あのドッグフードを評価!

アカナの評価!口コミと利用者インタビュー

アカナとミックス犬の写真

この記事のコンセプト

まず初めに、この記事のコンセプトをお伝えしておきます。この記事のコンセプトは以下の3つです。

  • おすすめすることを前提としない
  • デメリットもきちんと考慮する
  • 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断
  • 実際にアカナを与え続けている飼い主さんにご協力いただき、インタビューを実施

おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。そうではなくて、客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。

ここで記述したアカナの情報は、インタビューにより聞くことができたもの、犬を3匹飼ってきた運営メンバーが調べ上げた生の情報です。その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。

アカナドッグフードとは?評価は?

アカナアダルトスモールブリードの340gサイズ

アカナドッグフードはカナダ生まれのドッグフードです。地元産の新鮮な原材料を使用すること、自社のキッチンで製造することにこだわっていて、ドッグフードづくりへの意識の高さを感じます。ラインナップが多いことも特徴の一つです。

総合評価
価格・内容量 12,960円・6キログラム (アダルトスモールブリード)
コスパ ○(1キログラムあたり2,160円~)
主原料 新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)
成分 粗タンパク質31.00%・脂質17.00%・粗灰分7.00%・粗繊維5.00%・水分12.00%・オメガ6脂肪酸2.60%・オメガ3脂肪酸1.00%・リン1.10%・カルシウム1.40%・エネルギー約355kcal
ヒューマングレード
人工着色料・人工添加物
グレインフリー ○(クラシックシリーズのみ「スチールカットオーツ」使用)

品質は文句なし!質が高く栄養バランスもばっちりです。動物性タンパク質の割合が高いので、犬本来の食事に近いといえます

価格は1kgあたり3,000円以下に抑えてあり、この品質なら安めといってもよいぐらいです。ラインナップによって価格が違いますが、おおむね1kgあたり2,000円~2,600円超えぐらい

6kgタイプなら1kgあたり2,160円になり、よりお得になります。この価格なら使ってもよい、という人がいるのではないでしょうか。

とにかくすべてのワンコにおすすめできるドッグフードなので、ドッグフード選びに困っている人はぜひ選択肢に加えてみてくださいね。

では、アカナドッグフードの特徴やこだわりを見ていきましょう。

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量までラインナップ! /

アカナの公式サイトを見てみる

アカナドッグフードの品質は?

原材料はヒューマングレードで新鮮な地元産

アカナのパッケージ裏面

アカナは地元産の原材料使用にこだわりがあり、生産者が分かる材料を使用しています

ホームページには「アカナのドッグフードを作る2つの方法」として、以下のように記載されています。

1つ目は犬の進化に沿った肉とたんぱく質豊富な食事を再現すること。2つ目は地元の供給業者によって持続可能な方法で飼育・栽培され、私達のキッチンに毎日新鮮な状態で搬送される原材料を使用することです。

生産者が分かっているということは、その肉や魚がどのように扱われているかを把握しているということ。表記の通り粗タンパク質の割合も高く、35%という高い割合のものもあります。このこだわりが安心感を与えてくれるのです。

もちろん使用するのはヒューマングレードのものだけですので、品質にも問題はありません。すべてのラインナップでこのこだわりを貫いているアカナは、安心・安全で高品質と考えて間違いないです

自社キッチンで調理・製造している!

そしてアカナのもう一つのこだわりは、自社キッチンで調理・製造しているところ。原材料の選定から調理、製造、品質管理に至るまで製造元で管理されているので、飼い主としては本当に安心です。他社に製造をまかせないという姿勢には「販売するものすべてに責任を持ちたい」という会社の思いを感じます。

ペットフードの中にはマーケティング会社所有で調理・製造しないところもありますが、アカナはその真逆。販売だけを行うペットフード会社とは一線を画しています。高い品質を保っているのは、この「一元管理体制」を徹底しているからでしょうね。

グレインフリー・人工保存料なしの安心感

アカナは「クラシック」というタイプ以外はグレインフリーです。肉・魚の動物性タンパク質の他、新鮮な卵・野菜・フルーツを使用してあります。クラシックタイプに使用されているのも「スチールカットオーツ」のみなので、犬の体のことを十分考えてあるといってよいでしょう。犬の体に負担になりがちな穀物のことをしっかり意識しています。

もちろんBHA、BHT、エトキシキン等の人工的な防酸化剤は不使用ですし、ビタミンE・ローズマリーといった天然の保存料を使用してあります。安全面でも問題がなく、ほぼパーフェクトといってよい感じですね。

アカナドッグフードが他のドッグフードと違うところ

とにかくラインナップが豊富!

アカナはとにかくラインナップが豊富です。以下の4つのラインが設定されていて、それぞれ原材料に含まれる肉・魚の割合などが違っています。

クラシック

特徴 50% 肉、1/3 新鮮肉または生肉、3鮮肉
ラインナップ 3種類

ヘリテージ

特徴 60%-75% 肉、1/3 新鮮肉または生肉、3鮮肉
ラインナップ 9種類

レジオナル

特徴 70% 肉、1/2 新鮮肉または生肉、5鮮肉
ラインナップ 4種類

シングル

特徴 70% 肉、1/2 新鮮肉または生肉、単動物
ラインナップ 4種類

ラインナップは全20種類。特徴のところにある「3鮮肉」「5鮮肉」という表記は、鮮肉の種類を表したもので、それぞれ3種類、5種類の鮮肉を使用してありますよ、ということです。シングルタイプだけが「ラム」「ダック」など単一の鮮肉を使用しています。

ラインナップには「ワイルドプレーリー」「パシフィカ」「ワイルドコースト」など名前だけでは内容が想像しづらいものもあるので、選ぶときはペットショップでおすすめを聞くとよいでしょう。

自分で選ぶ場合は、ぜひホームページにあるそれぞれのページを見てください。原材料や利用できるステージが分かりやすく解説されていて、非常に役に立つと思います。

そして試してみたいラインが決まったら、お試しとして340gを購入してみましょう。

アカナアダルトスモールブリードの340gサイズアカナアダルトスモールブリードの340gサイズ

この340gは食いつきを見るのにぴったりです。どのラインも1,000円以上するので安くはないですが、お試し用としては最適なサイズです。

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量までラインナップ! /

アカナの公式サイトを見てみる

アカナドッグフードのデメリットは?

デメリットはなし!

アカナにはこれといってデメリットはありません。ヒューマングレード・グレインフリー・無添加でありながら価格も抑えめで、ベストなドッグフードの一つと言えるでしょう

ただ、しかしモグワンカナガンと比較すると、アカナは自社キッチン製造という点で若干お高めです。より低価格で最高品質のフードを求める方には、当サイトイチオシのモグワンをおすすめします。

アカナの1か月分の代金をシミュレーション!

1か月分のドッグフードの代金

ここでは、「アカナアダルトスモールブリード 2kg 5,400円」の価格を元にフード代を算出していきます。

体重5kgの犬の場合

1日の給与量 60g~120g ですから、

120g×30日=3.6kg となり、

2kgのアカナドッグフードが2袋弱(1.8袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

アカナドッグフード1袋5,400円×1.8=9,720円

体重10kgの犬の場合

1日の給与量 120g~180g ですから、

180g×30日=5.4kg となり、

2kgのアカナドッグフードが3袋弱(2.7袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

アカナドッグフード1袋5,400円×2.7=14,580円

体重20kgの犬の場合

1日の給与量 180g~280g ですから、

280g×30日=8.4kg となり、

2kgのアカナドッグフードが4袋強(4.2袋)必要

1ヵ月のドッグフード代金

アカナドッグフード1袋5,400円×4.2=22,680円

※給与量の最大値で計算

※最小値は「LESS ACTIVE」、最大値は「ACTIVE」の給与量

上記は2kgで計算していますが、大きめサイズのほうがお得なので、給与量が多い場合はそちらを利用してください

アカナドッグフードの口コミ

アカナドッグフードの口コミを「いい口コミ」「わるい口コミ」と分けてご紹介します。

全体的には、「食いつきがいい」「アレルギーにいい」「抜け毛が改善された」「高タンパク低脂質で体にいい」といったいい意見が多いです

アカナドッグフードのわるい口コミ

柴犬(メス) 体重:9kg 年齢:8歳

食いつきはよかったです。皮膚が弱いのか体をかゆがることが多く少しでも質のいいドッグフードをと思い選んだのですが、二か月ほど与えても特に良いとは思いませんでした。値段はかなり高いと思います。

アカナドッグフードのいい口コミ

シェットランドシープドッグ(オス) 体重:15kg 年齢:12歳

下痢、便秘、アレルギー等の症状が1番出にくいブランドだと思います。
フィッシュ、チキン等は個体によって合う合わないがありますがアレルギー持ちの子には優先して与えたいブランドです。

ミニチュアシュナウザー(オス) 体重:6kg 年齢:6歳

穀物アレルギーなどを考えて現在アカナを与えています。食いつきがいいので継続していこうと思っています。

フレンチブルドッグ(オス) 体重:13kg 年齢:9歳

品質が良いので与えています。以前悩んでいた抜け毛も改善され、毎日喜んで食べています。

フレンチブルドッグ(オス) 体重:13kg 年齢:6歳

太りやすいので低脂肪で高タンパク質なところが非常に良い。

雑種(ラブラドール系)(メス) 体重:20kg 年齢:8歳

アカナは、高たんぱく質なので体に良いかなと思って食べらしてました。うちの愛犬は目を輝かして喜んで食べてました。

調査方法:オンラインアンケート 調査日:2018年12月18〜25日

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量までラインナップ! /

アカナの公式サイトを見てみる

アカナをあげ続けている飼い主さんにインタビュー!

アカナとミックス犬の写真

今回アカナのインタビューに協力してくれるのは、ミックス犬(オス)。体重は17kg、年齢は6歳の飼い主さんです。

アカナをあげてから7か月が経ちますが、毛並みにもツヤが出て、とても柔らかく撫で心地がよくなった、と答えています。

この子の性格や特徴としては、とても大人しくて従順、穏やかで優しい、食欲旺盛という点です。

与えているのは、アカナ パシフィカドッグで、天然ニシン、イワシ、カレイといった魚を主原料にしているタイプです。

さっそく見ていきましょう。

飼い主さんがアカナの購入を決めたわけ

アカナのパッケージ表面

毎年夏に四肢の毛が薄くなることと、背中の皮脂の過剰分泌、皮膚系トラブルが気になっていました

何か、いいドッグフードはないかなと探していたところ、行きついたのがアカナです。

アカナを与え続けてよかったことは?

アカナを食べるミックス犬

去年の夏に切り替えたばかりですので、四肢のかゆみ・脱毛は去年の夏も見られたが、背中の過剰に分泌されていた皮脂が、全く出なくなりました

また、毛並みにもツヤが出て、とても柔らかく撫で心地がよくなった気がします

ミックス犬の写真

アカナの匂いや保管について飼い主目線の感想

アカナを手のひらにのせた写真

アカナは素材そのものの匂いがするので、犬の食欲がとても刺激されると感じます

保管については、自然素材のみで構成されている(人工添加物が入っていない)ので、夏は多く買わない、冷蔵庫等で保管するといった対応をしています。

面倒に感じる人もいるかもしれませんが、犬にとっていいドッグフードであるため仕方ありません。

パッケージデザインからは高級感を感じます!

アカナのパッケージ上からの写真

原材料が安心で、犬も喜んで食べてくれるのが一番!

ミックス犬の正面からの写真

犬にとって嗜好性が高く、たんぱく質に特化しているフードなので、仕方ないとは思うが、値段の高さは気になります。

ただ、人間が食べることができる素材のみで作られ、たんぱく質に特化している犬の食性を意識したフードであることが気に入っています

また、フードの種類が豊富なのでローテーションしてあげることができる点から、今後もあげ続けたいと思います!

アカナをお皿にのせた写真

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量までラインナップ! /

アカナの公式サイトを見てみる

すべてを考慮してアカナドッグフードを評価すると?

品質も価格も◎!★5つ

アカナドッグフードの粒の写真

ヒューマングレード・グレインフリーに加え、人工保存料なし、自社保有のキッチン調理、品質も自社管理と、申し分ない品質です。これだけの品質の割には価格がそれほど高すぎないので使い勝手もよいでしょう。

1か月分で算出するとどうしても価格が気になると思いますが、それを補ってあまりある高品質です。愛犬の健康と美しい皮膚・毛並みを保つなら、これぐらいのものを与えたいものです。

アカナはこんな人におすすめ!

  • 動物性タンパク質たっぷりのフードを探している人
  • ヒューマングレード・グレインフリーのフードを探している人
  • 安全なフードを探している人
  • 食いつき改善用に他のものを試したい人

正直、誰にでもおすすめできるドッグフードです。大型犬に与えるタイプもあるので大型犬飼いの人も利用できます。飼い主としては、ぜひ試してみたいフードの一つです。

ヒューマングレード・グレインフリーだけでなく、自社キッチン製造・一元管理体制、と言ったところも特筆すべきところです。犬への愛情が感じられるフードなので、ドッグフード選びに困ったらぜひアカナを試してください。

\ 公式サイトなら、お試しサイズ〜大容量までラインナップ! /

アカナの公式サイトを見てみる

ドッグフード43種を徹底調査した結果、おすすめのドッグフードは?

「いまのドッグフードを食べなくなった」「ドッグフードの品質に不安がある」

このように悩んでいませんか?

ドッグフードの中には劣悪な品質の商品も数多くあります。そういった商品をつかまないようにするためには飼い主が正しい知識を身につけておく必要があります。

当サイトは、全43種の商品を細かく調べて比較しました。

そのなかでもおすすめのドッグフード5種を紹介していますので、ご参考ください!

おすすめのドッグフードをチェックする