あのドッグフードを評価!

馬肉自然づくりドッグフードの評価!品質とコスパはどう?メリット・デメリットは?

馬肉自然づくりドッグフードの評価

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています

ここで記述した馬肉自然づくりドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

馬肉自然づくりドッグフードとは?評価は?

馬肉自然づくりは、その名の通り馬肉を主体にしたドッグフードです。最近は冷凍の馬肉を混ぜ込み用として売っているペットショップが増えてきましたが、馬肉主体のドッグフードはそれほど多くなく、めずらしいドッグフードといってよいと思います。

馬肉自然づくり

総合評価
価格・内容量 3,000円・1キログラム(定期購入 2,400円・1キログラム)
コスパ △(1キログラムあたり3,000円)
使い勝手
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ✖(玄米、大麦、黒米使用)

馬肉は犬の体に良い肉なので、主原料として理想的です。ただ、グレインフリーではないのでその分評価を下げています。原材料はヒューマングレードで品質管理も確かですが、少し価格が高めなのが気になるところです。

では、馬肉自然づくりドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

馬肉自然づくりドッグフードの品質は?

良質な馬肉が主役!ヒューマングレードの原材料

「馬肉自然づくり」は、その名の通り馬肉が主体のドッグフードです。原材料名の最初に記載されているのはもちろん「馬肉」。使用されている馬肉は人間が食べる馬刺しの一部です。しかも馬刺しの本場である熊本産のものを使っています

馬肉自然づくりはもともと馬刺しを販売しているお店が作っているフードなので、馬肉の質にはこだわりたい部分でしょう。「犬に馬肉??」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、馬肉はとても理想的な肉です。低カロリー・高タンパクなので犬の体にメリットが多く、今では冷凍の馬肉を売るショップも増えてきました。馬肉自然づくりは馬肉の質が確かなので、動物性タンパク質の品質は申し分ないと思います。

そして、出来上がったフードは必ず人間が食べてみるという徹底ぶりです。品質管理やそのほかの原材料に関しても、かなりこだわっていることが分かります。

人工保存料・着色料・香料不使用

馬肉自然づくりの原材料名には、危険な酸化防止剤や人工保存料、着色料、香料などは一切ありませんでした。原材料はとても少なくてシンプル。余分なものは一切なく、安心して与えられるドッグフードといってよいと思います。

そして、ドッグフードを製造している工場もHACCAP(ハサップ)という厳密な品質管理基準に対応した加工場を採用しています。HACCAPは国際的な安全管理システムの一つで、ドッグフードの加工場にも適応されます。「動物用だから」という甘えは一切なく、あくまでも人間用の食品と同じく、厳しい基準でチェックしてある証拠です。このことから、品質管理体制についても全く問題はありません。

グレインフリーじゃないのが残念…

たったひとつ残念なのは、グレインフリーではないところでしょうか。馬肉自然づくりには玄米・大麦・黒米が使用されています。アレルゲンになるトウモロコシ・小麦は使用されていませんが、この価格ならグレインフリーであってほしいところですね。

販売ページにもなぜ利用したのかが明記されておらず、穀物を排除することへの情熱が感じられませんでした。馬肉の質にこだわりがある分、穀物利用にはあまりこだわりがないのかもしれません。その他の原材料の質がいいだけに少し残念です。

\ 公式サイト限定!初回20%割引を適用して /

馬肉自然づくりの公式サイトへ行く

馬肉自然づくりが他のフードと違うところ

シニア犬向けの配慮がされている

馬肉自然づくりは、シニア犬向けのドッグフードです。馬肉は高タンパク・低カロリーなので、食べる量が減ってきたシニア犬にもぴったり。必要な栄養素を確実に摂取できるように、という配慮から馬肉が使われています。

7歳以上のシニアには高タンパクな馬肉がとてもよいかもしれません。いつものフードの食いつきが悪くなって来たら、こういったシニア向けのものを試してみるのも一つの手ですね。

販売ページの「お客様の声」を見るとシニア犬だけでなく成犬も使えるようですので、子犬以外なら問題はないでしょう。より質の高いタンパク質を効率よく摂取させたい人に、馬肉自然づくりが向いていると思います。

馬肉自然づくりドッグフードのデメリットは?

価格が高いので継続しようが難しいかも…

馬肉自然づくりのデメリットは、とにかく価格が高いところでしょう。1kgで3,000円はかなりの金額です。粒が小さいので小型犬を意識して作られており、給与量は少なめを想定していると思いますが、それでもかなり高い部類に入ります。

超小型犬と呼ばれるチワワやヨークシャーテリアなら最小限で抑えられますが、体重5kg以上のワンコの場合、食べる量によって1か月のフード代に大きな差がでます。利用する場合は馬肉自然づくりだけを与える想定でフード代を算出し、家計に無理のない使い方で利用してください。

馬肉自然づくりドッグフードの代金は?

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、公式ホームページの価格「1㎏ 3,000円」をもとに1か月分のフード代を参集しています。

体重1kg~3kgの犬の場合

1日の給与量 24g~55g ですから、

55g×30日=1.65kg となり、

1kgの馬肉自然づくりドッグフードが2袋弱(1.65袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

馬肉自然づくりドッグフード1袋3,000円×1.65=4,950円

体重4kg~6kgの犬の場合

1日の給与量 69g~94g ですから、

94g×30日=2.82kg となり、

1kgの馬肉自然づくりドッグフードが3袋弱(2.82袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

馬肉自然づくりドッグフード1袋3,000円×2.82=8,460円

体重7kg~9kgの犬の場合

1日の給与量 105g~127g ですから、

127g×30日=3.81kg となり、

1kgの馬肉自然づくりドッグフードが4袋弱(3.81袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

馬肉自然づくりドッグフード1袋3,000円×3.81=11,430円

体重10kg~12kgの犬の場合

1日の給与量 138g~158g ですから、

158g×30日=4.74kg となり、

1kgの馬肉自然づくりドッグフードが5袋弱(4.74袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

馬肉自然づくりドッグフード1袋3,000円×4.74=14,220円

※給与量の最大値で計算

1㎏3,000円とかなり高級なフードですから、当然ながら1か月分も高めです。めずらしい馬肉使用なのはうれしいところなのですが、ここまで高めならやっぱりグレインフリーであってほしいところ…価格とのバランスは良いとは言えません。

わが家の犬(ミニチュアシュナウザー・9㎏)の場合で上記の金額を当てはめると1万円を超えており、いつもの倍ぐらいの金額になります。それならもっと安めでバランスの良いフードもあるので、そちらのほうがお得に感じますね。

すべてを考慮して馬肉自然づくりドッグフードを評価すると?

品質は〇、価格は△の「普通のフード」

馬肉自然づくりはグレインフリーではない点以外、特に欠点のないフードでした。犬の体に良い馬肉を使用してありますし、その質へのこだわりも感じます。ただ、どうしても引っかかるのが価格面ですね。この価格のものを毎月続けるとしたら、家計に響く人もいると思います。誰でも使いやすいフードというわけではありません。

これなら、ヒューマングレード・グレインフリーでもう少し価格の安いもののほうがおすすめです。普段のフードではなく、併用フードとして使うのならアリかな、という感じですね。いつものフードに飽きていたり、食いつきが悪かったりして困っている人は、まぜて与えるという方法で使ってみても良いかもしれません

馬肉自然づくりをおすすめできないのはこんな人!

馬肉自然づくりをおすすめできない人
  • 品質と価格のバランスが良いものを探している人
  • 使い勝手の良い普段のフードを探している人

馬肉自然づくりはなんといっても価格が大きなデメリットです。グレインフリーではないので「どうしてもおすすめしたい!」というものでもありません。質と価格のバランスが良く、毎日使いやすいものを探している人にはおすすめできないフードです。

馬肉自然づくりはこんな人におすすめ!

馬肉自然づくりをおすすめしたい人
  • 栄養価の高い馬肉使用のものを探している人
  • 多少高くても質の良いタンパク質のものを探している人
  • グレインフリーにこだわっていない人
  • 7歳以上のシニア犬を飼っている人

最近は馬肉使用のドッグフードが増え、注目度も高まってきています。栄養価の高い馬肉を試したいという人は、混ぜて与える併用フードとして使ってみても良いかな、と思います。馬肉の質は確かなので安全面では問題ありません。上手に使えば食いつき改善にもつながると思いますので、ワンコに合わせて工夫してみてくださいね。

\ 公式サイト限定!初回20%割引を適用して /

馬肉自然づくりの公式サイトで購入する

ドッグフード35種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全35種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード35種の比較結果を見る