目的別ドッグフードの選び方

ダイエット用ドッグフードの選び方は?ダイエットが完了したらどうする?

ダイエット用ドッグフードの選び方

犬のダイエット、どうやって始める?

「太り気味ですね」かかりつけの獣医にそう言われたら、ワンコもダイエットしなければいけません。適正体重は健康状態にも影響しますし、丈夫な足腰を保つためにも大切なことです。

しかし、犬は自主的に「ダイエットをしよう!」と思い立つことはありません。小食なワンコはいますが、体重管理のために食べる量を自分で調整できるワンコはいないのです。そのため、犬のダイエットは飼い主のコントロールがすべてであり、人間主導で進めていく必要があります。

また、同じ犬種でも太りやすい体質の子、よく食べる子・食べない子など、食に関する興味や食べる量は一匹ずつで全く違っています。その子の性格や食べる量に合わせながら、適正体重を目指しましょう。

かくいうわが家のミニチュアシュナウザー♂も、少し太り気味です。どうやってダイエットしたのか、そして保ち方は?などなど、我が家のダイエット方法も交えながらご紹介していきます。

ダイエットに大切な要素って?

まずは摂取カロリーを減らす

体重計に乗る犬

まず、犬のダイエットに最も大切な要素をご紹介していきましょう。犬の場合は摂取カロリー改善が一番大切です。人間のダイエットは「食事改善+運動」が大切というイメージですが、犬の場合は食事内容の改善だけでもダイエット効果があるのです。

わが家の犬が少し太り気味になったとき、かかりつけ医やペットショップの人から「犬のダイエットはドッグフードがほぼすべて。運動で痩せるよりドッグフード改善と量の調整が先」といわれ、ドッグフードを変えることでダイエットができました。今は適正体重より少し多めですが、健康的な体を保っています。

もちろん散歩の量を増やしてもよいのですが、太り具合によっては犬の体に大きな負担がかかります。動くのが億劫になっているようなワンコは、まず体重を減らさなければ散歩量も増えません。ドッグフードの種類を変える、量を調整するなど、食べることを重点的に改善すること。まずはこれを意識してください。

運動量を少しずつ増やしていく

運動する犬

ドッグフードの種類や量を調整できたら、お散歩も追加していきましょう。ただし、犬のダイエットに関しては、運動はプラスαの部分です。普段あまり動く習慣のない子は、散歩を嫌がることもあります。無理強いするのではなくて、家の周りを一蹴してみる、公園に遊びに行ってみるなど、少しずつ慣れさせながら動く量を増やしていきましょう。

すでに散歩の習慣があるなら、その量を増やすだけでも大丈夫です。ただ、犬が嫌がったり歩かなくなったりしたら、それ以上増やさないようにしてください。特に夏の散歩は犬にとって負担が大きく、地面からくる熱さで熱中症になることも考えられます。暑いときは無理をして散歩を長くせずに、健康に影響ない範囲で動くように気を付けてください。

ちなみにわが家の犬は毎日の散歩の習慣がないので、気候のいい時期に、たまに散歩をする程度です。それでもストレスをためることなく、体重管理もできています。散歩量は犬の個性によって必要な量が違うので、ワンコの気持ちに合わせてあげることも大切です。

ダイエットに最適なドッグフードの選び方は?

「ダイエット用」「去勢用」と書いてあるドッグフードに切り替える

ダイエットが必要と判断したら、まずドッグフードの種類を見直しましょう。切り替える時に最も大切なのは「ダイエット用」「去勢用」など、体重調整用のドッグフードを選ぶこと。当たり前のようですが、ドッグフードの知識がないとダイエット用があることに気付けないものです。まずは種類を変えることを念頭に置き、ドッグフードの見直しを行いましょう。

今まで食べていたものを減らすだけでも効果は見込めますが、太り気味のワンコ、特に去勢済みの子はダイエット用・去勢用を獣医から勧められることが多いと思います。去勢後は食欲旺盛で太りやすい体質になりますので、ドッグフードは見直すことをおすすめします。

ダイエット用フードは低カロリーで糖質控えめにしてありますから、スムーズにダイエットが進みます。人間の食事でいえば、ご飯を少し減らして肉や魚はしっかりと、海藻や野菜をバランスよく合わせたような理想的な食事を食べているようなイメージです。総合栄養食のダイエット用フードは、それを与えるだけでダイエット効果を見込めるので飼い主に負担がかからず、大変便利ですね。

ドッグフードを選ぶときに大切なポイントを押さえる

ダイエット用ドッグフードを選ぶときも、安全性に気を配ることが大切です。通常のドッグフードと同じように、以下の3つのポイントを押さえてください。

  1. 高タンパク低カロリー
  2. グレインフリー
  3. 保存料・添加物が少ないこと

ダイエット用ドッグフードは高タンパク低カロリーを売りにしているものが多く、成分表や原材料を見るとその内容がよく分かります。理想は原材料がヒューマングレードでタンパク質の割合が高いこと。価格が高いと感じるなら、タンパク質の割合だけでもチェックしてください。

そして、ダイエット用ドッグフードには穀物を使用したものがたくさんあります。犬は穀物の消化が苦手なので、できるだけ含まれていないほうが理想的です。グレインフリーが一番よいのですが、そこまで高品質なものが見つからない場合は、野菜(サツマイモやニンジンなど犬の体によい材料)と動物性タンパク質がより多く含まれたものを探してください。

保存料や添加物に関しても、通常のドッグフード選びと変わりません。健康を考えれば人工添加物や着色料が入っていない、できる限り自然素材の保存料を利用したものを選ぶとよいでしょう。

普段のドッグフード選びと変わらないように感じるかもしれませんが、この3つはとても大切な要素なので、選ぶときに必ず頭に入れておいてください。通販で購入する時は原材料や成分表がチェックできないものもあります。そういったものは避けて、必ず自分の目で確かめられるもの、飼い主が安心できるものだけに絞って購入してくださいね。

手作り食でカロリー調整

手作り食

ドライタイプのドッグフードをあまり食べない犬の場合、ダイエット用に切り替えるのを躊躇する飼い主もいます。普段からあまり食べてくれないのに、ドッグフードを切り替えてまた食べなかったら…という不安を感じるのも当然かもしれません。

そんな時は、手作り食で調整するという方法があります。いつものドッグフードを減らして、鳥のささ身やカボチャ、サツマイモなどの野菜でカロリー調整すればダイエット食の出来上がりです。ドライフードが苦手なワンコは手作り食で食いつき改善ができるので、メリットが大きいかもしれませんね。

ただ、これは飼い主がきちんとカロリー計算できる場合に限ります。お腹を壊しやすいワンコは水分が多い食材でウンチが緩くなる場合もあります。不安な場合は獣医に相談して、手作り食の調整方法などを教わってください。手間はかかりますが、カロリー計算さえしっかりしておけば、食いつきと肥満の両方を改善できます。

ダイエットが完了したらドッグフートはどうする?

去勢した場合は「去勢用」を継続して利用

ダイエットを続けて適正体重になったら、ダイエットフードをやめてもよいのでしょうか。前のフードに戻すと元の体重に戻ってしまうかも?という不安があると思います。これはその犬が太っている理由によって違っています。

単純な食べすぎによって太っていたなら、元のフードに切り替えて量を少なめにすればリバウンドすることはありません。ただ、食べすぎているワンコは「もっとちょうだい!」とおねだりすることもあるでしょう。そういったワンコの要求に負けずに、少なめの量を与えられるなら元に戻してもよいと思います。

注意が必要なのは、去勢したワンコです。うちの犬もそうですが、去勢後の犬はとても食欲旺盛になり、肥満傾向が高くなります。去勢後はできるだけ去勢用ドッグフードを続けておいたほうが良いでしょう。

わが家の犬も去勢後、ずっと去勢用ドッグフードを続けています。去勢用を続けることで体重維持ができるから、と獣医師やペットショップの方からすすめられました。とてもよく食べる子ですが、おかげで体重が維持できています。

「体重維持用」が便利!

ダイエット用フードの中には「体重維持用」と書かれたものがあります。これは少しだけ太り気味の犬や今の体重を保ちたい犬に合わせた、カロリーカットしてあるドッグフードです。前述したようなダイエット用が15%程度のカロリーカットだとしたら、こちらは10%程度。ちょっとした肥満や体重管理に困っているなら、体重維持用が便利です。

原材料や成分はそれほど変わらないですが、便秘を防ぐために食物繊維を増やしてあるドッグフードもあります。脂質・糖質は少なめですから、体重維持に最適ですね。「うちの子、ちょっとだけ太ってる?」と思ったら、体重維持用から試してみても良いかもしれません。

元のほうが食いつき良いし…そんな場合は?

ドッグフードを食べない犬

ダイエット用は食いつきが悪いから、元のフードに戻したい…そんな時は、前述したようなドライフード+手作りトッピングが便利です。元のフードに戻したうえで、手作りトッピングでカロリー調整してみましょう。

元のフードに戻すとどうしても少なめに与えてしまうため、ワンコは少なめの量に不満を抱くことがあります。ストレスなく元のフードに戻すために、量を減らしてトッピングをプラスし、ストレスを解消してしまうわけです。

忙しくて手作りできないなら、犬用の生肉やトッピング用フード、ウェットタイプでも構いません。しっかりカロリー計算して犬の健康状態に問題がないなら、こういった不満解消の工夫もアリです。ドライフードだけでも十分栄養は摂れますが、食いつきの良さやワンコの性格に合わせてあげるのも大切です。「食事はドライフードだけ!」とかたくなにならず、健康に問題がない範囲で工夫してみてくださいね。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る