目的別ドッグフードの選び方

犬の口臭はドッグフードで改善できる?一番臭う原因はなに?

犬の口臭はドッグフードで改善できる?

犬の口臭、気になってない?

犬にも口臭があるのをご存知でしょうか。長年犬を飼っていると分かりますが、犬には独特の臭いがあり、口の中の臭いも1匹ずつで違います。

わが家のワンコでいえば、過去に飼っていたヨークシャーテリアと、今飼っているミニチュアシュナウザーが多少、口臭がするなという感じです。逆にシーズーはほとんど臭いがしませんでした。私の経験では犬種によって臭いの違いがありほとんど臭わない犬もいる、というのが実感です。

犬の口臭は、深刻な場合以外は「すぐにでも対処しないとダメ!」というものではありません。ただ、犬の口臭のほとんどで口腔ケアが関係していますから、健康的な歯を保つためには、ケアしておいたほうが良いといえます。

そして、口臭の原因は一つとは限りません。犬によって原因が違っていますし、時にはドッグフードが原因の場合も考えられます。ここでは、犬の口臭が起こる原因として考えられる要素と防止策をご紹介しています。口腔ケアも飼い主の役目なので、ぜひ参考にしてくださいね。

犬の口臭、考えられる原因は?

歯石・歯垢がたまっている

犬の歯垢

犬の口臭の原因として一番多いと考えられるのが、この「歯石・歯垢」です。犬は歯みがきしませんから、人間よりも歯垢がたまりやすいと考えられます。大型犬は歯が大きい分歯垢がたまりやすく、臭いが出やすいかもしれません。

犬の歯石は歯の根元を見るとよく分かります。色が付いている部分があれば、それが歯垢・歯石です。唾液だけでは処理しきれない歯石がたまっている証拠です。歯が大きめの犬ほどこの歯垢・歯石がたまりやすいと思います。

臭いが気になる時は、犬用歯ブラシや歯みがきガムを利用して口腔ケアしてください。子犬の時から歯垢ケアに慣れさせておくとやりやすくなります。歯磨きをどうしても嫌がるなら、無理をせず歯みがきガムを利用しましょう。

また、気が荒いワンコは口の中を触られることを極端に嫌がりますから、飼い主がけがをしないように気を付けましょう。歯石は硬くなると歯ブラシでも取れなくなり、飼い主が力任せに取るのが危ない場合もあります。どうしても気になるなら獣医に相談し、歯石を取り除いてもらってください。中には「歯石を取るとさらにつきやすくなるからやめたほうがいい」という獣医もいますので、意見を聞きながら判断してくださいね。

ドッグフードの臭いが口臭に…

ドッグフードの臭い

次に考えられるのがドッグフードの種類による臭いの付着です。これは特にウェットタイプを食べさせている場合に多く、歯の根元に歯垢がたまると不快な口臭になります。歯垢の段階なら前述した歯みがきで対処できますので、ぜひ試してみてください。

その他、ドッグフードの臭いがそもそもキツイ、という場合も考えられます。ドッグフードの匂いは実に千差万別で、種類ごとに全く違います。犬が喜ぶ匂いではあるのですが、中には香料を使用したものもあり、食べた後の口の臭いが不快になることもあるでしょう。ドッグフードの臭いがキツイと感じたら、他のドッグフードを検討してみるのも一つの方法ですね。

内臓・皮膚疾患がある場合も

数は少ないですが、内臓や皮膚疾患が臭いの原因になっているかもしれません。特に老犬は成犬のころと違う臭いになることがあり、それが病気であることも考えられるのです。すべての犬に当てはまるわけではありませんが、老犬の場合は十分注意してあげてください。

前述したような歯石による臭いはどの犬でも多少はあります。それとは違う臭いがしたり、元気がなかったりしたら、すぐに獣医に相談してください。これは医師による診断でしか解決できませんので、素人による判断は避けましょう。

口臭を防ぐためにできること

歯石・歯垢をとる

口臭の原因として最も多いのが「歯石・歯垢」ですから、まずは口腔ケアを徹底しましょう。すでに付いた歯石を取り除くのであれば、動物病院での歯石除去が確実です。

動物病院での歯石除去はスケーラーとも呼ばれ、人間の歯石除去と同じような方法で除去していきます。歯みがきのCMでよく聞く「歯周ポケット」もしっかりきれいにしてもらえます。徹底的に口腔ケアできるのが大きなメリットです。

ただ、これは全身麻酔をすることが多いため、不安になる飼い主も多いでしょう。歯石と取るために全身麻酔をしてもよいかどうか、飼い主がリスクとメリットを考えて判断してあげてください。

わが家のワンコでは、過去に飼っていたヨークシャーテリアが病院で歯石除去をしたことがあります。麻酔で寝ているので作業はとてもスムーズで、心配していた麻酔による影響も全くありませんでした。

ただ、この歯石除去はずっと効果があるわけではありません。数か月後にまた歯石が付いていたと記憶しています。また、前述したように「さらに付きやすくなるからやめたほうが良い」という獣医もいます。どちらが良いかは飼い主の判断ですので、家族と相談しながら決めるとよいでしょう。

適度な頻度で歯みがきをする!

犬の歯磨き

犬用歯みがきによる毎日のケア、歯みがきガムの利用がもっとも基本的なケアです。誰でもできるケアなので、できれば子犬のころから毎日の歯みがきをしつけてあげてください。

歯みがきはたいていのワンコが嫌がるので飼い主が大変ですが、よほど気性が荒くなければ、なんとか歯みがきさせてくれます。1日1回でかまわないので、犬用歯ブラシで毎日しっかりとケアしていきましょう。

また、おやつに歯みがきガムを入れておくのも大切なケアの一つです。わが家のおやつにも歯みがきガムを入れていて、毎日食べさせています。硬いものを砕くことで歯石・歯垢を防げますし、犬はおやつ感覚で噛めるので一石二鳥です。

ドッグフードを変えてみる

ドッグフードの臭いがキツイな、と思っているなら、ドッグフードを変えるのも一つの方法です。ドッグフードを変える場合は以下のことに注意してください。

  • 動物性油脂を含まず、表面に脂がない
  • 実際に嗅いでみて臭くないものを選ぶ
  • ドライタイプを選ぶ

ドッグフードの中には、動物性油脂を含んでいて、脂っぽいドッグフードがあります。これはあまりよいドッグフードとは言えません。価格が非常に安いドッグフードにこの傾向があるので、安すぎるドッグフードは避けたほうが無難です。

そして、できれば実際に嗅ぐことができるドッグフードが良いでしょう。通販のものは確かめられないのが難点ですので、臭いを重視するなら店頭で臭いが確かめられるもの、試供品を試せるものだけに絞ってください。

また、前述したようにウェットタイプは歯石・歯垢になりやすく、臭いの元になります。ドライタイプと併用しているならいったんウェットタイプをやめてみるのも良いでしょう。新たに探す場合はドライタイプを検討するのがおすすめです。

そのほか、通常のドッグフードを選ぶときと同じように、グレインフリーであること、添加物が少ないことなどにも留意しながら探しましょう。理想のものを探すのはなかなか大変ですが、試供品や小さ目の袋から根気強く試してみてください。必ず理想のドッグフードが見つかります。

サプリメントを利用する

犬のサプリメント

最近は犬のサプリメントの種類が増え、腸内環境を整えるサプリメント、乳酸菌を腸に届けるサプリメントなど、人間のサプリ顔負けのラインナップになってきました。サプリメントは通販のほうが種類が多いと思いますので、ドッグフードの通販サイトをのぞいてみましょう。

犬用サプリメントは犬が食べやすいよう、おやつ感覚にしてあるため、与えやすいのがメリットです。薬と違って食いつきが良く、えさに混ぜて与えることもできます。歯石・歯垢の除去や腸内環境の改善を手軽にしてみたいなら、サプリメントが一番便利です。

ただ、老犬や子犬に与える場合は少し注意が必要です。ドッグフード以外のものを与えてもよいのか、体に異常はないかどうかなど、獣医に確かめてください。食べ物は健康に直結する部分ですから、用心をおこたらずに。評判が良くても、愛犬に合っているとは限りませんので、その点だけ注意してください。

口臭が気になった時にやること

  • 犬の口臭の一番の原因は歯石・歯垢。毎日のケアは歯みがきと歯みがきガムで
  • 歯石を取り除く場合は動物病院に相談を
  • サプリメントを利用したり、ドッグフードを変えてみたりするのも有効な方法の一つ
  • 老犬は内臓疾患からくる臭いに注意

口臭が気になる時は、まず一番に口腔ケアを検討してください。毎日のケア+歯石除去できれいな歯を保てます。体調不良や疾患がないなら、サプリメントの利用も検討してみてくださいね。