ドッグフードの選び方

犬に乳酸菌は効果ある?おすすめと与え方は?

犬にも乳酸菌がいい?

犬にも乳酸菌が良いってホント?

「乳酸菌」は人間の腸内環境改善に良いことが知られていますが、実は犬の腸内改善にも良いことを知っていますか?

悪玉菌と善玉菌のバランス改善→免疫力アップ&腸内環境改善、という流れは人間もワンコも同じです。最近販売されているドッグフードの中には「乳酸菌入り」をウリにしたものもでてきました。医師が腸内環境改善に乳酸菌サプリやヨーグルトを勧める場合もあり、「犬と乳酸菌」の関係は確実に変化しています。

ここでは「本当に乳酸菌が犬によいの?」「乳酸菌あげるとしたら何がいいの?」などなど、飼い主が感じる疑問にお答えしていきます。ワンコの体質に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

犬に乳酸菌を与えるメリットは?

腸内環境の改善→免疫力アップ&便秘・下痢対策に!

乳酸菌の最大のメリットは腸内環境改善と免疫力アップにつながることでしょう。これは人間でもワンコでも同じです。善玉菌の働きが悪いと免疫機能が落ち、便通だけでなく体にさまざまな影響が出ます。

獣医師のコラムでも以下のように解説されています。

おなかの調子があまりよくない時にはヨーグルトを人肌に温めたところにはちみつを少し混ぜてあげると良いでしょう。

参照:キュティア老犬クリニック

犬は腸内環境なんて乱れないのでは?と思うかもしれません。しかし、犬にも1匹ずつ体質の違いはあります。わが家の犬たちもそれぞれで特徴がありますし、子犬のころからお腹が弱いワンコ(シーズー♂)もいました。犬が食べるものにも一定の保存料や添加物があるので、後天的な理由で腸内環境が整わないことも十分考えられるのです。

そういった「体の不調」を整えてくれるのが乳酸菌を与えるメリットといえます

免疫力アップでアレルギーを撃退しよう

最近は犬にもアレルギーがあることが分かっています。アレルギーは免疫異常なので、体の免疫コントロールが欠かせません。そのためアレルギー等の体質改善のために乳酸菌を取るのが良いといわれているわけです。これも人間と犬に共通した乳酸菌のメリットです。

犬のアレルギー症状は、皮膚によくあらわれます。わが家のシーズーも人間の食べ物をうっかり拾って食べたりすると皮膚が真っ赤になったりかゆみが出たり、てきめんに皮膚に表れていました。こういった皮膚の不調やアレルギー症状改善のために乳酸菌が役に立ってくれます

どうやって乳酸菌をあげればいいの?

人間用のプレーンヨーグルトが〇!

乳酸菌を手軽に与えたいなら、人間用のプレーンヨーグルトがおすすめです。プレーンで無糖なら悪影響がないですし、虫歯予防によいという医師もいます。おやつに1口あげる、普段の食事に混ぜてみるなど、与え方はワンコに合わせてあげて大丈夫です。

おすすめの分量は1日スプーン1杯~1.5杯程度。小型犬ならおおさじ1杯のヨーグルトで十分なので、いつものドライフードにかけてあげると与えやすいでしょう。ドライフードが苦手なワンコなら食いつき改善が見込めるので一石二鳥です!無害で体に良いヨーグルトで食べてくれるようになったら、飼い主も安心ですね。

わが家の歴代の犬たち(ヨークシャーテリア・シーズー・ミニチュアシュナウザー)はどの子もヨーグルトが大好きでした。おそらく小型犬は好き嫌いなくヨーグルトをよく食べてくれると思います。

犬用サプリメントを活用しよう

最近になって増えてきたのがこの「犬用サプリ」です。病院ですすめていたりペットショップに置いてあったり、比較的手に入れやすいので非常に便利です。試してみたいならまずは医師に相談し、医師のおすすめがあるならそのサプリから試してみましょう。

インターネット通販でもさまざまな商品が販売されていますので、そちらから利用してもよいですね。

サプリといっても人間用の固形粒とは限らず、フリーズドライの粉状ヨーグルトや乳酸菌エキス、溶いて使うタイプのヨーグルト・ミルクなど形態はさまざまです。どれも普段の食事に混ぜられるように作ってあるので、ワンコも抵抗なく摂取できます

ただ、犬用サプリは価格が高いものが多いのでそこは家計と相談を。老犬用サプリの中には1万円を超えるものもあり、ものによっては人間用サプリより高い印象があります。あまりに高すぎると家計に響きますので、続けることを前提に、使いやすい価格のものを選んでください。

乳酸菌をあげるときの注意点

下痢や便秘は他の原因かも!

下痢や便秘がなかなか改善しないのは、他の病気が隠れているせいかもしれません。また、食べ物にあたってしまった可能性もあります。乳酸菌にはこれらの症状を抑える効果は見込めませんので、下痢や便秘が続いているワンコは必ず医師に相談してください。

中には「便秘や下痢に乳酸菌が効果あり!」と表記しているペットショップのサイトもみかけます。それは「お腹を壊しやすい体質によい」という意味あいであり、乳酸菌はあくまでも体質改善を目的にして与えるものです。目の前の症状を抑える時は必ず医師に相談し、適切な処置と薬をもらってください。特に下痢の場合は緊急性を要すことがありますので迅速な対応が大切です。

即効性はないので気長に試そう

人間でも犬でも体質改善には時間がかかります。便通をよくする程度なら目に見えて効果が分かりやすいですが、一時的な利用で効果は見込めません。免疫力アップやお腹を壊しやすい体質を治すのは多少時間がかかることを念頭に置いておきましょう

人間のサプリメントでは「健康を先取り」というキャッチコピーがつけられていますが、犬のサプリメントでもそれは同じです。病気を治すのではなく、今ある症状を少しずつ改善していく。未来の不調に備えておく。サプリメントはそんなイメージで与えるのがよいでしょう

乳製品のアレルギーがあるかも?!

犬にも乳製品のアレルギーがありますので、そこは注意が必要です。乳製品アレルギーの場合ヨーグルトはもちろん市販の犬用乳酸菌アプリがNGなこともあります。うっかり口にしてしまうと重篤な症状になりかねません。できれば乳酸菌を与える前に乳製品アレルギーをチェックしておきましょう。

乳製品アレルギーの場合は、医師が勧めるサプリメントがベストです。アレルギーでも与えられるサプリがあるのでそちらを利用してください

先ほど参考にしたキュティア老犬クリニックでも、以下の製品が紹介されていました。

腎臓の数値が高いのでたんぱく質の摂取を控えたい、乳製品にアレルギーがある、ダイエット中でなるべくカロリーを控えたい等の理由で納豆やヨーグルトがあげられなかったりヨーグルトでもおなかの調子が戻らなかったりするわんちゃんにはバイオジェニックス(乳酸菌が作った物質)を用いたサプリメント「コスモスラクトV」をお勧めしています。

参照:キュティア老犬クリニック

もしかかりつけ医が乳酸菌サプリを勧めていない場合は、このサプリメントのことを尋ねてみるとよいでしょう。

犬の乳酸菌摂取のことをまとめると?

まとめ
  • 腸内環境改善や免疫力アップに乳酸菌が良いといわれている
  • 医師が乳酸菌サプリを勧めていることも!
  • 乳酸菌(ヨーグルトやサプリ)を与える場合は体質・アレルギーチェックを忘れずに!
  • 気長に体質改善するつもりで試すのがおすすめ

犬の腸内にも人間と同じように善玉菌・悪玉菌があり、そのバランス改善に乳酸菌が有効と言われています。今は犬用サプリもあるので乳酸菌を与えやすく、飼い主はとても便利です。

もしワンコのアレルギーなど体質に悩んでいるなら、医師に相談のうえで乳酸菌を与えてみましょう。プレーンヨーグルトは食いつき改善にも役立つので一石二鳥です!サプリまでいかなくても…と感じる人は、害のないプレーンヨーグルトを少しずつ試してみてくださいね。

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする