ドッグフードの選び方

ドッグフードの缶詰タイプって安全?開封後の保存方法は?

缶詰タイプのドッグフード

飼い犬に与えるフードは、犬専用のものを与えるのが基本です。人間が食べるものを分け与えていた時代もありますが、今は犬の身体のことを第一に考え、成長と健康維持に適したドッグフードを選んであげるのが飼い主の義務と言ってもよいでしょう。

では、どんなドッグフードがベストなのでしょうか。犬によって体質や好みが違いますし、健康状態もさまざま。最近は犬のアレルギーも確認されており、「ドッグフードなら何でもいい」というわけにもいきません。

そこで大切なのが、ドッグフードに関する情報を飼い主がしっかり集めておくことです。ドッグフードには大きく分けて2種類あり、「カリカリ」と呼ばれるドライタイプとその他の「缶詰タイプ」「ウェットタイプ」と呼ばれるものがあります。

ここでは、缶詰タイプの特徴やドライタイプとの違い、缶詰タイプの保存方法などをご紹介しています。ドッグフードは人間が食べて安全を確認することができないので、事前のチェックがすべてです。チェックポイントや違いをしっかり意識し、飼い犬に適したドッグフードを選んであげましょう。

ドッグフードの缶詰タイプってどんなフード?

ドライタイプと缶詰タイプの違いは?

まず、ドライタイプと缶詰タイプの違いを認識しておきましょう。ドライタイプとは、水分が少なく粒型になったドッグフードのことを指します。食感が硬く素材の形は残っていません。カリカリとした食感が特徴のドッグフードです。

ドライタイプは栄養価が高く、ペットフード公正取引協議会で定められている「総合栄養食」に当たるフードが多いのが特徴です。

総合栄養食

犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製されています。“

参照:ペットフード公正取引協議会

総合栄養食であるということは、基本のドッグフードとして適しているということです。毎日与えるフードとして選びやすいと言ってよいでしょう。

それに対し、缶詰タイプはいわゆる「ウェットタイプ」です。水分が多く原材料が原型をとどめているものもあり、ドライタイプとは食感が全く違っています。

ペットフード公正取引協議会で定める「栄養補完」「嗜好増進食」などおかずタイプが多いのが特徴で、缶詰タイプだけでは栄養が取り切れないものもたくさんあります。その点がドライタイプとの大きな違いです。

ドライタイプに比べて栄養価が低めの缶詰タイプですが、ドッグフードとして劣っているわけではありません。それぞれに特徴があり、正しい知識で選ぶのが大切ということです。組み合わせ方で犬の健康や食いつきの改善に大いに役立ってくれますので、メリットやデメリットについてもしっかり認識しておきましょう。

缶詰タイプのメリット・デメリット

食いつきがいいドッグフード

缶詰タイプのメリットは、なんといっても犬の食いつきが良いということでしょう。カリカリのドライタイプをあまり食べない犬でも、缶詰のウェットタイプは見違えるように食べることもよくあります。それだけ犬が好きな食感・味付けであるということです。

また、水分が多いので水分補給にも適しています。水分が多い分だけのど越しが良く、食欲がなくなる暑い時期でも食べやすいのも大きなメリットです。

それに対し、デメリットとして考えられるのは、やはり栄養価の低さです。食いつきが良いのでそれだけで与えたいところですが、前述した「総合栄養食」でない限り、毎日のドッグフードとして適していません。あくまでも補助としてしか使えないのがデメリットと言えます。

また、缶詰は長期保存に適していますが、開封したものはそれほど長く保存できません。1食ずつ分かれているものはその分価格が高めに設定されているので、毎日与えるのは難しいでしょう。ドライタイプは酸化が気になるものの、開封してからも保存できるものが多いので管理が簡単なうえ、缶詰タイプに比べると1食ずつのコストは低めです。

犬が喜ぶ缶詰タイプはメリットばかりのようにも思えますが、長い目で見るとデメリットもあるということですね。この特徴を踏まえたうえで、ベストなフードを選んであげましょう。

缶詰のドッグフードを選ぶときのチェックポイント

目的にあったものを選ぶこと

食いつきがいいドッグフード

前述したように、ドッグフードには「総合栄養食」「栄養補完食」などの種類があります。選ぶときはどんな与え方をするのかを考え、目的に合わせたものを選ぶのがとても大切です。

缶詰タイプは「栄養補完食」、人間の食事でいえばおかずに当たるものが多いですから、主食として与えるのには向いていません。あくまでも「基本はカリカリのドライタイプ、保管のための缶詰タイ」と位置付けて選んであげてください。

食いつきが良いからといって栄養補完食を主体で与えていると、栄養不足になりかねません。犬の健康を第一に考えるなら、総合栄養食を主食に選んであげるのが一番大切です。缶詰にもきちんと表記されていますので、どのタイプかを必ず確認してください。

通販で購入する場合もその点は画面上で認識できます。もし購入時にどのタイプのフードか分からない場合は必ず販売元に確認して、間違えないよう注意しましょう。

何よりも質!原材料が安全であること!

チキン

缶詰タイプに限らずですが、ドッグフードは原材料が安全なものであることがとても大切です。高品質の目安は、「鶏肉」「牛肉」「ラム肉」「ターキー」など、良質なタンパク質が原材料名の最初に書かれていること。そして、原材料名を見て何を使っているか分かるのが特徴です。

当たり前のことですが、「鶏肉」なら鶏の肉、「牛肉」なら牛の肉を使っていることが認識できます。これこそが品質に偽りのない証拠なのです。これに対し、「肉副産物」「鳥副産物」「肉類」「魚肉」「家畜副産物」など、人が読んで何の肉か判別できないものは原材料が分からず、安全とは言えません。

「鶏肉という表記でも人間が食べないくず肉を利用しているかもしれない」という人もいますが、まずは原材料が確認できることが大切です。きちんとした表記以外のものは避けて、良質なタンパク質が摂れるものを選んでください。

さらにベストなのは、メーカーのサイトに原材料について詳しい記述があることです。安全なものを利用していること、製造過程の様子など、写真付きで説明してあるものは品質に自信を持っていることが分かります。

ひと手間かかりますが、こういった細かい確認が飼い犬の健康維持につながるのです。「昔から名前を知っているから」「CMで見たことあるから」「有名だから」といった理由だけで選ぶのはNGです。原材料の確認はできるかぎり細かいところまでチェックしてください。

人工的な着色料、保存料が使われていないこと

缶詰タイプは長期保存できるように、保存料が使われています。人間の缶詰でもこれは同じで、賞味期限が来るまでは安全と風味が保たれるように保存料を使うのが一般的です。密封されているので防腐剤の心配はないという人もいますが、何かしら保存するためのものは使用されていると考えておきましょう。

無添加のものが理想ではありますが、缶詰タイプで「完全無添加」は難しいかもしれません。できるだけ人工的な保存料を避けて、自然由来の保存料を使っているものを選んでください。

さらに注意したいのが、人工着色料を使っているものです。缶詰のドッグフードは、見た目が美味しそうに見えるように、人工着色料を使用しているものも少なくありません。原材料名に「人工着色料」と書いてあるものは避けたほうが無難です。

その他にも甘味料や香料など、美味しそうに演出するための添加物はたくさんあります。完全無添加でなくても、できるだけ少ないに越したことはありません。犬の体も人間と同じと考えて、人工的な添加物は排除してあげることを意識してください。

缶詰タイプの効果的な使い方と保存方法

ドライタイプの補助として最適!

ドライフードとウェットフードのミックス

缶詰タイプはウェットな食感が魅力のドッグフードです。カリカリのドライタイプに合わせると、ほとんどの犬がとてもよく食べてくれます。ドッグフードを食べずに困っている飼い主にとって、心強い味方となってくれるでしょう。

ただし、毎食のように缶詰タイプを与えていると「缶詰タイプがなければドッグフードを食べない」という事態になりかねません。与える時は頻度に注意して、どうしても食べない時や栄養不足が心配されるときなどに絞ってあげるのがおすすめです。

ドライフードを食べるのが難しくなった老犬にも、缶詰タイプが強い味方になります。水分が多いので水分補給にぴったりですし、適度な栄養補給もできます。老犬の栄養状態が心配な場合は、獣医に相談したうえで缶詰タイプをぜひ試してみてください。

開封後は必ず冷蔵庫で保存すること!

缶詰タイプを利用する時の悩みの一つが、開封後の保存方法です。缶詰は長期保存できるように密封されていますが、一度開封すると空気に触れるので腐敗や劣化が進みます。開封したものを保存する場合は、必ず冷蔵庫に入れて保管してください。

缶詰のままだと保存しづらく、乾燥も進んでしまいますので、他の容器に移して清潔な状態で保管するとよいでしょう。冷蔵庫で保管した場合は1日か2日程度持ちますが、早く使いきるのがベストです。衛生状態が気になる人は、1食ずつパッケージングされているものがおすすめです。

「冷凍庫でも保管できる」という人もいます。冷凍庫でももちろん保管できますが、風味は確実に落ちてしまいます。神経質な犬は風味の違いを感じ取り、食べなくなることも考えられますのでその点だけは注意してあげてください。

また、小食な小型犬に大きな缶詰を買ってしまうと確実に余ってしまいますから、内容量も要注意ですね。冷蔵でも冷凍でも保存は可能ですが、一度開封したものは確実に劣化が始まります。早く使いきることを意識して、飼い犬の食べる量に合わせた缶詰を選んであげてください。

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る