犬種別ドッグフードの選び方

コーギーのドッグフードおすすめランキング|健康な体と毛並みを保つために

コーギーが芝生の上で休んでいる写真

いつも笑顔のように見えるコーギーは魅力的ですが、いざ飼うとなると「どのドッグフードを選べばいいのかな…」と悩んでしまったりしませんか?

今は、犬種や年齢に対応したドッグフードが各種メーカーから販売されています。しかし、コーギーの本当の特徴に合わせた、最適なドッグフードはあるのでしょうか。

コーギーには、変形性脊椎症や椎間板ヘルニアという病気が出やすいことが知られています。かかりつけ獣医師選びとともに、ドッグフードもしっかり選んであげてください。

コーギーに適したドッグフード選びのポイントと、そのポイントを満たすドッグフードをランキングでご紹介します

いますぐランキングを見る

コーギーのドッグフード選び3つのポイント

1.高たんぱくで低脂肪のドッグフード

動物性タンパク質の食品例

コーギーはそもそも牧羊犬。とても活発なワンコです。そして、変形性脊椎症や椎間板ヘルニアを起こしやすい犬種とされています

元気に動き回れるための筋肉維持や、骨周りをしっかり包む筋肉をつくるには、高たんぱくで低脂肪のドッグフードが欠かせません

多くの動物を見守っている獣医グループでは、コーギーが起こしやすい病気について次のように紹介しています。

変形性脊椎症

老犬に多く認められます。椎間板の老化に伴う変性により、重症になると腰が不安定になり、歩きにくくなります。

椎間板ヘルニア

椎間板が変性し、腰の神経を圧迫するため、運動障害や、後肢の麻痺や失禁などが生じます。症状がひどいと、俗に言う腰抜けの症状となります。

出典:犬種別病気マニュアル~ウェルシュコーギーペンブローク│日本ベェツ・グループ

変形性脊椎症とは

脊椎の骨が変形してしまう病気。コーギーの場合、ほとんどが先天的なものとされている。老犬期に入るころ、後ろ足から動きがおかしくなり、下半身を引きずり、前足だけで歩くようになる。

コーギーに必要なのは、カロリーではなく、高たんぱくで栄養バランスに優れたドッグフードです。コーギーの椎間板ヘルニアは、人間と同じで肥満が原因で起きることもあります。

太らせず、しっかりと筋肉をつけてあげられる高たんぱくなドッグフードが適しているでしょう

2.オメガ3(必須脂肪酸)やコンドロイチン・グルコサミンが多いドッグフード

オメガ3が含まれる食品

椎間板ヘルニアの前段階ともなる変形性脊椎症は、原因不明とされています。しかし、関節炎の原因のひとつですので、オメガ3(必須脂肪酸)やコンドロイチン・グルコサミンを含むドッグフードを選ぶのが大事です

オメガ3を与えるメリット(期待される効果)
  • 体重のキープ
  • 足腰周りの状態をキープ
コンドロイチン・グルコサミンを与えるメリット(期待される効果)
  • 足腰周りのコンディションを維持

あなたの愛犬であるコーギーが、痛みで触れられることすら嫌がるようになってしまうのはとても悲しいことですね。いつまでも元気でいるためのドッグフードを選ぶことは、とても重要です。

しかし、まれにコンドロイチンやグルコサミンの原料となる甲殻類にアレルギーを持つワンコもいます。獣医に相談のもとパッケージの原材料欄をしっかり確認してくださいね。

3.「グレインフリー」「無添加」の表示があるドッグフード

穀類の写真

肥満が原因で変形性脊椎症や椎間板ヘルニアを起こしやすいコーギー。肥満のもととなる穀物類(炭水化物)は可能な限り控えるのがベストです

ぜひ「グレインフリー(穀物不使用)」と記載されているドッグフードを選んであげてください。

穀物や添加物は、ワンコにとってアレルゲンとなることもあります。コーギーは、個体によっては、アレルギー性皮膚炎を起こすこともあります。ドッグフード選びは慎重に行ってください。

コーギーにおすすめのドッグフードを徹底比較

カメラにお尻を向けるコーギーの写真

このサイトでは、43種ものドッグフードを評価・比較してきました。

ドッグフード43種類の評価結果を見る

この中から12種をピックアップして、コーギーに適しているものを絞り込んでみたいと思います。

  • 黄色マーカー → グルコサミン・コンドロイチンを配合したフード
  • 太字 → 人間が食べても問題ない品質の原材料を使用したもの
  • 赤字 → 他のフードと比較し、特に優れている数値
商品名 無添加 / グレインフリー タンパク質 / 脂質 オメガ3
モグワン ◯ /  28%・12% 1.29%
カナガン ◯ / ◯ 33%17% 0.9%
アカナ アダルトスモールブリード ◯ / ◯ 31%17% 1.0%
ナチュロル ◯ / ◯ 23~27%・7~9%
ピッコロ ◯ / ◯ 32%15% 0.8%
オリジン ◯ /  38%18% 0.8%
ネルソンズ ◯ /  30%・15% 0.7%
ソルビダインドアアダルト ◯ / × 22%・12% 0.3%
アイムス 成犬用 × / × 21%・10% 0.3%
ピュリナワン ほぐし粒入り1~6歳成犬用チキン ◯ / × 26%・16%
グラン・デリ カリカリ仕立て 成犬用 新食感ささみ入り・角切りチーズ粒入り × / × 21%・10%
サイエンスダイエットプロ 健康ガード 体重管理小粒 1~6歳 ◯ / ×
25%・9% 0.53%

この表を見るといくつかの商品に絞ることができるでしょう。

しかし、「この表だけではなかなか決められない」と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで、コーギーに特におすすめしたいドッグフード3種を、ランキング形式でご紹介しましょう

コーギーにおすすめのドッグフードランキング3

コーギーの特性と各ドッグフードの成分を考え併せ、特におすすめしたいドッグフード3品をご紹介します!

ランキングの根拠
  • たんぱく質含有量が高く、脂質は低いこと
  • オメガ3が多いこと
  • グレインフリー+無添加
  • グルコサミンやコンドロイチンを含んでいること
モグワン
モグワンドッグフードの評価

モグワンの特徴

特におすすめしたい品の中で、低脂質なのがこのモグワン。オメガ3含有量が多く、コンドロイチンやグルコサミンも配合されています。コーギー綺麗な毛並みの維持、体重コントロールに重点を置く飼い主さんにとっては、うれしい1品ではないでしょうか。

評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・1.8キログラム/定期購入:3,168円~・1.8キログラム
1キログラムあたり価格 通常購入:2,200円/定期購入:1,760円~
主原料 チキン&サーモン56%
成分 粗タンパク質28.00%・脂質12.00%・粗灰分8.00%・粗繊維3.0%・水分8.00%・オメガ6脂肪酸1.62%・オメガ3脂肪酸1.29%・エネルギー約344kcal
DOGGY.編集部コメント

たんぱく質の含有量はカナガンに比べ少し低いのですが、オメガ3の含有量が多く低脂質という点で◎。成分全体をみたとき、バランスが非常に良いのでおすすめです。また、食いつきに配慮、他の食品のトッピングともうまく合うようつくられています。

\ 今だけ!最大毎月20%引きで購入可能 /

モグワンの公式サイトを見る

モグワンの評価を見る

カナガン
カナガンドッグフード

カナガンの特徴

高たんぱくで、含有グルコサミンの量が「1000mg/kg」と明記されているところが特筆すべきポイント。ひとつ気になるのは脂質量が他のドッグフードより少々高いことですが、オメガ3含有量は高い方ですので、ぜひ検討していただきたいドッグフードです。

評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,168円・2キログラム
1キログラムあたり価格 通常購入:1,980円/定期購入:1,584円~
主原料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
成分 粗タンパク質33.00%・脂質17.00%・粗灰分9.00%・粗繊維3.50%・水分8.50%・オメガ6脂肪酸2.80%・オメガ3脂肪酸0.90%・リン1.42%・マグネシウム0.10%・ナトリウム0.60%・カルシウム1.86%・カリウム0.60%
DOGGY.編集部コメント

活発な一方、骨周りの病気を起こしやすいコーギーですので、高たんぱくであることはとても重要。体重チェックをしながら、脂質がどう影響するかを確認してください。問題がないようなら、定期購入で比較的安価に手に入れられます。

\ 今だけ!最大毎月20%引きで購入可能 /

カナガンの公式サイトを見る

カナガンの評価を見る

アカナ アダルトラージブリード
アカナドッグフードの評価

アカナの特徴

原材料の管理から製造工程まで、ひたすら「安心」を追求しています。主原料のたんぱく質は良質ですし、当サイトで比較したドッグフードの中でたんぱく質の含有量はNo.1。「最高のものを与えたい」という方におすすめです。

評価
価格・内容量 17,280円・11.4キログラム (アダルトラージブリード)
1キログラムあたり価格 1,515円~
主原料 新鮮鶏肉(13 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(11 %)
成分 粗タンパク質31.00%・脂質15.00%・粗灰分7.00%・粗繊維6.00%・水分12.00%・オメガ6脂肪酸2.40%・オメガ3脂肪酸1.20%・リン1.10%・カルシウム1.40%
DOGGY.編集部コメント

コストがかかるところで1位・2位にはしませんでしたが、コーギーの腰回りの筋肉量を重視する方には、検討する価値があります。グルコサミン量もコンドロイチン量もしっかり明記されていますので、費用の面で問題がなければ十分おすすめできるドッグフードです。

アカナの公式サイトを見る

アカナの評価を見る

どれを買うかで迷ったら、「モグワン」がおすすめ!

モグワンのジッパーの写真

上でピックアップした3品は、成分や安全性の面でいずれも「おすすめ」といえます。ですが、モグワンは特に次の点でメリットがあります

モグワンをおすすめする理由
  • たんぱく質が豊富なので、活発さの維持+筋肉量キープを目指せる
  • オメガ3やグルコサミン配合で、動きやすい状態を維持できる可能性が高い
  • グレインフリーなので、アレルギーを引き起こしづらく、体重維持がしやすい
  • 品質はとても高いのに、比較的安価で手に入る
  • 初回半額で購入でき、気に入れば自動配送なため購入の手間が楽

コーギーは、生まれつき変形性脊椎症や椎間板ヘルニアに悩まされやすい犬種です。

高たんぱくであること、グルコサミンが配合されているモグワンは、コーギーの健康維持を目指す飼い主さんにぜひ検討していただきたいドッグフードです

コーギーのドッグフードでお悩みでしたら、まずはモグワンを試してみてください。

\ 今だけ!最大毎月20%引きで購入可能 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