ドッグフードの選び方

危険なドッグフードってどんなの?安全なドッグフードの基準や選び方は?

危険なドッグフードってどんなの?

危険なドッグフードってどんなフード?

「できる限り理想の栄養バランスで、安全なドッグフードを与えたい」それが飼い主の切実な願いです。「ドッグフードなんてなんでも同じ」などと言っていた時代は過ぎて、質の高い、より安全なドッグフードを選べる時代になりました。

しかし、こんな時代になっても安全なドッグフードばかりではありません。中には粗悪な原材料を使ったと思われるもの、体に悪影響がありそうなものも確かに存在しています。質の高いドッグフードが生まれた分、「ピンキリ」になった印象です。

「そんなに高品質じゃなくていいから、安全なものを」と考えている飼い主も多いはずです。では、どのようなドッグフードが危険なのでしょうか。ここでは高品質なものと質の悪いものの違い、そして危険なドッグフードを見抜くポイントをしっかりとお伝えしていきます。

初めて犬を飼うときは、だれでもドッグフードの品質を見抜くことはできません。正しい知識を身につけて、愛犬のためにベストなドッグフードを選んでいきましょう。

危険なドッグフードを見分けるポイント

動物性タンパク質の「質」が大切

質の高いドッグフードを食べる犬

ドッグフードの質は、原材料の質で決まると言っても過言ではありません。「ヒューマングレード」と呼ばれる、人間が食べられる材料を使ったものが最高品質と考えれば間違いないでしょう。ヒューマングレードのドッグフードは良質な動物性タンパク質をウリにしているものも多く、その割合も高めです。

逆に危険なドッグフードは、原材料の質が低くなります。特に注意したいのは「〇〇ミート」「○○肉副産物」「ビートパルプ」など、何の肉か分からない表記のものです。粗悪な肉の塊を使用された可能性があり、安全なドッグフードとは言い切れません。原材料は「読んで何の肉か判断できる」ものを選んでください。

必ずしもヒューマングレードでなくてもかまいませんから、原材料名に「チキン」や「ターキー」といった表記があるものを選びましょう。

危険な保存料や人工着色料・人工保存料が使われていない

ドッグフードには必ず保存料が使われています。人間の食べ物もそうですが、ある程度保存を前提としたものにはどうしても保存料が必要ですから、「保存料は絶対ダメ!」というわけではありません。

ただ、保存料にも種類があり、中には発がん性が疑われているものもあります。人間の食材に禁止されているのに、ドッグフードには使われているものもあるのです。人間の食べ物とドッグフードは保存料に関する規制が違うため、飼い主が心配なものも混ざってしまう可能性があります。

危険性が指摘されている保存料や添加物は「エトキシン」「BHA」「BHT」「没食子酸プロピル」など。これらは酸化防止剤として使用されている添加物で、さまざまな危険性が指摘されています。この表記があるものは避けておいたほうが無難です。

添加物や保存料には、ハーブの抗酸化作用を利用したもの、栄養素をプラスするために使用されているものなど、犬の体に悪影響を与えないものもあります。それらは使用されていても問題ありません。添加物や保存料に対する考え方は、メーカーによって全く違っていますから、販売ページやホームページでその考え方を確かめられるものが理想ですね。

グレインフリー=穀物が使われていない

グレインフリー

犬はもともと肉食ですから、穀物の消化が苦手です。穀物が危険というわけではないのですが、消化器官への負担を考えると、穀物を利用していない「グレインフリー」のドッグフードのほうが理想に近いと言えます。

最近の質の高いドッグフードはグレインフリーが当たり前、と言っていいぐらいになってきました。それらは穀物の代わりに野菜やハーブが利用されています。さらに「オメガ3」「オメガ6」といった皮膚や毛並みに良い栄養をプラスされたものもあって、質へのこだわりが感じられます。

ただ、グレインフリーで質の高いものは価格もそれなりに高いです。品質と価格のバランスをよく考えて、グレインフリーがどうしても難しいようなら、動物性タンパク質が多いものを選んでもかまいません

危険なドッグフードに出会わないために

1kg1000円以下のドッグフードを避ける

1kgあたり1000円以下のドッグフード

あくまでも一般的な意見ではありますが、1kgあたり1000円以下のドッグフードは安心して与えられるものと言い切れません。できればそれ以上の価格のものを利用したほうが良いでしょう。

価格が高いということは原材料の質が高い、ということの証拠です。逆にドッグフードの価格が安いということは、その分質の低い原材料を使用しているかもしれないので避けたほうが無難、ということですね。その最低ラインと言われているのが「1kgあたり1000円」という価格です。

わが家のドッグフードも1㎏あたり1000円以上のものを利用しています。それほど高くもなく安くもなく、質と価格のバランスがすぐれているのでとても使いやすいです。最も分かりやすい指標ですから初めて犬を飼う人はぜひ参考にしてください。

獣医に聞いて安全性を確かめてみる

獣医に相談

獣医はドッグフードについて専門知識を持っています。信頼できる獣医にドッグフードに関することを聞いてみるのも一つの方法です。実際に食べさせてみた人、ペットショップの人に聞いてみてもよいでしょう。口コミや専門家の意見を参考にすれば安全性を確かめられます。

ただ、他の犬に合ったドッグフードが飼い犬に合うとは限りません。食いつきが悪いこともあるので、そこは「飼い犬に合っているかどうか」も大切にしてください。安全で質が高くても、ドライフードが苦手なワンコは頑として食べないことも珍しくありません。できれば試供品などで試しながら探していきましょう。

危険なドッグフードを食べたらどうなるの?

長期間与えるとどんな影響が出るか分からない!

前述したような原材料の質が低いもの、人工添加物が多いものを食べさせても、すぐに体調が悪くなるとは限りません。今のところ「これを食べたら絶対病気になる!」と断言されているフードはありませんし、日本のドッグフードにもある程度の安全基準はあります。

ただ、長期にわたって食べさせることでさまざまなリスクが考えられるので、体に蓄積しないようリスクはできる限り排除しておくのが良い、ということです。どんな影響が出るのか分からなくても「悪影響が考えらえるもの」は危険なものとして避けておくのが基本です。

危険な人工添加物はもちろん、味の付いた人間の塩辛い食べ物も犬にとっては大きなリスクです。犬は総合栄養食のドッグフードと水だけで充分生きていけますから、できるだけ余計なものを与えないことも大切な健康管理と言えます。安全なドッグフード選びが犬の健康管理のカギですので、この記事にある基準を元にドッグフードを選んでいってください。

危険なドッグフードをつかまないために

要点まとめ
  • 原材料名は必ず細かい部分までチェック
  • 1kgあたり1000円以下のものは避ける
  • 心配な場合は少しずつ、お試し用から与える
  • 獣医にも相談して体質に合った安全なものを選ぶ

ドッグフード選びは飼い主の知識と選定にかかっています。飼い犬の健康と美しい毛並みを保つために、細かい部分までチェックしてください。この記事にある「1㎏1000円以上」は大まかな指標ではありますが、初心者にとって分かりやすい目安です。これらを参考にして、ぜひ飼い犬のベストフードを見つけてくださいね。