あのドッグフードを評価!

BLUE(ブルー)ドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

BLUE(ブルー)ドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したブルードッグフードの情報は、ブルードッグフードのホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

BLUE(ブルー)ドッグフードとは?評価は?

ブルー(BLUE)ドッグフードはアメリカ産のドッグフードです。ライフソースビッツという独自開発の栄養素が含まれているのが最大の特徴です。ここでは「BLUE ライフプロテクション・フォーミュラ」を中心に評価していきます。

総合評価
価格・内容量 3,865円・2.5キログラム/1,880円・900グラム/(成犬用チキン&玄米・楽天参照)
コスパ 〇(1キログラムあたり1,546円)
使い勝手
ヒューマングレード ✖(不明・明記されていない)
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(玄米、大麦、オートミールを使用)

ホームページに「高品質のラム肉を使用」と書いてありますが、その根拠がかかれておらず、その品質は正直、不明です。栄養素を凝縮した「ライフソースビッツ」という独自の粒が最大のウリですが、ビタミンやミネラル、抗酸化栄養素などを添加しているドッグフードは他にもあるので、それほど特別感が感じられません。値段だけは使いやすいものの、この価格ならよりグレードの高いものを購入できる気がします。

では、ブルードッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

BLUE(ブルー)ドッグフードの品質は?

「チキンミール」と「高品質」の正体は?

ブルーで主に使われているのは「骨抜き鶏肉」もしくは「骨抜きラム肉」です。原材料名でも先頭に来ているのがこの2つですから原材料は動物性たんぱく質が主体です。犬に大切な動物性タンパク質が主体なので、その点は評価できます。

ただ、気になるのは2番目に来ている「チキンミール」と「七面鳥ミール」という表記です。チキン味にはチキンミール、ラム味には七面鳥ミールが使われています。「○○ミール」は副産物の可能性があるので注意が必要な表記ですし、ここに引っかかる飼い主さんは少なくないと思います。

ただ、ブルーの公式ホームページには以下の表記が目立つところにしてあります。

「高品質の生肉」を使用。鶏や家禽の副産物ミール、コーン、小麦、大豆は、使用していません。自然派の酸化防止剤を使用

つまり、ドッグフードには副産物の「○○ミール」は使用していないということです。とりあえず肉副産物は利用されていないので、安全性には配慮してある様子。

ただ、「高品質」の根拠がどこにもないので、残念ながら購入者が「高品質」の根拠を知ることはできません。生産者や品質管理体制などがかかれていれば分かりやすいのですが、ホームページにはそれらの記載が一切ありませんでした。

そのため高品質=ヒューマングレードを求める人にはおすすめできないですね。品質に問題があるという話や口コミはないので、犬の体に問題がない品質だけは保ってある、という認識があっているのではないかと思います。

穀物を利用した理由が明記されていない!

ブルーは完全なグレインフリーではなく、玄米、大麦、オートミールを使用しています。ただ、アレルゲンである小麦・トウモロコシ・大豆は使われていません。その点では、とりあえず犬の健康に考慮してあるといえます。

ただ、最近は穀物入りのドッグフードでも、「どうしてこの穀物を利用したのか」「グレインフリーではないがグルテンは除いてある」「穀物のどの栄養素が犬の健康に必要なのか」などなど、穀物利用の理由や犬の体に良い根拠が書かれているドッグフードもあります。その点、ブルーはどうして穀物を利用したのかがイマイチ分かりづらい気がします。

BLUE(ブルー)ドッグフードが他のドッグフードと違うところ

独自開発の「ライフソースビッツ」ってなに?

ライフソースビッツ

ブルーにはフードと一緒に焦げ茶色の粒が混じっています。それが「ライフソースビッツ」です。ブルードッグフードにだけ使われている独自開発の粒で、ブルーの特徴はこのライフソースビッツそのものと言っても過言ではありません

ライフソースビッツは以下のように説明されています。

ライフソースTMビッツはドライタイプのBLUEドッグフードとキャットフードに入った焦げ茶色の小さな粒です。ライフソースビッツには、米国の獣医師と動物栄養士が選んだ抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。犬や猫の健康に欠かせないこれらの栄養をしっかり摂取できるよう、ライフソースビッツは栄養価の損失を防ぐため「コールドプロセス」製法を用いています。

ホウレンソウ・リンゴ・ブラックベリーなど7つの原材料を配合した、抗酸化作用も見込める豊富な栄養素がウリです。栄養を補うサプリメントも一緒に与えているような感じです。

ここだけを聞くとライフソースビッツがとても特別で優れたものと感じられますが、抗酸化作用に配慮してビタミンやミネラルを添加したドッグフードは他にもあります。また、ライフソースビッツだけを口にしない、食べないという口コミもあるので、本当に良いかどうかは疑問が残るところ

ですから、ライフソースビッツに関しては「興味があるなら試してもよい、でもそれほど特別なものではない」。それぐらいの感覚がちょうど良いと思います。

BLUE(ブルー)ドッグフードのデメリットは?

ライフソースビッツだけを残すワンコも…

実際に食べさせた人の中には「食いつきが悪い」「ライフソースビッツだけを残す」という声もありました。

ライフソースビッツは独特の臭いや食感があり、好き嫌いが激しいワンコは受け付けないのかもしれません。これは食いつきを改善したい飼い主にとってはありがたくない情報です。

そのため、ドッグフードに神経質なワンコには向いていないと思います。お試しに購入する場合は、食いつかない可能性も高いことを頭に入れておきましょう。

お試しサイズがないのがネック!

ブルーには無料でもらえるサンプルやお試しサイズがありません。代わりに全額返金保証が付いていますが、返金ハガキをもらってきて返送するという手順が必要です。

  1. ブルーを購入したお店で返金用ハガキをもらってくる(購入時にもらう)
  2. 商品に付いているバーコードとレシートをハガキに貼る
  3. ハガキを投函する

この手順がめんどくさいかどうかは人によりますが、ひと手間かかるのは嬉しくはないですね。はやりお試しがないのは痛いところです。ドッグフードには「食べてくれない」という大きなリスクがあるので、少しでもサンプルやお試し用があったほうが安心できます。前述したライフソースビッツの食いつきのばらつきや返金の手間を考えると、食いつきに改善には手を出しづらいフードといってよいと思います。

BLUE(ブルー)ドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ブルードッグフードの代金

ブルーは公式ページで販売しておらず、店舗や通販サイトによって価格に違いがあります。ここでは楽天で販売されている「成犬用チキン&玄米 2.5kg」の価格を基に計算しました。

体重2.3kgの犬の場合

1日の給与量 56g ですから、

56g×30日=1.68kg となり、

2.5kgのブルードッグフードが1袋弱(0.67袋)必要 なため、

1ヵ月のドッグフード代金

ブルードッグフード1袋3865円×0.67=2589円

体重4.5kgの犬の場合

1日の給与量 94g ですから、

132g×30日=2.82kg となり、

2.5kgのブルードッグフードが1袋強(1.128袋)必要 なため、

1ヵ月のドッグフード代金

ブルードッグフード1袋3865円×1.128=4359円

体重9.1kgの犬の場合

1日の給与量 159g ですから、

159g×30日=4.77kg となり、

2.5kgのブルードッグフードが2袋弱(1.908袋)必要 なため、

1ヵ月のドッグフード代金

ブルードッグフード1袋3865円×1.908=7374円

※給与量の最大値で計算

価格からは高くもなく安くもなく、ちょうど良いと言ったところでしょうか。ただ、この価格帯だったらもう少し品質を求めたいですね。ヒューマングレード、もしくはグレインフリーのどちらかの条件が満たされていてほしいと思います。使い勝手の良い価格帯だけに、イマイチ品質がともなっていないのがとても残念ですね。価格はともかく、どうしても品質に中途半端さが感じられます。

すべてを考慮してBLUE(ブルー)ドッグフードを評価すると?

品質はイマイチの△、価格だけ普通の〇

ブルーはグレインフリーでもヒューマングレードでもなく、とりあえず原材料が安全という点以外は良い点がありません。価格が低い分だけ品質もそれなりでおすすめポイントはなく、ライフソースビッツの評価が分かれているため食いつき改善にも使いづらいです。

また、「高品質」の根拠が分からないので品質を判断しづらいところも残念です。ブルードッグフードを使うなら、同じ価格帯の他のもののほうが良いのでは、という気がします。

この価格帯ならグレインフリーかヒューマングレードのどちらかを満たしてほしいのがホンネです。どうしてもコストを押さえたい場合に使えるかな、という程度のドッグフードです。

ブルーをおすすめできないのはこんな人

ブルードッグフードをおすすめできない人
  • 最高品質(ヒューマングレード・グレインフリー)を求める人
  • 食いつき改善用を探している人
  • 使いやすいドッグフードを探している人

ブルーは特筆すべきメリットがなく、正直誰にもおすすめできません。高品質を求める人はもちろん、食いつき改善用としても使いづらいです。ライフソースビッツにもそれほどメリットを感じません。コストカットしたい人だけが使えるドッグフードですね。

ブルーはこんな人におすすめ!

ブルーをあえて、おすすめしたい人
  • コスパが良いものを探している人
  • グレインフリー・ヒューマングレードにこだわらない人

ブルーのメリットは価格がまあまあ使いやすいところだけなので、ドッグフードは質より安さ!という人ならおすすめできるかもしれません。ライフソースビッツに興味がある!という人、どうしても試してみたいという人は試してみてもよいでしょう。

ただ、お試し用はないので返金用のハガキをもらうのを忘れずに。食いつきが悪かったら少し手間をかけて返送する必要がありますので、その点だけ頭に入れて購入してください。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る