいが目安です。成長してから子犬用を与えていると、カロリーが多すぎて肥満の原因になってしまいます。年齢や月齢に合わせたドッグフードの切り替えも、飼い主の大切な役目です。

去勢・避妊手術済みなら専用のものを

将来の健康維持のため、去勢・避妊手術を受けている犬も多いのではないでしょうか。がん予防のために主治医から進められることもあり、去勢や避妊は決して珍しいことではありません。

もし飼っている犬に去勢・避妊手術を受けさせるなら、手術後は去勢用・避妊用のドッグフードを選びましょう。去勢手術・避妊手術後はホルモンバランスが崩れて太りやすくなるといわれており、今までのドッグフードではカロリー過多になるためです。

「カロリーが少なくなればいいんでしょ?」と通常のものを少なくしたり、老犬用を与えたりする人がいますが、それはおすすめできません。それぞれの年齢に合わせた栄養が必要ですから、活発な成犬に老犬用を与えると、栄養不足になりかねないからです。だからこそ、「去勢・避妊用」のドッグフードが大切なのです。

去勢・避妊専用のドッグフードは、カロリー控えめで必要な栄養素が維持された、理想的なドッグフードです。食べる量を減らす必要もなく、パッケージ記載の分量だけ与えられますので、犬に余計なストレスをかけることもありません。

アレルギーや犬種による特性も考慮しよう

犬種

犬種によって皮膚が弱かったり、アレルギーを持っていたり、健康状態も一匹ずつで違っています。アレルギーや皮膚疾患があれば、それに合わせたドッグフードを選んであげることも大切です。

かかりやすい病気には犬種によって偏りが見られるものもあり、それを防ぐために栄養バランスが考えられたドッグフードがあります。気になる人は、「○○犬用」と書かれたものを試してみるのも一つの手段です。

最も大切なのは、体の弱い部分が悪化しないような栄養バランスを考えてあげることです。心配な場合は必ず獣医に相談し、症状が悪化しない栄養バランスのドッグフードを選んでください。

高いドッグフードだけが安全で優れているわけではありません。良心的な獣医なら市販のもの、手に入りやすいものの中から勧めてくれます。家計もそれほど圧迫されないので、獣医が進めるものから試してみてもよいでしょう。