ドッグフードの選び方

無添加ドッグフードの選び方は?おすすめランキング!

無添加ドッグフードってホントに安全

間違ってはいけない「無添加」という言葉

「無添加」という表記を見ると「安全なもの」というイメージが頭に浮かぶと思います。これはドッグフードだけなく、人間の食品や化粧品などでも同じです。ピュアな材料を使用した、無害なものというイメージを強く印象付けるワードです。

最近は無添加の表示があるドッグフードもあり、健康意識の高さを感じさせます。無添加ドッグフードを求める人が増えた証拠でもありますが、この「無添加」という言葉の意味を正しく認識できている人は少ないかもしれません

実は「無添加」という表示は特に規定がないので、製造者の任意で表記できてしまいます。原材料を合わせただけで作った安全でピュアなもの、というイメージは決して正しいとは言えないのです。

このページでは、「無添加」の正しい意味を知って、無添加ドッグフードの正しい選び方、おすすめのドッグフードをご紹介しています

「無添加」ってどういうこと?

無添加とは

まず、無添加の正しい意味や定義を知っておきましょう。厚生労働省では、無添加について以下のように言及しています。

「無添加」である旨の表示については、製造業者等の任意の表示ではありますが、消費者が誤認を生ずることのない表示が求められています。

参照:厚生労働省 食品安全モニターからの報告(18年1月分)について

つまり、無添加=添加物ゼロとは限らず、製造業者によって自由に表記できるということです。例えば、着色料は使っていないけど防腐剤を使用している場合でも「無添加」あるいは「着色料無添加」と表記できます。

そして、多くの加工食品やドッグフードは保存が前提であり、一定期間保存するための保存料は必ず含まれています。原材料だけで食品を作るのはほぼ不可能といっても過言ではありません。ドッグフードもその点を踏まえて選んでいきましょう。

無添加で安全なドッグフードを選ぶときのポイント3つ

1.危険な添加物が入っていないこと

当たり前のようですが、危険な添加物を使用してあるものは除外しましょう。酸化防止剤として利用されることのある「BHA」「BHT」「エトキシキン」は、安全な添加物とは言えません

「BHA・BHT」ってなんだ
「BHA・BHT」ってなんだ?!危険な酸化防止剤の正体は?危険なドッグフードに含まれているBHA・BHTという2つの酸化防止剤の正体を知っていますか?危険性が指摘されているにもかかわらずドッグフードに使用されている理由や含まれている銘柄、安全なドッグフードの選び方をご紹介していきます。...

特にBHAは人間の食品もNGの酸化防止剤です。犬の体にも良いとは考えづらいので、原材料にこの表記があるかどうか、必ずチェックしてください。

これらの添加物のほか、着色料や人工調味料も避けるべきです。「赤色〇号」「青色〇号」といった表記は人工着色料ですので、避けておきましょう

着色料はドライフードのほかにも缶詰などで使用される可能性があります。色鮮やかなセミモイストタイプは注意が必要です。

2.ヒューマングレードの原材料を使用していること

タンパク質

添加物はもちろん、原材料の質にも気を配ってあれば、より安心度が高まります。

質の高いドッグフードとは、ヒューマングレードの原材料を使っているもの(グレインフリー)です。

ヒューマングレードとは、人間が食べられる品質の原材料のことを表しますが、ドッグフードの中には粗悪な原材料を使用したものもあります。例えば、死んだ動物の肉や消化しづらい鳥のクチバシやトサカといった部分です。

こういった粗悪な原材料を使用している場合、人工的な保存料や着色料、香料で美味しく見せないと売れません。

無添加(保存料は自然由来のもの限定)でありながら、ヒューマングレードのドッグフードを選んであげるようにしましょう

3.グレインフリー(穀物不使用)であること

さらにいいドッグフードを選ぶために、グレインフリーのものを選んであげましょう

犬は本来肉食ですから穀物の消化を苦手としています。特に小麦やトウモロコシは注意が必要です。

穀物メインのドッグフードをあげていると、消化不良やアレルギーの原因となります。

犬の健康のためにも、穀物を使用していない「グレインフリー」と書かれたものを選んであげればより安全です

無添加のドッグフードを検討する時の注意点3つ

1.価格は続けやすいものを選ぼう

ドッグフードを頻繁に変えるのは犬にとってストレスなので、できるだけ同じものを与えられるよう、続けられる価格のものを選ぶことも大切です

品質も大切ですが価格が高すぎると家庭によっては続かなくなります。目安として、1kgあたり1,000~2,000円の商品であれば、そこまで負担にならないはずです。

ワンコが喜んで食べているドッグフードをいつまでもあげられるように、続けやすい価格の商品を選ぶようにしましょう。

2.手作り食だけにするのは大変!

手作りドッグフード

栄養バランスや安全性を重視する人は手作りで毎日与える人もいます。料理が好きで続けられる場合は良いのですが、カロリー計算や原材料の確保が必要なので、毎食手作りするのはけっこう大変です。できればドライフード+手作り食で調整しましょう

手作りの食事は犬が好きなものを混ぜることができ、食いつき改善につながるというメリットもあります。総合栄養食のドライフードと合わせると栄養バランスも良いですし、手間が省けて一石二鳥です

安全性も重要なポイントですが、毎日続けられる方法で与えるのも大切なことです。飼い主のストレスがたまらないよう、ドライフードと手作り食を上手に活用してください。

3.飼い犬に合っているかどうか

ドッグフードには子犬用・成犬用・全ライフステージ用など、月齢・年齢に合わせてさまざまなタイプがあります。アレルギー用のものや肥満対策用、去勢用、体重維持用など、体質や体重管理に関するタイプも多数ありますので、これらの中から飼い犬に合わせて選ぶことも大切です。

そして、食いつきの変化を求めるなら粒の大きさや香りにも注意してください。犬は気に入らないもの、食べづらいものを無理して食べることはありません。

ただ、無添加・ヒューマングレード・グレインフリーなど、いろんな条件とワンコの好みをすべてそろえるのはかなりハードルが高いです。何を重要視するかは飼い主次第なので、マストの条件を決めておきましょう。

安全でおすすめ!無添加ドッグフードを完全比較

当サイトでは43種類の有名どころのドッグフードをレビュー・比較してきました

43種類のドッグフード比較結果はこちら

その中でも、特におすすめの無添加ドッグフードを12に絞って比較していきたいと思います。

比較基準は以下の3つです。

無添加ドッグフードの比較基準
  1. 無添加(保存料が自然由来のもののみ。着色料・香料は不使用)
  2. ヒューマングレードの原材料を厳選し、グレインフリー
  3. 1キログラムあたりの価格がお手頃

特に優秀な項目には赤字で強調していますのでご参考ください。

商品名 添加物 ヒューマングレード / グレインフリー 1キログラム価格
モグワン 自然由来のみ ◯ /  1,760円~
カナガン 自然由来のみ ◯ /  1,584円~
ネルソンズ 自然由来のみ ◯ /  1,248円~
ナチュロル 完全無添加 ◯ /  2,900円
アカナ 自然由来のみ ◯ /  2,160円~
ファインペッツ極 自然由来のみ ◯ /  3,518円
ナチュラルドッグフードラム 完全無添加 ◯ / グルテンフリー 1,584円~
馬肉自然づくり 自然由来のみ ◯ / グルテンフリー 2,565円~
ピッコロ 自然由来のみ ◯ /  2,112円~
ブッチ 自然由来のみ ◯ / グルテンフリー 1,578円
オリジン 自然由来のみ ◯ / ◯ 2,457円

上記の結果から、「お手頃なお値段で品質のいいドッグフードがいくつかありそうだ」ということがお分かりになるでしょう。

ですので、1,000円代の商品から絞っていくとコスパの良い無添加ドッグフードに出会えそうです

ちなみに、「グルテンフリー」は小麦やトウモロコシといったアレルギーの原因になりそうな穀物を省いてはいるが、米類など一部の穀物を使用しているという意味です。

ワンコによっては少しの穀物でも相性が良くない子もいるため、心配であれば外しておくことが無難です。

以下では、特におすすめの商品を3つに絞ってランキング形式でご紹介します

無添加でおすすめのドッグフードランキング3

上記の無添加ドッグフードの比較を踏まえて、さらにおすすめ商品を3つにランキング形式で絞っていきます。

ランキングの根拠
  • 1キログラム当たりの価格が、1,000円代とお手頃
  • 試しやすい(パッケージサイズに小さいものがある、初回が安い、など)
モグワン
モグワンドッグフードの評価

モグワンの特徴

添加物は自然由来のビタミンだけ。それ以外は無添加で原材料も高品質でワンコのアレルギーの原因になりやすい穀物を一切省いています。サーモンを使用しているため、毛艶を綺麗に整えてくれる効果が期待できます。また、オメガ3脂肪酸が豊富であるため、皮膚の健康を維持してくれる効果が期待できます。

評価
主原料 チキン&サーモン56%
成分 粗タンパク質28.00%・脂質12.00%・粗灰分8.00%・粗繊維3.0%・水分8.00%・オメガ6脂肪酸1.62%・オメガ3脂肪酸1.29%・エネルギー約344kcal
価格・内容量 通常購入:3,960円・1.8キログラム/定期購入:3,168円~・1.8キログラム(当サイト限定!初回半額キャンペーン中
1キログラムあたり価格 通常購入:2,200円/定期購入:1,760円~
DOGGY.編集部コメント

食いつきが良いと評判で「ガツガツ食べてくれる!」という口コミが多いのが特徴です。初回が半額となっていますのでお試しもしやすいですね。

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンの公式サイトを見る

モグワンの評価を見る

カナガン
カナガンドッグフード

カナガンの特徴

添加物は自然由来のビタミンのみ。価格も非常にお手頃で栄養価が豊富です。ドッグフード大国のイギリスの非常に厳しい基準をクリアして生産されたドッグフードのため、安心してワンコに与えることができます。

評価
主原料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
成分 粗タンパク質33.00%・脂質17.00%・粗灰分9.00%・粗繊維3.50%・水分8.50%・オメガ6脂肪酸2.80%・オメガ3脂肪酸0.90%・リン1.42%・マグネシウム0.10%・ナトリウム0.60%・カルシウム1.86%・カリウム0.60%
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,168円・2キログラム
1キログラムあたり価格 1キログラムあたり 通常購入:1,980円/定期購入:1,584円~
DOGGY.編集部コメント

タンパク質が豊富に含まれていてアクティブに走り回るワンコの筋肉をいつまでも維持してくれるのに役立ちます。

カナガンの公式サイトを見る

カナガンの評価を見る

ナチュラルドッグフードラム
ナチュラルドッグフードラムの評価

ナチュラルドッグフードラムの特徴

「ナチュラル」の言葉の通り、原材料を少数に絞り完全無添加を実現したドッグフードです。また、珍しいラム肉を主原料とした商品のため、チキンが主原料のドッグフードが苦手というワンコにあげてみると食べてくれるかもしれません。

評価
主原料 ラム肉(イギリス産)55%
成分 粗タンパク質20%・脂質12.5%・粗灰分7%・粗繊維6%・水分8%・エネルギー339kcal/100g
価格・内容量 通常購入:3,960円・2キログラム/定期購入:3,168円・2キログラム
1キログラムあたり価格 1キログラムあたり1,980円/定期購入:1,584円~
DOGGY.編集部コメント

完全グレインフリーではないものの、小麦やトウモロコシといったアレルギーの原因になる穀物は外しています。ドッグフードでは珍しい完全無添加でありながら低価格なため、3位にランクインしました。

ナチュラルドッグフードラムの公式サイトを見る

ナチュラルドッグフードラムの評価を見る

どれを買うか迷ったら「モグワン」がおすすめ!

モグワンのパッケージ表面拡大写真

基本的には、比較した12商品であれば全て危険な添加物は使用しておらず、使用していても自然由来のものだけですので、どれを選んでも安全です。

しかし、迷ったらモグワンをおすすめします

モグワンをおすすめする理由
  1. オメガ3が豊富なため、ワンコの綺麗な毛並みや健康な皮膚の維持改善に役立つ
  2. 食いつきを求めて開発された商品のため、よく食べてくれる
  3. アレルギーの原因となる原材料を一切排除しているため、皮膚トラブルから解放される
  4. 全犬種全年齢対応のため、どんなワンコにもおすすめできる
  5. 購入個数に応じて割引が効く
  6. お届け周期・お届け個数が自由に選べる自動配送のため、持ち運びから解放される

このように、モグワンは無添加ドッグフードの中でも特におすすめしたい商品です。

口コミでも、「よく食べてくれる」「体の調子が良さそう」と評判です。

無添加で安全なドッグフードをお探しでしたら、まずはモグワンをおすすめします!

当サイト限定で初回が半額で購入できますので、この機会に試してみてください

\ 当サイト限定!初回が半額で購入可能 /

モグワンドッグフードの公式サイトへ

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする