ドッグフードの選び方

ドッグフードの量の決め方は?フードの選び方やカロリー計算方法も!

初めて犬を飼うときは、ドッグフードの適量がつかめない人もいるはずです。ドッグフードには実にたくさんの種類があり、それぞれ適量も違っています。愛犬に合うドッグフードと、適量はどれぐらいなのか。それを探っていかなければいけません。

適切なドッグフードとその適量は、年齢や犬種によって違います。難しく考えるとわからなくなりますから、最初はペットショップやかかりつけの獣医さんに進められたものでも構いません。まずは犬の特性に合わせたドッグフードを選び、あせらず様子を見ながら適量を探っていきましょう。

ここでは、ドッグフードの適量を判断する方法、カロリー計算から適量を割り出す方法などをご紹介していきます。ドッグフードに関して悩んでいる飼い主さんはぜひ参考にしてください。

パッケージ記載の量は守っていても大丈夫?

大切なのは「犬に合わせたドッグフード選び」

犬のライフステージ

ドッグフードの適量を考える前に、まずは最も大切なドッグフード選びについて知っておきましょう。どれぐらいの量が適しているのかは、ドッグフードによって違います。また、そのドッグフードが飼い犬の特性に合っていない場合、「適量」を測ることはできません。

例えば、生後数か月の子犬に「成犬用」を与えようとしても適量を示すことができません。成犬より多くのカロリーを必要としているので、成長期の栄養を摂取できるドッグフードを選ぶ必要があります。ドッグフードが飼い犬の特性(子犬・成犬・老犬、去勢済み・去勢なし、肥満・やせ型など)に合っているからこそ、適量が測れるのです。

特に注意したいのは去勢の有無ではないでしょうか。一般的に去勢済みの犬は食欲旺盛になり、肥満気味になるといわれています。一般論ではありますが、去勢済みの犬には「肥満用・ダイエット用」のドッグフードを獣医からすすめられることもあり、通常の成犬用を与えていると肥満になってしまうことも考えられます。

自宅にいるワンコが、どの犬種で何歳ぐらい、去勢しているかいないのか。そういった特性を考慮し、適したドッグフードを選びましょう。ドッグフードの選び方に迷ってしまったら、とりあえずかかりつけの獣医さんやそのワンコを購入したペットショップで聞いてみるのが一番確実です。

体調に問題がないならパッケージ記載の量に

「パッケージ記載の量はあてにならない」そんな情報を目にしたことはありませんか?その逆に「パッケージに記載された量を守りなさい」という人もいます。情報が多すぎてどれが本当か分からない、という人も多いのではないでしょうか。

パッケージ記載の量があてにならないと言われる理由は、あくまでもそれが「目安」だから。犬種や体重、季節に合わせてこれを「目安」にしてくださいね、というのがパッケージ記載の量なのです。その量を与えてみて体調や体形に大きな問題がないなら、守っていてもかまいません。

ただし、飼い犬にその量があっているのか、体調や体形に変化がないかどうか、常に見守っておく必要があります。ドッグフードは常に一定量でよいと考えている人がいますが、犬にも体調がありますし、食欲がない時もあります。食べる量に変化があるのは人間と同じです。

基本的な量はパッケージ記載の量で、犬の様子に合わせて調整する。それが基本的なドッグフード量の考え方です。多すぎる情報に惑わされずに、オーソドックスな適量の測り方として頭に入れておいてください。

勧めてくれた人やメーカーに聞いてみる

「そうはいっても、勧めてくれた人は少なめにって言ってるし…」そんな方は、そのフードを勧めてくれた人が言っている量を一度試してみてください。勧めてくれている人は、経験値で適量を伝えてくれますので、記載の量とは違っているかもしれません。あまりにも多すぎたり少なすぎたりしない限り、健康への影響もそれほど大きくないので問題はないでしょう。

そして意外と気が付かないところですが、ドッグフードメーカーに直接問い合わせてみるというのも一つの手です。パッケージには適量や内容を記載されているものの、必ずしも丁寧に書かれているとは限りません。適量が分かりづらいドッグフードもあるので、迷ったときはドッグフードメーカーに適量を聞いてみましょう。

また、ドッグフードのパッケージ記載の量は「1日分の量」のことが多いので、間違えないようにしてください。1食分と思って与えていると必ずカロリー過多になってしまいます。1日分はこれだけだから、これを何回かに分けてください、というのがパッケージの記載の意味です。

必要なカロリーから割り出す方法

カロリー計算すると肥満を防げる!

ドッグフードの計算式

犬に必要なカロリーは年齢によっておおよその数値が決まっています。病気や特別な事情がない限りは、以下のカロリー計算で適量を測るとより確実です。

1日に必要なカロリー計算

(飼い犬の体重×30+70)×指数=摂取キロカロリー/1日

指数

  • 子犬(生後4カ月まで) 3.0
  • 子犬(生後4か月~1歳まで) 2.0
  • 成犬(1歳~7歳まで) 去勢済み1.6・去勢なし1.8
  • 中年・高齢犬(7歳以上) 去勢済み1.2 去勢なし1.4

※肥満・ダイエット中の場合は去勢済み1.0~1.2、去勢なし1.4

例えば、「体重4kgで7歳の犬 去勢なし」なら

(4㎏×30+70)×1.4=266キロカロリー

という計算になります。この計算式に従うと、「100gあたり200キロカロリー」のドッグフードなら1日に必要なドッグフード量は133gです。

この計算式は基本的にどの犬種でも使えるものです。ドッグフードを新しくしたときは、ぜひ計算でカロリーを確かめてみてください。量の違いによる不安を解消できます。

手作り食は材料選びと計算をしっかりと

手作りドッグフード

「愛犬には手作りで食事を」という人も少なくないでしょう。ドッグフードと併用で手作り食をあげる人も多いと思います。手作り食は食いつきがいいので、食べない問題から解放されるのが飼い主にとっての大きなメリットですね。

手作りで与える場合は、前述したカロリー計算が大いに役立ってくれます。計算したカロリーに近くなるよう、原材料の基本的なカロリーを調べておくとよいでしょう。鳥のささ身や蒸かした野菜、白身の魚などが定番の材料で、それぞれインターネットで検索すると簡単にカロリーが分かります。

しかし、手作りの場合は計算式にきっちり合わせるのが難しいことも。ワンコが元気な場合は神経質になる必要はないので、「計算式のカロリーに近くなればOK」という気持ちでカロリー計算してみてください。

ドッグフードの与え方にも一工夫を!

季節に合わせて量や与え方を調整しよう

秋田犬

食欲旺盛な犬も、夏の厚さは苦手です。シベリアンハスキーや秋田犬など、冬に強く毛足の長い犬は、特に夏が苦手といわれています。人間と同じで食欲が落ち、涼しい場所でじっとしていることもあります。

それは季節的なものなので、よほどぐったりしていない限りは心配することはありません。ただし、食べる量が減ってしまうと必要な栄養素が取れないので、食べやすくなるよう工夫してあげてください。

おすすめは水分の多いウェットタイプや生肉タイプをドライフードと混ぜてあげること。水分が多いフードは食いつきが良いうえに、水分が取れるという大きなメリットがあります。ウェットタイプや生肉をプラスする時は、その分だけドライフードを少なくすればOKです。

食べない季節にはこういった工夫も大切ですし、柔軟に適量を変えてあげることも必要です。持病やカロリー制限がないワンコなら、「他のものを混ぜた分だけドライフードを減らす」ぐらいでも体調に大きな支障はありません。飼い主がストレスのない形で適量を測ってあげるとよいでしょう。

肥満気味なワンコはおやつも要注意!

犬が大好きなおやつも、与えすぎには要注意です。お菓子を食べすぎた子供が肥満になってしまうように、犬もおやつを食べすぎると太っていきます。小型犬が体重オーバーになると、散歩に行くのも嫌がるようになり、適正体重に戻すのはかなり大変です。普段からおやつの量に注意し、与える場合は適正量のみにしてください。

すでに肥満気味の場合はおやつをあげないのが一番ですが、そうするとストレスがたまってしまいます。できるだけ低カロリーなおやつ、噛み応えがあって満足感が高いおやつなどを選んで、1日の総量を決めて与えるとよいでしょう。

また、おやつの分だけドッグフード減らせばよいという人がいますが、含まれている栄養分がかなり違うので、ドッグフードを大幅に減らすのはおすすめできません。いつものフードを少しだけ減らして少量のおやつをプラスする程度にしてくださいね。

ドッグフード43種を比較!5段階でランク付け

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

一目で、割安の品質の良いドッグフードが見つかりますよ。

ドッグフード43種の比較結果を見る