ドッグフードの選び方

アレルギーにいいドッグフードの選び方!獣医もおすすめする3つ

アレルギーでかゆい犬の写真

愛犬が耳や目元、口元を掻く、手足を舐める・噛むといった行動が頻繁に見られませんか

実は、心配になって動物病院に受診したら、アレルギーだったというケースも少なくないそうです。

さらに驚くのは、原因の1つが普段与えているドッグフードの原材料かもしれないということ。

そこで今回は、アレルギーにいいドッグフード選びの3つのポイントやアレルギーにとくにおすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介します

アレルギーにいいドッグフード選び3つのポイント

複数の動物性タンパク源のドッグフード

複数の動物性タンパク源

ドッグフードが原因でアレルギーになる場合、単一のタンパク源を長期間摂取し続けることが挙げられます

単一のタンパク源を長期間摂取し続けることで、特定のタンパク質がアレルギーの原因になりやすくなるためです。

中でも、魚よりも肉のほうがアレルギーの原因となることが多いといわれています。とはいえ、犬は本来、肉食の動物です。必要な栄養素を得るためには肉類の摂取も重要です。

ここで大切なことは、肉も魚もバランスよく摂取すること。複数の動物性タンパク源を摂取することで、単一のタンパク源によるアレルギーの可能性を低くすることが可能です。

ヒューマングレード・無添加のドッグフード

ドッグフードによって引き起こされるアレルギーの原因には、使用される原材料の品質や添加物の有無も考えられます

原材料の品質では、主に動物性タンパク源が新鮮で安全なものであるかが重要です。

ドッグフードが100%安全かどうかを消費者が確認することは難しいですが、原材料をしっかりと確認することである程度見極めることが可能です。

たとえば、原材料に次のような記載がある場合、注意が必要です

  • 肉類
  • ○○ミール

上記のような記載がある場合、低品質のドッグフードである可能性があるので、注意しましょう。

ただ、「○○ミール」と記載がある場合でも、メーカーによって使用したすべての原材料の安全性を公式サイトなどで明確に示しているケースもあります

その場合は、どのような食品が使用されているのか詳細を公式サイトなどで調べてみると良いでしょう。

一方、添加物は犬の健康を害する恐れがあるものも多く、添加物を一切使用しない無添加のドッグフードが好ましいといえます

人間においても、添加物の中には有害と考えられているものもあり、過去にイタリアで甘味料を大量摂取した人が死亡したというケースもありました。

人間よりも体の小さな犬なら尚更、添加物の摂取には注意したいものです。

グレインフリーのドッグフード

穀類の写真

近年、「グレインフリー」のドッグフードが注目されています。グレインフリーとは、穀物を一切使用していないドッグフードのことです。

肉食である犬には穀物を消化するために必要な消化酵素がほとんど存在しないと考えられています

そのため、犬は穀物を消化する際、消化器官に大きな負担をかけてしまうのです。犬によっては、体調を崩したり、消化不良を起こしたりと様々な症状を起こしてしまいます

さらに、小麦に含まれる「グルテン」という成分によって、アレルギーが引き起こされてしまう可能性があります。

グルテンを除いた「グルテンフリー」と記載されているドッグフードも増えてきています。

アレルギーに良いドッグフードを12種類比較

元気に走る犬

ここまで挙げた3つのポイントを基準に、当サイトでレビューを実施したドッグフード43種類の中から12種類を厳選し、比較してみましょう

商品名 複数の動物タンパク源 ヒューマングレード・無添加 グレインフリー
モグワン
カナガン ×
ナチュロル
ピッコロ
アカナ
オリジン
ネルソンズ ×
アーテミス オソピュア
ナチュラルハーベスト
ロータス
キアオラ
YARRAH


上記より、一部のドッグフードでは単一のタンパク源もしくは、獣鳥類の肉のみを使用していることが分かりました

とはいえ、どれもヒューマングレードで無添加、グレインフリーで高品質なドッグフードであることに間違いはありません。

アレルギーが引き起こされる可能性を考えた場合、肉と魚をバランスよく使用したドッグフードのほうがより可能性を低くできるのです。

ただ、「この中から1種類を選ぶのは大変! 」という飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

そこで、この中で特におすすめの3つのドッグフードをランキング形式でご紹介したいと思います

アレルギー対策に特におすすめしたいドッグフード3つをランキング形式で紹介

ここで改めて、ドッグフードを選ぶ際の3つのポイントを確認しましょう。

ドッグフードを選ぶポイント
  1. 複数の動物性タンパク源を使用している
  2. ヒューマングレード・無添加である
  3. グレインフリーである

以上、3つを踏まえたドッグフードBEST3をご紹介します。

モグワン
モグワンドッグフードの評価

モグワンの特徴

モグワンの最大の特徴は、獣医師84.0%が食べさせたいと回答した食いつきの良さと健康を求めて開発されたレシピであることです。

手作りごはんのレシピをもとに栄養バランスを整えたドッグフードに仕上がっています。もしも、「食いつきが悪い」という悩みがあるのなら、モグワンがおすすめです。

全犬種、全年齢の犬に与えることができ、子犬からシニア犬まで同じドッグフードを与え続けることができます。

評価
価格・内容量 通常購入:3,960円・1.8キログラム/定期購入:3,168円~・1.8キログラム(当サイト限定!初回半額キャンペーン中
1キログラムあたり価格 通常購入:2,200円/定期購入:1,760円~
主原料 チキン生肉、生サーモン、乾燥チキン、乾燥サーモンなど(56%)
成分 粗タンパク質28.00%・脂質12.00%・粗灰分8.00%・粗繊維3.0%・水分8.00%・オメガ6脂肪酸1.62%・オメガ3脂肪酸1.29%・エネルギー約344kcal
DOGGY.編集部コメント

複数の動物性タンパク源を使用し、価格もお手頃なのが魅力です。個数や期間を自由に設定できる自動配送サービスもありがたいです。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンの公式サイトを見る

モグワンの評価を見る

ナチュロル
ナチュロルの表面パッケージ

ナチュロルの特徴

ナチュロルは、衛生管理が徹底された国内の工場で作られています。

また、世界初の安定・持続型ビタミンCや生きたまま腸に届く乳酸菌が配合されています。ビタミンCは免疫力の維持や毛づやに良いとされ、乳酸菌は腸内環境を整えるサポートが期待される成分です。

さらに、全犬種、全年齢の犬に与えることができ、子犬からシニア犬まで同じドッグフードを与え続けることができます。

評価
価格・内容量 通常購入:6,000円~・1.7キログラム~/定期購入:4,980円~・1.7キログラム~
1キログラムあたり価格 通常購入:3,500円/定期購入:2,900円
主原料 新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉(55%)
成分 粗タンパク質23~27%・脂質7~9%・粗繊維2~4%・水分9%以下・ビタミンC1,000㎎/㎏・天然バイオフラボノイド200㎎/㎏・エネルギー約400kcal
DOGGY.編集部コメント

愛犬の健康のために、高品質なドッグフードを探し、ビタミンCや乳酸菌などのサプリメントを購入の手間を省くのなら、ナチュロルがおすすめです。ちなみに、ワンコイン100円でお試しが可能です。

ナチュロルの公式サイトを見る

ナチュロルの評価を見る

オリジン
アカナドッグフードの評価

オリジンの特徴

犬本来の食性を再現することを重視したレシピで作られており、犬の消化器官に負担をかけない原材料を厳選しています。

また、ダイエットと深く関わりがあるとされる高GI値の食材(ジャガイモ、白米など)を使用せず、ビタミン・ミネラル類の添加も亜鉛と銅のみに抑えています。

オリジンはこのようにして、犬本来の食性に近づけているのです。愛犬に犬本来の肉食を主としたドッグフードを与えたいのなら、オリジンを選ぶと良いでしょう。

評価
価格・内容量 6,000円・2キログラム~
1キログラムあたり価格 3,000円
主原料 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイなど(85%)
成分 粗たんぱく質38 %以上・粗脂肪18 %以上・粗繊維4%以下・粗灰分8%以下・水分12 %以下・カルシウム1.2 %以上・リン0.9 %以上・オメガ6脂肪酸3.3 %以上・オメガ3脂肪酸0.8 %以上 ・DHA0.2 %以上・EPA0.2 %以上・グルコサミン700 mg/kg以上・コンドロイチン硫酸600 mg/kg以上・エネルギー約394kcal
DOGGY.編集部コメント

モグワンやナチュロルに続き、アレルギーにおすすめのドッグフードは「オリジン」です。オリジンは、この中で最も高い85~90%もの豊富な動物性タンパク源を使用しています。

オリジンの公式サイトを見る

オリジンの評価を見る

どれを買うか迷ったら「モグワン」がおすすめ!

