目的別ドッグフードの選び方

便秘はドッグフードが原因かも?対処法は?便秘になりづらいフードは?

犬の便秘、どうやって治す?

「いつもすんなりウンチするのに、なんか力が入ってる?」と感じたら、それは便秘かもしれません。同じドッグフードを繰り返し食べているワンコも、時には便秘することがあります。犬の便秘は決して珍しくなく、便秘になりやすい体質のワンコもいます。

スムーズにうんちがでない、コロコロのウンチばかり出る、という症状も便秘の証拠です。便秘は下痢と違ってすぐに病院に行くほど重症の症状ではありません。ぐったりしていないようなら、食べ物を変えて少し様子を見てみましょう。

ここでは、便秘になったときの対処法や便秘になりづらいドッグフードの選び方をご紹介しています。犬の便秘解消のカギは食べ物です。ウンチを柔らかくする食事を摂れば改善していきますので、いつものドッグフードに少しだけ工夫してみてください。

便秘になったらどう対処すればいい?

軽い便秘ならドッグフード+αを試してみる

基本の食事がドライタイプのドッグフードの場合は、ドッグフードに少しだけプラスしてみましょう。最も簡単なのは、ドライフードに水分の多いものをプラスしてみることです。便秘の原因のひとつは水分不足ですから、フードからも水分摂取できる状態にしてあげるとよいでしょう。

便秘解消が期待できるのは、キャベツやリンゴ、サツマイモ、カボチャなど繊維質を含んだ野菜や、水分が多いフルーツです。ドッグフードにトッピングする感じでゆでた野菜類を混ぜて与えてみてください。いつもと違う味が食べられるので、勢いよく食べてくれるはずです。

軽い便秘なら上記のような食べ物の工夫で改善していきます。もし心配なら、サプリメントを試してみてもよいでしょう。最近は犬用のサプリメントが充実していて、人間と同じように酵素や乳酸菌が取れるサプリも市販されています。薬やサプリに抵抗がないワンコなら、常備していても良いかもしれません。

ドッグフードをふやかして与える

ドッグフードを食べる犬

水分不足解消のために、ドッグフードをふやかして水分量を増やすのも一つの方法です。水の摂取量を増やすことで便秘が解消していきますので、ぜひ試してみてください。また、常に水が飲める環境を作り、水分不足にならないように気を付けましょう。

ふやかしたドッグフード+水分の多い野菜で手作りトッピングすれば、水分量をさらに増やせます。お腹を壊さない程度に水分を増やすのがコツです。前述した野菜のほか、トマトやスイカなど水分が多い野菜も効果が見込めますので、少量から試してみてください。

それでも便秘が治らない時は?

綿棒で少しだけ肛門を刺激してあげよう

どうしても便秘が治らず苦しそうなそぶりを見せたら、綿棒を使って肛門を刺激してみましょう。綿棒は人間用でかまいませんので、軽く肛門の入り口あたりを刺激し、便通を促します。これによって便意が起こることがあるので、効果が見込める便秘解消法と言えます。

ポイントはあまり奥に入れようとしないことと、優しく抑えるようにして刺激することです。腸が傷ついてしまったら大変ですから、無理やり突っ込んだりしないように!肛門の周りを刺激するだけでもかまいません。犬が痛がらないよう、注意しながら刺激してあげてください。

2日以上ウンチが出ない場合は病院へ

獣医に相談

2日以上ウンチが出ない場合は、他の病気が隠れている可能性もありますし、ワンコもかなり苦しいと思いますので必ず獣医に相談してください。人間はひとそれぞれ周期があるので便秘に耐えられる期間も違っていますが、犬は2日ぐらいが限界です。動物病院に行ったら何を食べたか聞かれますので、この数日で食べたものをしっかり伝えてください。

病院では症状に合わせて、浣腸や下剤を利用した処置をされます。いずれも動物用ですので心配はありません。自宅では便秘用の処置はできませんので、必ず病院で受けてくださいね。

便秘になりづらいドッグフードの選び方

穀物が少なくグレインフリーに近いフード

グレインフリー

犬は穀物の消化が苦手ですから、できる限り穀物を摂らなくて済むようにグレインフリーのドッグフードを選んであげるのがベストです。どうしても穀物が含まれている場合でも、その割合が低いほうが犬の体に負担をかけずに済みます。

動物性タンパク質のほかには、野菜やフルーツ、ハーブなどを利用したドッグフードがありますので、そちらから優先的に探してください。もし定期的に便秘になるようなら、ドッグフードに含まれた穀物が負担になっているのかもしれません。普段の食べ物から見直してあげるとよいでしょう。

動物性タンパク質が豊富

動物性タンパク質こそ、犬にとって最も大切な栄養素です。良質なタンパク質がたっぷりと入ったドッグフードを選び、消化の良い食事で便秘を防いであげましょう。犬は人間よりもたんぱく質を分解する力が強いので、たっぷり含まれていても心配ありません。

より質の高いものを求めるなら、人間が食べられる原材料を使った「ヒューマングレード」がベストです。ヒューマングレードのものは「○○肉」「○○ミート」など肉副産物を利用しておらず、安全面でも理想的なドッグフードと言えます。

便秘がちならウェットタイプも利用しよう

ウェットタイプのドッグフード

定期的に便秘したり、ウンチがちょっと固めになったり…そんなワンコにはウェットタイプも試してみましょう。ウェットタイプはドライフードに合わせて利用するドッグフードで、水分が多いのが特徴です。食いつき改善にも役立つので、ぜひ試してみてください。

動物性タンパク質に重点を置きたいなら、いろんなものが入ったウェットタイプより冷凍の鹿肉や馬肉がおすすめです。水分補給にもなりますし、質の高いタンパク質をダイレクトに摂取できます。こちらも食いつきが良くなりますから、ドライフードが苦手なワンコにぴったりです。

犬の便秘に関するQ&A

ビオフェルミンは犬にも効くの?

犬の便秘にはビオフェルミンが効く、という話はよく聞きます。実際に飲ませたことがある人からも聞いたことがありますし、「便秘はビオフェルミンで良い」と公言している飼い主もたくさんいます。ですが、人間のものを与えるのは要注意です。

わが家では「薬は必ず犬用」と決めているので、ビオフェルミンを与えたことはありません。悪影響があるかどうか分からないので与えない、という方針ですね。効果が期待できるかもしれませんが、あくまでも人間用であることを意識して、与えすぎないように注意してください。

便秘になりやすい時期ってあるの?

便秘になりやすいのは、おっぱいだけを飲んでいた乳幼児期が終わり、固形のエサを食べだした時です。それまで食べたことがなかった形のものを食べるわけですから、胃腸に負担がかかります。いきなり与えるのが心配な時は、子犬用のドッグフードをふやかしてあげるのがおすすめです。

同じように、子犬用のドッグフードから成犬用に切り替えた時も便秘になりやすい時期です。便秘になりやすい子はある程度ふやかしておくか、何かしら水分の多いトッピングと合わせてあげるとよいでしょう。新しいフードを試す時も同様ですので、便秘体質のワンコは十分注意してあげてください。

便秘の時にやること

要点まとめ
  • 軽い便秘の時は食べ物で工夫。ドッグフードをふやかすのもよい
  • 元気がない、2日以上便が出ない時は病院へ
  • 綿棒で肛門を刺激する、お腹をさするなども試してみる
  • ドッグフード切り替え時は注意。穀物が負担をかけているかも

便秘は水分不足やドッグフードの切り替えが原因のことが多いので、下痢に比べると対処しやすいです。しばらく家で様子を見ることもできますから、食べ物の改善から取り組んでみてくださいね。