モグワンとトイプードルの写真

アレルギー対策として上記の3つをご紹介しましたが、「どれも捨てがたい! 」と悩まれる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません

もしも、迷った場合は1位の「モグワン」を選ぶと良いでしょう。モグワンをおすすめする理由は、以下の通りです。

アレルギー対策にモグワンがおすすめな理由
  1. アレルギーになる可能性が低い原材料を使用
  2. 食いつきの良さにこだわったレシピ
  3. 愛情のこもった手作りごはんを目指して作られている
  4. 季節ごとのアレンジレシピを参考にトッピングをアレンジできる
  5. 全犬種、全ライフステージ(子犬~シニア犬)に対応
  6. 欧州の厳しい基準にクリアしたイギリスのペットフード専門工場で製造
  7. 3つの中でコスパが一番良く、注文の個数や周期(1週間ごと~13週間ごと)を自由に選べ、解約の縛りがない

このように、モグワンは食いつき、栄養バランス、安全性、コスパにおいて優れている最高品質のドッグフードといえます

また、最近はTVCMでも放送されており、広く認知されてきている点から家族にモグワンを勧める際にも安心させられることでしょう。

愛犬のアレルギー対策として、まずはモグワンを1度試してみてください。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

犬のアレルギーを理解するための3つのポイント

ポイント①:ドッグフードがアレルギーを起こす原因

犬にもアレルギーがあることを知って、アレルギーについてより深く理解したいという飼い主さんもいらっしゃると思います。

アレルギーを理解することでいち早くアレルギーの可能性を見つけ、対策を練ることも可能です。

まずは、ドッグフードがアレルギーを起こす原因についてご紹介します

ドッグフードが原因でアレルギーを起こす場合、原因となる可能性が高い一例は以下の通りです。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 鶏卵
  • 乳製品
  • 小麦
  • 大豆
  • トウモロコシ

一般的なドッグフードの原材料に記載されていることが多い食材ばかりで驚いたことでしょう。

ただ、これらの食品を摂取したからといって必ずアレルギー症状が引き起こされるという訳ではありません

犬によって原因となる食品の種類や摂取した量、回数、時間などによって異なります。

また、牛肉や鶏肉を摂取した場合でも、単一の動物性タンパク源として摂取するのと複数の動物性タンパク源の1つとして摂取するのとではアレルギーの可能性も変わってくるのです。

ポイント②:アレルギーの主な症状

アレルギーの犬の写真

実際にアレルギーが起きた場合、体を痒がることは知られていますが、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか

たとえば、以下のような症状が見られた場合、アレルギーの可能性を疑い、動物病院を受診することをおすすめします。

  • 耳をしきりに掻く
  • 手足を舐める・噛む
  • 顔をこする
  • 皮膚が赤くなり、痒がる
  • 抜け毛が多くなり、一部ハゲる
  • フケが増える
  • 嘔吐・下痢
  • ウンチの回数が増える

これらの症状は、アレルギーと診断された犬に多いとされています。ただ、アレルギー以外の病気の可能性もあるため、勝手に判断せず獣医師に診てもらいましょう。

アレルギーによる皮膚炎が起こりやすい体の部位も、ある程度限定することが可能です。たとえば、以下の部位で起こりやすいと考えられています。

  • マズル(口のまわりから鼻先)
  • 目のまわり
  • 足の内側の付け根
  • 手足の指
  • 手足の裏
  • 背中

犬のしぐさで耳を後ろ足で掻いたり、手足を舐めたりすることもありますが、頻繁に上記の部位を痒がったり、舐めたり、噛んだりする場合はアレルギーを疑いましょう

ポイント③:アレルギーの診断方法

獣医に相談

動物病院でアレルギーかどうかの診断は、一般的に次のような流れで行われます。

アレルギー検査の流れ
  1. 問診(痒みや赤くなった病変部位を確認)
  2. 血液採取
  3. 血液によるアレルギー検査(採取した血液を専門の検査センターに送付)
  4. 後日、検査結果をもとに獣医師による診断
  5. 治療方法の決定

アレルギー検査は少量の血液採取で可能。獣医師がアレルギーを疑い、診断に必要となった場合に行われるのが一般的です。

アレルギー検査で愛犬のアレルギーの可能性を調べたいという場合は、かかりつけの獣医師に一度相談することをおすすめします

アレルギーに配慮したドッグフードを選ぼう

トイプードルがモグワンを食べている写真

すべての犬は、多かれ少なかれアレルギーになる可能性を秘めています。

愛犬が元気に楽しく毎日を送るためにも、飼い主としてできる限りのサポートをしてあげたいですね

そのためには、以下の3つのポイントをもとにアレルギーに配慮したドッグフードを選ぶようにしましょう。

アレルギー対策にいいドッグフード選びのポイント
  1. 複数の動物性タンパク源を使用している
  2. ヒューマングレード・無添加である
  3. グレインフリーである

そして、ドッグフード選びに迷ったら、最高品質でコスパのいい「モグワン」から試してみてくださいね。

きっと、これまでとは違う愛犬の変化に気づくことでしょう。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする